672号(2017-12-18、4344部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の672号(2017-12-18、4344部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -ARGメルマガ編集担当を卒業します!(ふじたまさえ)
 -【再掲】マガジン航特別連載<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回「図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる」
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -新たなプロジェクトに向けて調査の一日
 -須賀川市で第4回tetteパートナーズクラブ準備会議
 -神奈川の県立図書館を考える会 第51回定例会&忘年会を開催
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171218185524000.html
http://archives.mag2.com/0000005669/20171225091031000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-12-18発行   ‡No.672‡   4344部発行

 --

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -ARGメルマガ編集担当を卒業します!(ふじたまさえ)
 -【再掲】マガジン航特別連載<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回「図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる」
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -新たなプロジェクトに向けて調査の一日
 -須賀川市で第4回tetteパートナーズクラブ準備会議
 -神奈川の県立図書館を考える会 第51回定例会&忘年会を開催
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

    【ARGメルマガ編集担当を卒業します!(ふじたまさえ)】

2014年10月からこのメルマガの編集を担当させていただいている、ふじたまさえです。今回の号をもって、このメルマガの編集担当から卒業することになりました。

遡ってみると、私が担当することになった経緯は、多忙を極める編集長の岡本が「記事は書けるけど、メルマガの体裁に整える作業を」ということでお仕事として引き受けました。

メルマガの編集については、2011年から2つの月刊メールマガジンを担当させていただいることもあり、初めてではないけれどそれがARGという会社の「週刊」のメルマガであること、身の引き締まる思いで始めたことを覚えています。

全部が全部完璧ではありませんでしたが、この3年と2か月ほぼ毎週やりきった!ということは自信を持っています。今回、私自身の個人的な希望を汲み取ってくださり、また、普段は表に出ない立場ながらこのようなスペースをいただけたこと感謝しています。

ARGから離れるわけではありませんので、引き続き、他の仕事では名前が出ることもあるかと思います。今後とも、よろしくお願いします!ありがとうございます!

【マガジン航特別連載<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回「図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる」掲載】

ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号の特集にフォーカスを当てたコラボレーション記事として、マガジン航で<図書館のデザイン、公共のデザイン>の連載が始まっています。

11月27日(月)から「第1回 図書館におけるデザインとは何か?」が公開され、今週中には最終回となる第3回も掲載予定です。

本誌ではモノクロの写真もウェブ版ではカラーになっています。すでに読んでくださったみなさんにも、新たな気づきがあるかもしれません。ぜひ一度ご覧ください。

・<図書館のデザイン、公共のデザイン>第1回 図書館におけるデザインとは何か?(マガジン航)
https://magazine-k.jp/2017/11/27/library-design-01/
・<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる(マガジン航)
https://magazine-k.jp/2017/12/06/library-design-02/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

富谷市在住の高校生、相澤鈴佳さんがミス・ユニバース・ジャパン宮城大会2018のファイナリストに選ばれました。現在、ウェブ投票が行われているので応援よろしくと、富谷市の知人から連絡をもらい、知りました。富谷市は女優の鈴木京香さんの出身地でもあります。また新たなスターが富谷市から生まれるかも!?(鎌倉)

・富谷市
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/
・ミス・ユニバース・ジャパン宮城大会2018
http://www.muj-miyagi.com/

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

名取市の新図書館整備もあと1年程度を残すばかりになりました。12月21日(木)に開催される第6回名取市総合教育会議では「新図書館について」が協議事項にあがっています。当日先着順で5名まで市民参加可能なようです。ご関心ある名取市民の方々、ぜひご参加ください。(岡本)

・名取市 – 名取市総合教育会議について
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_48403
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

12月15日(金)、第4回tetteパートナーズクラブ設立準備会が開催されました。初回ではおぼろげだったパートナーズクラブのイメージも、回を重ねるごとに明確になっていきます。最終回の今回は、岡崎市の「りぶらサポータークラブ」でいうところの「部会」について、アイデアを出し合いました。「部会」とは、挑戦したいことが近い人同士が参加する小単位のチームのことです。須賀川ではウルトラマンの「科学特捜隊」にちなんで、「○○隊」という呼び方にしてみては、というユニークなアイデアも出ました。
たとえば「広報部」という名前だと堅い印象ですが、「tetteを広め隊」というネーミングにすると、親しみも湧きつつ、熱意も伝わってきてよさそうです!(野原)

・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~ http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

図書館サービスをより具体的に検討していくフェーズに入り、図書館分科会が発足しました。これまでは各担当係ごとに縦割りで検討する方式でしたが、すべての係を横断する分科会を新たに組織し、設計の進捗や課題をよりスムーズに共有できる体制を整備しています。設計と図書館サービスをつなぐため、図書館側からの意見が出しやすくなるお手伝いも大切な業務です!(下吹越)

・板橋区立中央図書館基本計画について
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/082/082152.html

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

智頭急行が、新しい列車の愛称を募集しています。智頭急行では、2017年4月に智頭線を走るイベント列車の内装をリニューアルしたのですが、さらに2018年春に向けて外装のラッピングを施すこととなりました。「清々しい空気に包まれた、自然あふれる智頭線沿線の澄みわたる満天の夜空をイメージして、車体に無数の星をちりばめ、智頭線ならではの自然を表現します」とデザインコンセプトにありますように、車体には満点の星が描かれます。
また、広がる星の中には『ハート型の星』が「そっとデザイン」されるそうで、インスタ映えによる観光促進の狙いもうかがえますね。募集締切は2017年12月27日(水)<※必着>となります。デザインコンセプトに合った素敵な名前が集まるといいですね。(李)

・智頭線を走るイベント列車の愛称名募集について(智頭急行株式会社)
http://site5.tori-info.co.jp/photolib/chizukyu/11154.pdf
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

第10回縁側カフェが開催されました。はじめに、隠岐島前高校で仮囲いアートプロジェクトを進めてくれている高校生から本の表紙を描いた絵が手渡されました。その数はほぼ全校生徒に相当する164枚!教育委員会のみなさんもその数に驚いていましたが、とても嬉しそうでした。仮囲いに飾られるのが待ち遠しいですね!本編では、参加者全員でコミュニティ図書館にいれたいマンガと雑誌をエピソードを交えながら楽しく紹介しあいました。
図書館が開館した後もこのような選書会を設けたり、アンケートを実施したりして、みんなからの声を集めていきたいといった意見も出てきました。縁側カフェはこれからの図書館のあり方を考える会として継続的に活動していきます!(下吹越)

・第10回縁側カフェ
https://www.facebook.com/events/301309627025903/
・西ノ島町コミュニティ図書館Facebook
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

11月8日(水)に第19回図書館総合展の弊社のブースで行われた「“指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト”報告&大感謝会」が日経BP社「新・公民連携最前線」に記事掲載されました。クラウドファンディングはインターネット上で支援を呼びかけるものなので、全国からの支援が多く集まるものだと思われがちです。でも、実際には、“そらまめの会“の活動に共感している指宿市民の方々の支援の方が多く寄せられました。
リアルな触れ合いの大切さ等、クラウドファンディングの成功へのヒントとなるポイントが数多く掲載されています。ぜひご一読ください。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe
・移動図書館に約1200万円の寄付、指宿のNPOが支持される理由(日経BP社「新・公民連携最前線」)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/report/120600097/

【最近の仕事】

「(仮称)新富谷市民図書館整備基本構想」(案)の策定を支援
http://arg-corp.jp/2017/12/07/tomiya-5/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1579032182142398/

新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」の開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/12/10/natori-2/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1581677175211232

(仮称)東松戸図書館仕様書作成を支援
http://arg-corp.jp/2017/12/11/matsudo/
https://www.facebook.com/ARGjp/photos/1582605081785108/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-12-19(Tue):
Open Knowledge Japan(OKJP)オープンデータ・トークシリーズ第22回「オープンデータの形式は“CSV”の先にどこに向かうのか」
(於・東京都/国際大学グローバル・コミュニケーション・センター ハークス六本木ビル)
https://peatix.com/event/327709

◇2017-12-22(Fri)~2017-12-23(Sat):
情報処理学会 第166回データベースシステム研究会 SIG-DBS
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dbs166.html

◇2017-12-23(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2017年12月月例研究会「Linked Dataを使用した学術論文推薦システムへの取り組みとLinked DataのIIIFでの利用」(西岡千文)
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201712

◇2017-12-23(Sat):
A*C2017金沢ラウンド 学術資料の活用を志す人のためのMeeting「歴史・伝統とデザイン」
(於・石川県/ITビジネスプラザ武蔵)
http://amane-project.jp/llc/?p=672

◇2017-12-25(Mon):
日本図書館研究会 第334回研究例会「占領期京都と京都図書館協会の成立」(福島幸宏)
(於・大阪府/ネオアージュ土佐堀 日本図書館研究会事務所)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/334invit.html

◇2018-01-09(Tue):
JEPA 日本電子出版協会 新春講演会「2018年の電子出版はどうなる?」(鷹野凌)
(於・東京都/株式会社パピレス 紀尾井町ビル)
http://kokucheese.com/event/index/498737/

◇2018-01-11(Thu):
みちのく震録伝 東日本大震災アーカイブシンポジウム-被災県が実施するアーカイブの意義
(於・宮城県/東北大学 災害科学国際研究所)
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/sympo20180111

◇2018-01-18(Thu):
平成29年度 書誌調整連絡会議 講演「フランスにおける書誌移行計画-その成果について」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館新館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/basic_policy/conference/

◇2018-01-20(Sat):
漢字文献情報処理研究会 第二十回大会
特別セッション:「デジタルデータの利活用と長期保存-大学図書館および人文・社会系研究者の役割」
(於・京都府/花園大学)
http://jaet.sakura.ne.jp/

◇2018-01-20(Sat):
文化庁 アーカイブ中核拠点形成モデル事業報告「日本のデザイン資源を考える」
(於・東京都/文化学園大学)
http://www.d-archive.jp/1

◇2018-01-23(Tue)~2018-01-24(Wed):
日本医学図書館協会 第3回医療・健康情報サービス研修会
(於・大阪府/大阪大学 銀杏会館)
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/iryokenko/kenshukai.html

◇2018-01-27(Sat):
日本図書館研究会 第335回研究例会「雑誌の図書館 大宅壮一文庫の成り立ちとこれから」(鴨志田浩)
(於・大阪府/大阪市立総合生涯学習センター)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/335invit.html

◇2018-01-27(Sat):
三田図書館・情報学会 第173回月例会「国立国会図書館の役割と電子書籍・電子雑誌収集実証実験」(小熊美幸)
(於・東京都/慶應義塾大学 三田キャンパス)
http://www.mslis.jp/monthly.html

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2018-01-20(Sat):
三館連携10周年記念事業 記念講演会・パネルディスカッション「地域と暮らしをおいしくする図書館(スパイス)」記念講演会「地域をひらく未来の図書館」(岡本真)
(於・岡山県/美作大学 美作学園創立100周年記念館)
https://mimasaka.jp/library/news/10

◆2018-01-28(Sun):
掛川市立図書館の未来を描く市民ワークショップ(講演会)「掛川市立図書館のこれからについて」(岡本真・野原海明)
(於・静岡県/掛川市立中央図書館)
https://library.city.kakegawa.shizuoka.jp/cgi-bin/detail.cgi?id=10000124

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに7自治体よりご相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度はこれ以上の受託が困難ですが、どうしてもという場合は至急ご連絡ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-12-11(Mon): 来客の多い一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9163

年末ということもあってか、さまざまな来客の多かった一日でした。

そんななか、ヤフー時代の元上司である井上俊一さんと久々に話し込んだのは嬉しい出来事でした。

◆2017-12-12(Tue): 本日も来客多し

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9164

昨日に続き本日も来客や電話での相談の多い一日。年の瀬を感じます。

◆2017-12-13(Wed): 新たなプロジェクトに向けて調査の一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9165

昨日持ち込まれた新たなご相談・ご依頼を受けて、みっちりと調査に勤しみました。まずは調査、一にも二にも調査です。

◆2017-12-14(Thu): 一転都内を行脚

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9166

珍しく3日間も横浜のオフィスでの執務となっていましたが、本日は一転都内での打ち合わせ行脚です。来年度に向けての話、今年の振り返り、新たな連載のご依頼等、お仕事の縁に感謝です。

◆2017-12-15(Fri): 須賀川市で第4回tetteパートナーズクラブ準備会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9167

須賀川市でのtetteパートナーズクラブ準備会議の最終回となる4回目でした。夏に始まったこの会も無事に最終回まで来ました。機運も高まっており、いい形で進んできたように思えます。

◆2017-12-16(Sat): 茨城県北部を経て帰京

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9168

須賀川から郡山を経て、JR水郡線で水戸へと向かいました。途中、茨城県北部の町と施設を見学してまわってからの帰京です。茨城県はもう少し精力的に回りたい県の一つです。

◆2017-12-17(Sun): 神奈川の県立図書館を考える会 第51回定例会&忘年会を開催

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9169

日中はあれこれと仕事。土日ははかどります。夕方から

・神奈川の県立図書館を考える会 第51回定例会&忘年会
https://www.facebook.com/events/1982948215321279/

を開催・参加。この活動も5年が過ぎました。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-672]2017年12月18日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

671号(2017-12-11、4343部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の671号(2017-12-11、4343部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -【再掲】12月17日(日)開催、紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!
 -【再掲】マガジン航特別連載<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回「図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる」
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -IDRユーザフォーラム 2017に登壇
 -沖縄出張1日目-新県立図書館に向けての会議
 -湘南ひらつかメディフェスで「目覚めよ図書館-メディアとしての図書館」を開催
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171211140457000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-12-11発行   ‡No.671‡   4343部発行

 -12月17日(日)開催、紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -【再掲】12月17日(日)開催、紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!
 -【再掲】マガジン航特別連載<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回「図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる」
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -IDRユーザフォーラム 2017に登壇
 -沖縄出張1日目-新県立図書館に向けての会議
 -湘南ひらつかメディフェスで「目覚めよ図書館-メディアとしての図書館」を開催
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【12月17日(日)開催、紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!】

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)の取締役CDO(チーフ・デザイン・オフィサー、最高デザイン責任者)である李明喜が、2017年12月17日(日)に開催予定の紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」のコーディネーターを務めます。

このトークイベントの司会は李が務め、紫波町図書館のデザインを手がけた佐藤直樹さん(ASYL)、小田中耕一さん(染工房 小田中)、五日市美子さん(工房 蟻)から、制作の裏側やデザインについての思いを自由にお話いただくものです。

当日、イベント参加者には李が執筆した総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」を掲載したLRG第20号を無償頒布いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。

▽紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」
http://lib.town.shiwa.iwate.jp/event/20171126_01.html
▽『ライブラリー・リソース・ガイド』第20号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1490955/
▽弊社取締役CDO・李明喜が紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に登壇
http://arg-corp.jp/2017/12/02/event-14/

【マガジン航特別連載<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回「図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる」掲載】

ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号の特集にフォーカスを当てたコラボレーション記事として、マガジン航で<図書館のデザイン、公共のデザイン>の連載が始まっています。

11月27日(月)本日から「第1回 図書館におけるデザインとは何か?」が公開されています。

本誌ではモノクロの写真もウェブ版ではカラーになっています。

すでに読んでくださったみなさんにも、新たな気づきがあるかもしれません。ぜひ一度ご覧ください。

・<図書館のデザイン、公共のデザイン>第1回 図書館におけるデザインとは何か?(マガジン航)
https://magazine-k.jp/2017/11/27/library-design-01/
・<図書館のデザイン、公共のデザイン>第2回 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる(マガジン航)
https://magazine-k.jp/2017/12/06/library-design-02/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

12月9日(土)に、富谷市役所市民交流ホールにて「富谷市の図書館について語り合うシビックミーティング」が開催されました。弊社が策定を支援した「(仮称)新富谷市民図書館 整備基本構想」(案)が参加者全員に配布され、その内容について議論する場を持ちました。会場に用意した70席はすぐ埋まり、会が始まる前に追加の席を用意することになりました。結果、100名を超える方のご参加をいただき、「乳幼児からの子どもを支える図書館になって欲しい」「学校との連携を深めてもらいたい」等、多くの声をお寄せいただきました。富谷市のみなさまの図書館に対する「熱」を感じた一日となりました。しっかりとその声を生かし、「(仮称)新富谷市民図書館 整備基本構想」をまとめる支援をします。(鎌倉)

・(仮称)新富谷市民図書館 整備基本構想(案)(富谷市)
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/uploaded/attachment/5861.pdf
・富谷市次世代型図書館づくりに向けた取組みについて(富谷市)
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

西日本の方々にはなじみがないと思いますが、JR東日本の新幹線車内サービス誌「トランヴェール」をご存知でしょうか。東北新幹線に乗ることが多い私は毎月愛読しているのですが、最新の12月号の特集は「あったか鍋を訪ねて東北へ」です。東北6県の鍋を特集しているのですが、宮城県の鍋として今回スポットライトがあたったのは「仙台せり鍋」です。この鍋は「仙台」と冠していますが、大事な素材である「せり」は実は名取市が産地なのです。
本誌では、せり生産者であり、また「仙台せり鍋」のブームの仕掛け人でもある名取市の農家・三浦さんへのインタビューが掲載されています。東北、秋田、山形、上越、北陸のいずれかの新幹線に乗られる際はぜひ手にとってみてください。そして、「仙台せり鍋」は季節商品です。冬の間しか食べれませんので、この冬はぜひ宮城にお出かけください。(岡本)

・トランヴェール
http://www.jreast.co.jp/railway/trainvert/
・「宮城名物「仙台セリ鍋」主役じわり他県産 増産困難で品薄、高止まり」(河北新報、2017-12-03)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171203_13009.html
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

日本三大火祭りのひとつ「松明あかし」が有名な須賀川市ですが、もうひとつの冬の風物詩に「牡丹焚火」があります。毎年11月の第3土曜日、国定指定名勝「須賀川牡丹園」にて、折れた牡丹の木や天寿を全うした古木を燃やして供養する行事です。始まりは大正時代初期で、園主だった栁沼源太郎が地元の親しい俳人だけを招く、ひっそりとした催しだったと言われています。いまや「牡丹焚火」は歳時記に冬の季語としても採択され、全国各地から俳句愛好者が集まる日となりました。(野原)

・牡丹焚火(須賀川市)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/11414.htm
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~ http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

今週から導入予定の図書館ICT機器のデモ体験が始まりました。ICタグ機能を取り入れたセキュリティゲート、自動貸出機などを実際に触って体験しながら、今後の利用イメージ・運用イメージを検討していきます。来年にはデジタルサイネージの視察も予定されています!職員のみなさんと同じ体験を通して、今後の検討のためのお手伝いをしていきます。(下吹越)

・板橋区立中央図書館基本計画について
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/082/082152.html

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

先週のワークショップの前日「みたき園」を訪れました。7月に訪ねて以来2度目だったのですが、やはりここのサービスは素晴らしいです。「おもてなし~」とか軽々しく言ってはいけないくらい。山菜を中心にした手の込んだ料理はもちろんですが、環境も智頭町芦津の森という地を最大限に活用したものとなっています。山を切り崩して平地をつくり大きな建物をどーんと建てるのではなく、杉やヒノキが生い茂る斜面に、立地を活かした約10棟の庵が点在していて、多様な環境が形成されています。
山の空気も、鳥の声も、川のせせらぎも、そして人やサービスや建物も、全てが一体となって、この地でしか味わうことのできない魅力的な体験を提供します。我々が訪れた日の翌日12月3日が2017年の最終営業日で冬の間はお休みに入りますが、4月1日から営業が再開しますので、春までしばらくお待ちください。時間をかけてでも行く価値のある場所ですよ。(李)

・山里料理 みたき園
http://ashidumitakien.jp/
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

西ノ島町史の編纂に関わっている町民の方から、西ノ島町を含む隠岐諸島全体は、文化人類学の先進地であることを教えてもらいました。フランスの文化人類学で20世紀最高の思想家とも評されるあのレヴィ=ストロースが、1977年に西ノ島町を訪問したんだそうです。特に、コミュニティ図書館が建設される浦郷地域では漁業と人々の暮らしを興味深く視察したらしいです。その視察の様子は『構造・神話・労働 クロード・レヴィ=ストロース日本講演集』に収録されているそうなので、私も早速チェックしたいと思います!(下吹越)

・『構造・神話・労働 クロード・レヴィ=ストロース日本講演集』(みすず書房、2008年)
https://www.msz.co.jp/book/detail/07430.html
・西ノ島町コミュニティ図書館Facebookページ
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

ゆっくりと鉄道の旅をしてみたい、ふとそんな気持ちになりました。一度乗りたいのが、鹿児島中央駅から指宿駅までをつなぐ「特急いぶすきのたまて箱」です。まず、名前がかわいい。そしてゆったりとしたソファーシートに体を預け、海の眺めを楽しみたいです。指宿駅にある足湯広場で、“そらまめの会”のみなさんが、指宿昔話紙芝居を方言で披露する日もあります。来年春以降、電車を降りて、駅を出ると、かわいいブックカフェ号が足湯にきていることもあるかもしれません。楽しみですね。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

「(仮称)新富谷市民図書館整備基本構想」(案)の策定を支援
http://arg-corp.jp/2017/12/07/tomiya-5/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1579032182142398/

新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」の開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/12/10/natori-2/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1581677175211232

(仮称)東松戸図書館仕様書作成を支援
http://arg-corp.jp/2017/12/11/matsudo/
https://www.facebook.com/ARGjp/photos/1582605081785108/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-12-14(Thu):
第14回レファレンス協同データベース事業フォーラム「中高生向けレファレンスサービスとレファ協」
(於・東京都/国立国会図書館国際子ども図書館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_14.html

◇2017-12-15(Tue):
デジタルアーカイブ学会 第1回公開シンポジウム「著作権だけではない!デジタルアーカイブと法制度の新たな課題解決にむけて」
(於・東京都/小学館一ツ橋センタービル)
http://digitalarchivejapan.org/1654

◇2017-12-15(Tue):
神奈川県資料室研究会 神資研12月例会「グループディスカッション●攻める!ライブラリアン-ライブラリーの外へ出て、潜在的利用者にアプローチする」(河合郁子)
(於・神奈川県/川崎市産業振興会館)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=jo6t69cbq-…

◇2017-12-15(Fri)~2017-12-16(Sat):
ARG 第11回Webインテリジェンスとインタラクション研究会
(於・東京都/LIFULL本社)
http://www.sigwi2.org/next-sig

◇2017-12-15(Fri)~2017-12-17(Sun):
公害資料館ネットワーク 第5回公害資料館連携フォーラムin大阪「未来に『希望』を広げよう!公害資料館の“わ”」
(於・大阪府/大阪市立大学)
http://kougai.info/forum

◇2017-12-16(Sat):
AXIES 大学ICT推進協議会 シンポジウム「これからの大学の情報教育」
(於・東京都/広島大学 東千田未来創造センター)
http://axies.jp/ja/event/h95wt

◇2017-12-19(Tue):
Open Knowledge Japan(OKJP)オープンデータ・トークシリーズ第22回「オープンデータの形式は“CSV”の先にどこに向かうのか」
(於・東京都/国際大学グローバル・コミュニケーション・センター ハークス六本木ビル)
https://peatix.com/event/327709

◇2017-12-22(Fri)~2017-12-23(Sat):
情報処理学会 第166回データベースシステム研究会 SIG-DBS
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dbs166.html

◇2017-12-23(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2017年12月月例研究会「Linked Dataを使用した学術論文推薦システムへの取り組みとLinked DataのIIIFでの利用」(西岡千文)
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201712

◇2017-12-25(Mon):
日本図書館研究会 第334回研究例会「占領期京都と京都図書館協会の成立」(福島幸宏)
(於・大阪府/ネオアージュ土佐堀 日本図書館研究会事務所)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/334invit.html

◇2018-01-09(Tue):
JEPA 日本電子出版協会 新春講演会「2018年の電子出版はどうなる?」(鷹野凌)
(於・東京都/株式会社パピレス 紀尾井町ビル)
http://kokucheese.com/event/index/498737/

◇2018-01-11(Thu):
みちのく震録伝 東日本大震災アーカイブシンポジウム-被災県が実施するアーカイブの意義
(於・宮城県/東北大学 災害科学国際研究所)
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/sympo20180111

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(於・山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

◇2017-12-17(Sun):
紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」(李明喜)
(於・岩手県/紫波町情報交流館)
http://lib.town.shiwa.iwate.jp/event/20171126_01.html

◇2018-01-20(Sat):
三館連携10周年記念事業 記念講演会・パネルディスカッション「地域と暮らしをおいしくする図書館(スパイス)」記念講演会「地域をひらく未来の図書館」(岡本真)
(於・岡山県/美作大学 美作学園創立100周年記念館)
https://mimasaka.jp/library/news/10

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに7自治体よりご相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度はこれ以上の受託が困難ですが、どうしてもという場合は至急ご連絡ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-12-04(Mon): IDRユーザフォーラム 2017に登壇

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9155

国立情報学研究所(NII)のデータセット共同利用研究開発センターによる情報学研究データリポジトリ(IDR)の

・IDRユーザフォーラム 2017
https://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

に参加しました。

オープニングセッション「産学連携-企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて」で田中克己先生(京都大学)と対談形式で講演しました。今春で京都大学を退官された田中先生ですが、科研費をとりいまも研究を続けていらっしゃり、いまなお現役の研究者としての姿に感銘を受けました。

対談自体は2007年の

・Yahoo! 知恵袋データ
https://www.nii.ac.jp/dsc/idr/yahoo/chiebkr2/Y_chiebukuro.html

提供に始まる企業データセットの来し方をふりかえりつつ、さらなるデータの公開と活用に向けて未来を展望するものになったと思います。

◆22017-12-05(Tue): 沖縄出張1日目-新県立図書館に向けての会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9156

今月も沖縄へ。来年4月1日からの休館と同12月頃の新館オープンが告知され、現場の慌ただしさは増しています。

・沖縄県立図書館-沖縄県立図書館移転に伴う休館のお知らせ
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=40309&type=TopicsTopPag…
・沖縄県教育委員会-新県立図書館について
http://www.pref.okinawa.jp/edu/shogaigakushu/shinkankouhou.html
・旭橋都市再開発株式会社
http://www.asahibashi.jp/

本日も2時間を超えるみっちりとした協議の一日でした。

◆2017-12-06(Wed): 沖縄出張2日目-引き続きの協議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9157

昨日に引き続き、本日も午後からみっちりと協議を行いました。少しでもできる限りのことを進めていきたいと思います。

・沖縄県教育委員会-新県立図書館について
http://www.pref.okinawa.jp/edu/shogaigakushu/shinkankouhou.html
・旭橋都市再開発株式会社
http://www.asahibashi.jp/

◆2017-12-07(Thu): 横浜での執務

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9158

出張の合間の横浜のオフィスでまるまる仕事に取り組める一日です。しかし、こういうときに限ってですが、朝からパソコンの調子が悪いのです。サポートセンターのおかげで復旧はしましたが、一時はどうなることかとかなり焦りました。

夕刻にはこの4月に新たな職に就いた長い友人からの大学での講座開設の相談に対応。学生の頃から知っている彼にこういう相談を受ける日が来たと思うと感慨深いものがあります。ともあれ、この仕事、非常にエキサイティングな香りが際立ち、心躍っています。いずれ詳しくお知らせできるでしょう。

ということで、実は公共・民間施設の整備支援業務や産学連携業務以外に、大学関係の支援業務も結構行っています。新たな講座の開設、特にプロジェクト・ベースト・ラーニング(PBL)関係は経験も実績も豊富ですので、こちらもお気軽にお声がけください。

◆2017-12-08(Fri): デスクワークに専念

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9159

年内出張はまだ続くのですが、昨日に続き本日も横浜のオフィスでデスクワークに打ち込める一日です。しかし、年末ですね。本日だけで3件も自治体からの相談がありました。自治体規模にもよりますが、地域によっては新年に始まる議会に向けて予算等の最終調整のタイミングですから、問い合わせも増えるわけです。こういう相談がこの時期に増えるようになったのは、ほんの数年前からです。ゆるやかにですが、少なくとも存在は認知してもらえるようになってきたことを実感します。

◆2017-12-09(Sat): 富谷市の図書館について語り合うシビックミーティングに出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9160

一路宮城へ。本日は午後から富谷市の図書館について語り合うシビックミーティングに参加しました。

・富谷市次世代型図書館づくりに向けた取組みについて
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html

・(仮称)新富谷市民図書館整備基本構想(案)【PDF】
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/uploaded/attachment/5860.pdf

も公開され、昨日の富谷市議会では図書館構想に対する議会質問もありました。それらを踏まえ併行して、市民のみんさんと一緒に図書館のこれからを考える催しです。予想をはるかに超える100名以上のご参加があり、富谷市のみなさんの思いをひしと感じました。

◆2017-12-10(Sun): 湘南ひらつかメディフェスで「目覚めよ図書館-メディアとしての図書館」を開催

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9161

昨日から開催されている

・第15回市民メディア全国交流集会(湘南ひらつかメディフェス)
http://www.scn-net.ne.jp/~medifes2017/
https://www.facebook.com/medifes2017/

に仙台から向かいます。

午後に現地でスタッフと合流し、「目覚めよ図書館-メディアとしての図書館」と題したセッションを行いました。これは現在準備を進めている

・ライブラリー・リソース・ガイド
https://www.facebook.com/LRGjp/
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/

の次号第21号の特集テーマです。参加者は決して多くはありませんでしたが、編集の追い込みに向けて幾多のヒントを得られました。ご参加のみなさまに感謝。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-671]2017年12月11日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

670号(2017-12-04、4347部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の670号(2017-12-04、4347部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!
 -【再掲】マガジン航とライブラリー・リソース・ガイドがコラボ!<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -山梨県図書館大会で講演
 -甲州市立勝沼図書館に驚嘆しつつ仙台へ
 -第3回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171204114518000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-12-04発行   ‡No.670‡   4347部発行

 -マガジン航で<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!
 -【再掲】マガジン航とライブラリー・リソース・ガイドがコラボ!<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -山梨県図書館大会で講演
 -甲州市立勝沼図書館に驚嘆しつつ仙台へ
 -第3回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に取締役CDO・李明喜が登壇!】

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)の取締役CDO(チーフ・デザイン・オフィサー、最高デザイン責任者)である李明喜が、2017年12月17日(日)に開催予定の紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」のコーディネーターを務めます。

このトークイベントの司会は李が務め、紫波町図書館のデザインを手がけた佐藤直樹さん(ASYL)、小田中耕一さん(染工房 小田中)、五日市美子さん(工房 蟻)から、制作の裏側やデザインについての思いを自由にお話いただくものです。

当日、イベント参加者には李が執筆した総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」を掲載したLRG第20号を無償頒布いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。

▽紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」
http://lib.town.shiwa.iwate.jp/event/20171126_01.html
▽『ライブラリー・リソース・ガイド』第20号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1490955/
▽弊社取締役CDO・李明喜が紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」に登壇
http://arg-corp.jp/2017/12/02/event-14/

【マガジン航とライブラリー・リソース・ガイドがコラボ!<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!】

ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号の特集にフォーカスを当てたコラボレーション記事として、マガジン航で<図書館のデザイン、公共のデザイン>の連載が始まります。

11月27日(月)本日から「第1回 図書館におけるデザインとは何か?」が公開されています。

本誌ではモノクロの写真もウェブ版ではカラーになっています。

すでに読んでくださったみなさんにも、新たな気づきがあるかもしれません。ぜひ一度ご覧ください。

・<図書館のデザイン、公共のデザイン>第1回 図書館におけるデザインとは何か?(マガジン航)
https://magazine-k.jp/2017/11/27/library-design-01/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

弊社が策定を支援した「(仮称)新富谷市民図書館整備基本構想」(案)が、富谷市のウェブサイトで公開されました。12月9日(土)には富谷市役所市民交流ホールで、この基本構想(案)を元に、その内容について語り合うシビックミーティングが開催されます。すでに30名近くの方々から参加申込をいただいているようです。シビックミーティングの参加申込の締め切りは12月7日(木)です。市内在住・在勤・在学の方はもちろん、富谷市にUIターンを考えている方も参加大歓迎です。(鎌倉)

・富谷市次世代型図書館づくりに向けた取組みについて(富谷市)
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html
・(仮称)新富谷市民図書館 整備基本構想(案)(富谷市)【PDF】
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/uploaded/attachment/5861.pdf

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

繰り返しお知らせしてきた新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」第3回が12月2日(土)に開催されました。3回目にもかかわらず、初めて参加してくださった方々も多く、市民のみなさんの熱気を感じるワークショップでした。3回連続のライブラリーミーティングは今回で終了ですが、取り組み自体は来年も続きます。(岡本)

・第3回新名取市図書館施設整備検討委員会
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_47772
・新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」第3回【PDF】
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/event/2017/017_lib%20meeting2.pdf
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

須賀川駅から建設中の交流センターへと向かう松明通りに、新たなウルトラ怪獣のモニュメントが登場しました。これまでのモニュメントは銅像タイプでしたが、今回登場したピグモンとカネゴンはベンチタイプ。等身大の怪獣と一緒にベンチに座れます。夜中に見ると結構シュールですが……。(野原)

・光の国との姉妹都市・福島県須賀川市にピグモンとカネゴンのモニュメントベンチが新たに登場!(須賀川市M78光の町)
http://m78-sukagawa.jp/news/6359/
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

12月となり、板橋区立図書館の展示が入れ替わりました!板橋区立成増図書館では、季節にあわせた一般展示「年末年始応援BOOKS」とアート展示「心ときめくクリスマス」がスタートしています。新年を迎える準備に役立つ本や、クリスマスを彩るカード・ペーパークラフトの本が並べられていますよ。ぜひ、足を運んでみてくださいね。(下吹越)

・12月一般展示「年末年始 応援BOOKS」「年末年始 応援BOOKS」「年末年始応援BOOKS」(成増図書館Facebook)
https://www.facebook.com/lib.narimasu/posts/1589112367802271
・12月アート展示「心ときめくクリスマス」「心ときめくクリスマス」(成増図書館Facebook)
https://www.facebook.com/lib.narimasu/posts/1589113417802166

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

12月3日(日)、智頭町の新図書館づくりのためのワークショップ「みんなで考える<私たちの新しい図書館>」の第2回が開催されました。8月の第1回でまち歩きを体験されたみなさんに新しいメンバーが加わり、合計60名(傍聴者を含む)の方々にご参加いただきました。今回は「まちから考える<智頭図書館のありたい姿>のストーリー」と題して、新しい図書館でどんなことができたらいいのか、新しい図書館ができると日常がどう変わるのかを想像し、ストーリーにしていただくということを行いました。
最初は「ストーリーってようわからんわ」と仰る方もいましたが、子どもたちが自由に書いているのを見て、そんなに難しく考えなくてもよいと気づいてからは、みなさん集中して書かれていました。智頭町の新図書館づくりはハコやカタチから考えるのではなく、こうした利用者のストーリー(体験)から場を考えていくことを大事に進めています。(李)

・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

仮囲いアートプロジェクトの輪が広がっています。町の公式ウェブサイトではプロジェクトが広く周知され、西ノ島小・中学校や隠岐島前高校でもワークショップが開催される予定です。また、仮囲いがある工事現場の一角には、工事に関わるみなさんがミニ花壇をつくり敷地を華やかに彩ってくれました。工事現場と仮囲いがどんな空間に変わっていくのか、これからとても楽しみです!(下吹越)

・西ノ島町コミュニティ図書館の工事現場に絵を飾ろう!(西ノ島町公式ウェブサイト)
http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/news/550
・西ノ島町コミュニティ図書館Facebook
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/posts/1701712573213079

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

今年のユーキャン新語・流行語の大賞は「インスタ映え」でしたね。ブックカフェ号車の改造のやり取りを見ていますが、やはりこだわっているのは「インスタ映え」のようです。かわいいラッピングがされるであろうブックカフェ号にご期待ください。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

新静岡県立中央図書館整備の検討に関する有識者会議委員を弊社代表の岡本真が拝命
http://arg-corp.jp/2017/11/15/shizuoka_prefecture-2/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1557404324305184/

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◇2017-12-04(Mon):
WOMマーケティング協議会 WOMJ クチコミフェスタ2017「そのインフルエンサーマーケティング大丈夫!?」
(於・東京都/アーツ千代田3331)
http://womj-kuchikomi.net/

◇2017-12-05(Tue):
学術資源リポジトリ協議会「近現代史資料の整理・保存・アーカイブ化に悩む実務者たちの勉強会-partII」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.repon.org/index.php?key=jo7ewy2xz-21#_21

◇2017-12-07(Thu):
デジタルアーカイブ学会関西支部 第1回例会
(於・大阪府/エル・おおさか本館)
http://digitalarchivejapan.org/1688

◇2017-12-08(Fri):
平成29年度国立大学図書館協会近畿地区事業「文献入手スキルアップセミナー-文献入手のプロとして学術情報流通の今とこれからを知る」
(於・兵庫県/神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ 梅田ゲートタワー)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/8706/

◇2017-12-08(Fri):
全史料協関東部会 第293回定例研究会「東京大学経済学図書館・経済学部資料室の所蔵資料とその保存」
(於・東京都/東京大学経済学研究科学術交流棟 小島ホール)
http://www.jsai-kanto.jp/study293.html

◇2017-12-09(Sat):
日本ミュージアム・マネージメント学会 ミッション・マネージメント研究部会 平成29年度第2回研究会「デジタル時代の著作権」
(於・東京都/國學院大學 学術メディアセンター棟)
http://www.jmma-net.org/muydwqi3q-10/#_10

◇2017-12-09(Sat)~2017-12-10(Sun):
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会シンポジウム じんもんこん2017「人文学の継承と革新を促進する情報学」
(於・大阪府/大阪市立大学 学術情報総合センター)
http://jinmoncom.jp/sympo2017/

◇2017-12-09(Sat)~2017-12-10(Sun):
第15回市民メディア全国交流集会(湘南ひらつかメディフェス)
(於・神奈川県/平塚市美術館 ほか)
http://www.scn-net.ne.jp/~medifes2017/

◇2017-12-14(Thu):
第14回レファレンス協同データベース事業フォーラム「中高生向けレファレンスサービスとレファ協」
(於・東京都/国立国会図書館国際子ども図書館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_14.html

◇2017-12-15(Tue):
デジタルアーカイブ学会 第1回公開シンポジウム「著作権だけではない!デジタルアーカイブと法制度の新たな課題解決にむけて」
(於・東京都/小学館一ツ橋センタービル)
http://digitalarchivejapan.org/1654

◇2017-12-15(Tue):
神奈川県資料室研究会 神資研12月例会「グループディスカッション●攻める!ライブラリアン-ライブラリーの外へ出て、潜在的利用者にアプローチする」(河合郁子)
(於・神奈川県/川崎市産業振興会館)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=jo6t69cbq-…

◇2017-12-15(Fri)~2017-12-16(Sat):
ARG 第11回Webインテリジェンスとインタラクション研究会
(於・東京都/LIFULL本社)
http://www.sigwi2.org/next-sig

◇2017-12-15(Fri)~2017-12-17(Sun):
公害資料館ネットワーク 第5回公害資料館連携フォーラムin大阪「未来に『希望』を広げよう!公害資料館の“わ”」
(於・大阪府/大阪市立大学)
http://kougai.info/forum

◇2017-12-16(Sat):
AXIES 大学ICT推進協議会 シンポジウム「これからの大学の情報教育」
(於・東京都/広島大学 東千田未来創造センター)
http://axies.jp/ja/event/h95wt

◇2017-12-19(Tue):
Open Knowledge Japan(OKJP)オープンデータ・トークシリーズ第22回「オープンデータの形式は“CSV”の先にどこに向かうのか」
(於・東京都/国際大学グローバル・コミュニケーション・センター ハークス六本木ビル)
https://peatix.com/event/327709

◇2017-12-22(Fri)~2017-12-23(Sat):
情報処理学会 第166回データベースシステム研究会 SIG-DBS
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dbs166.html

◇2017-12-23(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2017年12月月例研究会「Linked Dataを使用した学術論文推薦システムへの取り組みとLinked DataのIIIFでの利用」(西岡千文)
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201712

◇2017-12-25(Mon):
日本図書館研究会 第334回研究例会「占領期京都と京都図書館協会の成立」(福島幸宏)
(於・大阪府/ネオアージュ土佐堀 日本図書館研究会事務所)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/334invit.html

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017 オープニングセッション「産学連携~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」(岡本真)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◇2017-12-10(Sun):
第15回市民メディア全国交流集会(湘南ひらつかメディフェス)分科会「目覚めよ図書館-メディアとしての図書館」(野原海明)
(於・神奈川県/平塚市博物館)
http://www.scn-net.ne.jp/~medifes2017/second.html

◇2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(於・山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

◆2017-12-17(Sun):
紫波町図書館5周年記念トークイベント「図書館にデザインは必要か?」(李明喜)
(於・岩手県/紫波町情報交流館)
http://lib.town.shiwa.iwate.jp/event/20171126_01.html

◇2018-01-20(Sat):
三館連携10周年記念事業 記念講演会・パネルディスカッション「地域と暮らしをおいしくする図書館(スパイス)」記念講演会「地域をひらく未来の図書館」(岡本真)
(於・岡山県/美作大学 美作学園創立100周年記念館)
https://mimasaka.jp/library/news/10

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに7自治体よりご相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度はこれ以上の受託が困難ですが、どうしてもという場合は至急ご連絡ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-11-27(Mon): 津山2日目-会議3本

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9147

津山2日目の本日は会議3本。情報政策や産業支援、まちづくりをめぐる熱い議論の一日でした。合間に津山の最近熱い地域を歩き、新たな知り合いができたのも大きいことでした。

◆2017-11-28(Tue): 津山3日目-図書館職員研修で「語り合う」ワークショップ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9148

最終日となる3日目の本日は午前中に津山市立図書館の職員研修として、各自が考える「津山市立図書館の強み」を徹底的に考え語らうワークショップを行いました。2時間という潤沢な時間のなかで、実に多くの強みが明確になりました。これからの津山市立図書館にますます注目です。

なお、津山には来年1月も来る予定です。

2018-01-20(Sat):
三館連携10周年記念事業 記念講演会・パネルディスカッション「地域と暮らしをおいしくする図書館(スパイス)」記念講演会「地域をひらく未来の図書館」(岡本真)
(於・岡山県/美作大学 美作学園創立100周年記念館)
https://mimasaka.jp/library/news/10

帰路に瀬戸内市に寄って打ち合わせをし帰京。

◆2017-11-29(Wed): 11月の全体会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9149

取締役会を兼ねた全体会議の日。9時から19時まで役員全員が出席し、全体や部門別の事業方針、個別プロジェクトの懸念点の確認等を進めました。新体制も少しずつなじみ始めています。

◆2017-11-30(Thu): 山梨県図書館大会で講演

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9150

早朝から一路山梨へ。

・第31回山梨県図書館大会
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

で「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」と題して講演しました。また第1分科会のシンポジウム「本をとりまく現在と未来」では助言者を務めました。久しぶりの山梨での一泊です。

◆2017-12-01(Fri): 甲州市立勝沼図書館に驚嘆しつつ仙台へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9151

朝からホテルでSkype会議でした。全員で顔をあわせる機会が少ない弊社では、月水金はこの会議があります。思いのほか会議が長引いたので、当初の予定を変更し、気になっていた

・甲州市立勝沼図書館
http://www.lib-koshu.jp/lib_katsunuma.html

にうかがいました。別媒体で詳しく書くつもりですが、驚嘆とはこのことというのが感想です。

その後、明日の名取市でのワークショップに備えて仙台へ。

◆2017-12-02(Sat): 第3回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9152

最終回となる第3回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施しました。

非常にいい内容でした。ライブラリーミーティングとしては今回で終わりですが、ご参加いただいた市民のみなさんとは来年早々の再会を約束できました。名取市の新図書館プロジェクトも佳境です。

・「第1回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施」(編集日誌、2017-09-18)
http://www.arg.ne.jp/node/9067
・「第2回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施」(編集日誌、2017-10-15)
http://www.arg.ne.jp/node/9097
・名取市図書館-新図書館関連
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

◆2017-12-03(Sun): 智頭町で新図書館基本計画のワークショップを実施

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9153

昨晩中に宮城から戻り本日は鳥取県の智頭町に日帰り出張です。

新図書館に向けて基本計画の策定が進む智頭町で、前回の基本構想策定のためのワークショップに続き、計画策定のためのワークショップを開催しました。スタッフ参加の町職員も含めると、実に智頭町の人口の1%にあたる70名ほどの参加があり、昨日同様、こちらも非常に充実しな内容でした。智頭町、熱いです。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-670]2017年12月04日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

669号(2017-11-27、4349部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の669号(2017-11-27、4349部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -“IDRユーザフォーラム2017”参加申し込み締切は本日!
 -マガジン航とライブラリー・リソース・ガイドがコラボ!<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -同志社で講義し仙台へ
 -須賀川市で第3回tetteパートナーズクラブ準備会議
 -津山1日目-オープンデータソンin津山で講演
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171127150733000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-11-27発行   ‡No.669‡   4349部発行

     -“IDRユーザフォーラム2017”参加申し込み締切は本日!-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -“IDRユーザフォーラム2017”参加申し込み締切は本日!
 -マガジン航とライブラリー・リソース・ガイドがコラボ!<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -同志社で講義し仙台へ
 -須賀川市で第3回tetteパートナーズクラブ準備会議
 -津山1日目-オープンデータソンin津山で講演
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【“IDRユーザフォーラム2017”本日参加申し込み締切!】

12月4日(月)に開催される“IDRユーザフォーラム2017”の参加申し込み締切は本日11月27日(月)です。
参加予定のみなさまは、下記フォームより参加申し込みをお願いいたします。
https://goo.gl/NSPBhe

弊社は、本フォーラムの企画・運営支援を行っています。

また、当日は下記のセッションを予定しています。オープニングセッションでは弊社岡本も登壇予定ですので、ぜひご参加ください。

●オープニングセッション
「産学連携 ~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」

●パネルセッション1
「アカデミア×ビジネスの研究者に聞く、データセットの魅力 ~私が研究者を選んだ理由~」

●パネルセッション2
「今、アカデミアが必要としているデータセットとは」

引きつづき、産学連携業務の一環として国立情報学研究所情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)と共に企業のデータ公開及びアカデミアでのデータ活用促進を行ってまいります。

皆さまのご参加をお待ちしております!

<開催内容>
・日程:2017年12月4日(月)10:00~18:00
・会場:国立情報学研究所(NII)12階会議室他(東京都千代田区一ツ橋2-1-2) http://www.nii.ac.jp/about/access/

▽IDRユーザフォーラム2017
https://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

▽公開データなどは公式サイトをご覧ください。
https://www.nii.ac.jp/dsc/idr/index.html

▽国立情報学研究所(NII)への不動産検索のHome’sによるデータ提供に協力
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/976821575696798

【マガジン航とライブラリー・リソース・ガイドがコラボ!<図書館のデザイン、公共のデザイン>特別連載開始!】

ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号の特集にフォーカスを当てたコラボレーション記事として、マガジン航で<図書館のデザイン、公共のデザイン>の連載が始まります。

11月27日(月)本日から「第1回 図書館におけるデザインとは何か?」が公開されています。

本誌ではモノクロの写真もウェブ版ではカラーになっています。

すでに読んでくださったみなさんにも、新たな気づきがあるかもしれません。ぜひ一度ご覧ください。

・<図書館のデザイン、公共のデザイン>第1回 図書館におけるデザインとは何か?(マガジン航)
https://magazine-k.jp/2017/11/27/library-design-01/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

12月9日(土)に行われる予定の富谷市の図書館について語り合うシビックミーティングには、若い方にも参加してもらいたいと宮城県富谷高等学校等にお知らせのポスターを貼ったり、富谷市ジュニア・リーダーに呼びかけをしたりしています。図書館ができたら、一番長く使うのはいまの子どもたちです。だからこそ、若い方たちの意見をしっかりと聞きたいと考えています。当日、来てくれるかな。(鎌倉)

・富谷市の図書館について語り合うシビックミーティング開催について(富谷市)
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/tosyokann-12-09.html
・富谷市次世代型図書館づくりに向けた取組みについて(富谷市)
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

もう今週末の開催なのでしつこくお知らせです。週末の12月2日(土)の13~15時に新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」第3回が開催されます。今回は第3回新名取市図書館施設整備検討委員会も兼ねています。ぜひご参加ください。(岡本)

・第3回新名取市図書館施設整備検討委員会
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_47772
・新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」第3回【PDF】
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/event/2017/017_lib%20meeting2.pdf
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

11月22日(水)、tetteパートナーズクラブ設立準備会の第3回が開催されました。野原は今回初めて、B班のファシリテーターとして参加しました。新しくできる市民交流センター「tette」で、自分たちは市民としてどんなサポートができるだろう?そのためにはどんな組織が必要だろうか?「岡崎まち育てセンター・りた」の三矢勝司さんのゲストトークから学び、須賀川ならではの組織体制がじわじわと浮かんでくるところまでたどり着けたかなと思います。設立準備会は次回が最終回です。(野原)

・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

11月22日(水)上板橋第三中学校の図書委員のみなさんと一緒に、新しい中央図書館のあり方を考えるワークショップを開催しました。今回のテーマは「平和公園に行ってみよう!」。図書館ができる平和公園内を一緒に歩きながら、植えられている木々や公園にいる動物や虫、公園内で活動している人などについて観察し、気がついたことをグループ同士で発表してもらいました。
通学や学校行事、部活などで公園を使う中学生のみなさんだからこそ出てくる意見から、新しい図書館と平和公園がどのようにつながっていけるか、この機会をきっかけに少しずつ想像を膨らませてもらえたらと思います!(下吹越)

・板橋区平和公園
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/053/053230.html
・板橋区立図書館
https://www.lib.city.itabashi.tokyo.jp/

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

12月3日(日)、智頭町で住民ワークショップ「みんなで考える<私たちの新しい図書館>」が開催されます。前回は8月の炎天下でまち歩きを行い、まちの魅力と課題を再発見し、地図にまとめて共有しました。第2回となる今回はストーリーづくりを行います。まち歩きで発見し共有したことを踏まえて、新しい智頭図書館でどんな体験ができたらいいのかを考えストーリーにします。たとえば「子どもの未来を創造する図書館」では、子どもたちはどんな体験ができるのでしょうか。
「誰もが知識・情報にふれることができる」図書館では、どんな新しい体験が生まれるのでしょうか。季節は冬に変わりましたが、智頭町のみなさんと力を合わせて熱いワークショップにしたいと思います!(李)

・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

西ノ島町のみなさんと協力しながらの選書作業が進行中です。現在、公民館図書室では約5000冊の蔵書があり、コミュニティ図書館開館までには、約2万5000冊の蔵書を構築していく予定です。みなさんに喜んでもらえるようなコレクションづくりのため、今後の縁側カフェでは選書をテーマにする会などを設定しながら、みんなで本を選ぶ作業を進めていきます。(下吹越)

・西ノ島町コミュニティ図書館Facebook
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

11月に入り、指宿市は、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に合わせて、「いぶすき西郷どん特設サイト」を公開しました。サイトによると指宿市の温泉は、西郷さんもお気に入りだったようで、1874年には犬13匹を連れて1ヶ月ほど滞在したそうです。指宿市の温泉宿は、ペットと泊まれる宿だったのですね。そして13匹は、滞在中、どのように世話をされたのか知りたくなりました。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe
・いぶすき西郷どん特設サイト(指宿市)
http://www.ibusuki-segodon.jp/

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-11-28(Sun)~2017-12-01(Fri):
Internet Week 2017「向き合おう、“グローバル”インターネット」
(於・東京都/ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス)
https://www.nic.ad.jp/iw2017/

◇2017-11-29(Wed):
NDL Lab 2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」第1回「NDL×データ可視化」(矢崎裕一)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2017

◇2017-11-29(Wed):
デジタル文化財創出機構 シンポジウム「デジタル文化財の未来2017-デジタルと文化財の融合による新たな価値創出に向けて」
(於・東京都/六本木ヒルズ森タワー 六本木アカデミーヒルズ)
http://www.digital-heritage.or.jp/symposium8/

◇2017-11-30(Thu):
実践!統計LOD活用セミナー in 東京
(於・東京都/日立製作所本社 JR品川イーストビル内)
http://peatix.com/event/326532

◇2017-11-30(Thu)~2017-12-01(Fri):
情報科学技術協会 第14回情報プロフェッショナルシンポジウム INFOPRO2017
(於・東京都/科学技術振興機構 東京本部別館 K’s 五番町)
http://www.infosta.or.jp/symposium-top/

◇2017-12-02(Sat):
情報知識学会 第22回 情報知識学フォーラム「オープンサイエンスの障壁への挑戦」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.jsik.jp/?forum2017

◇2017-12-02(Sat):
NDL Lab 2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」第2回「地域資料を最新規格でお手軽に使いやすくしてみよう」(永崎研宣)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2017

◇2017-12-02(Sat):
日本出版学会 2017年度 秋季研究発表会
(於・愛知県/中京大学 名古屋キャンパス センタービル)
http://www.shuppan.jp/yotei/940-2017-2017122.html

◇2017-12-02(Sat)~2017-12-03(Sun):
大学教育学会 2017年度課題研究集会「大学教育は“役に立つ”のか」
(於・大阪府/関西国際大学 尼崎キャンパス)
http://daigakukyoiku-gakkai.org/site/conference/conferenceinfo/

◇2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◇2017-12-04(Mon):
WOMマーケティング協議会 WOMJ クチコミフェスタ2017「そのインフルエンサーマーケティング大丈夫!?」
(於・東京都/アーツ千代田3331)
http://womj-kuchikomi.net/

◇2017-12-05(Tue):
学術資源リポジトリ協議会「近現代史資料の整理・保存・アーカイブ化に悩む実務者たちの勉強会-partII」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.repon.org/index.php?key=jo7ewy2xz-21#_21

◇2017-12-07(Thu):
デジタルアーカイブ学会関西支部 第1回例会
(於・大阪府/エル・おおさか本館)
http://digitalarchivejapan.org/1688

◇2017-12-08(Fri):
平成29年度国立大学図書館協会近畿地区事業「文献入手スキルアップセミナー-文献入手のプロとして学術情報流通の今とこれからを知る」
(於・兵庫県/神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ 梅田ゲートタワー)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/8706/

◇2017-12-08(Fri):
全史料協関東部会 第293回定例研究会「東京大学経済学図書館・経済学部資料室の所蔵資料とその保存」
(於・東京都/東京大学経済学研究科学術交流棟 小島ホール)
http://www.jsai-kanto.jp/study293.html

◇2017-12-09(Sat)~2017-12-10(Sun):
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会シンポジウム じんもんこん2017「人文学の継承と革新を促進する情報学」
(於・大阪府/大阪市立大学 学術情報総合センター)
http://jinmoncom.jp/sympo2017/

◇2017-12-09(Sat)~2017-12-10(Sun):
第15回市民メディア全国交流集会(湘南ひらつかメディフェス)
(於・神奈川県/平塚市美術館 ほか)
http://www.scn-net.ne.jp/~medifes2017/

◇2017-12-14(Thu):
第14回レファレンス協同データベース事業フォーラム「中高生向けレファレンスサービスとレファ協」
(於・東京都/国立国会図書館国際子ども図書館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_14.html

◇2017-12-15(Tue):
デジタルアーカイブ学会 第1回公開シンポジウム「著作権だけではない!デジタルアーカイブと法制度の新たな課題解決にむけて」
(於・東京都/小学館一ツ橋センタービル)
http://digitalarchivejapan.org/1654

◇2017-12-15(Tue):
神奈川県資料室研究会 神資研12月例会「グループディスカッション●攻める!ライブラリアン-ライブラリーの外へ出て、潜在的利用者にアプローチする」(河合郁子)
(於・神奈川県/川崎市産業振興会館)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=jo6t69cbq-…

◇2017-12-15(Fri)~2017-12-16(Sat):
ARG 第11回Webインテリジェンスとインタラクション研究会
(於・東京都/LIFULL本社)
http://www.sigwi2.org/next-sig

◇2017-12-15(Fri)~2017-12-17(Sun):
公害資料館ネットワーク 第5回公害資料館連携フォーラムin大阪「未来に『希望』を広げよう!公害資料館の“わ”」
(於・大阪府/大阪市立大学)
http://kougai.info/forum

◇2017-12-16(Sat):
AXIES 大学ICT推進協議会 シンポジウム「これからの大学の情報教育」
(於・東京都/広島大学 東千田未来創造センター)
http://axies.jp/ja/event/h95wt

◇2017-12-22(Fri)~2017-12-23(Sat):
情報処理学会 第166回データベースシステム研究会 SIG-DBS
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dbs166.html

◇2017-12-23(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2017年12月月例研究会「Linked Dataを使用した学術論文推薦システムへの取り組みとLinked DataのIIIFでの利用」(西岡千文)
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201712

◇2017-12-25(Mon):
日本図書館研究会 第334回研究例会「占領期京都と京都図書館協会の成立」(福島幸宏)
(於・大阪府/ネオアージュ土佐堀 日本図書館研究会事務所)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/334invit.html

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)
(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

◇2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017 オープニングセッション「産学連携~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」(岡本真)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◆2017-12-10(Sun):
第15回市民メディア全国交流集会(湘南ひらつかメディフェス)分科会「目覚めよ図書館-メディアとしての図書館」(野原海明)
(於・神奈川県/平塚市博物館)
http://www.scn-net.ne.jp/~medifes2017/second.html

◇2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

◆2018-01-20(Sat):
三館連携10周年記念事業 記念講演会・パネルディスカッション「地域と暮らしをおいしくする図書館(スパイス)」記念講演会「地域をひらく未来の図書館」(岡本真)
(於・岡山県/美作大学 美作学園創立100周年記念館)
https://mimasaka.jp/library/news/10

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-11-20(Mon): 同志社で講義し仙台へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9139

恒例の同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」のために京都へ。午前中に講義し、午後は京都府立図書館でクイックな打ち合わせ。

その後、空路で仙台へ。旅が続きます。

◆2017-11-21(Tue): 富谷市で現状を市長に報告

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9140

お時間をとっていただき、富谷市の若生市長に富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定の現状を報告しました。間もなく議会も始まるので入念な意見交換を行いました。こちらも確実に進んでいます。本日も仙台泊。

◆2017-11-22(Wed): 須賀川市で第3回tetteパートナーズクラブ準備会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9141

仙台から南下し須賀川市へ。第3回tetteパートナーズクラブ準備会議に進行役として参加しました。今回も、三矢勝司さんにご参加いただき、非常に充実した議論となりました。

・三矢勝司
https://twitter.com/mitsuya0223
・だとすると
http://blog.livedoor.jp/mitsuya0223-399/

こちらも徐々に形が見えてきました。

◆2017-11-23(Thu): 横浜に戻り会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9142

とある案件で初めて指名プロポーザルへの参加要請をいただきました。会社創立から8年。ようやくこうやって声がかかるようになったと思うと感慨深いものがあります。

ということで早々に須賀川を出て横浜に戻り、午後はじっくりとこのための会議を行いました。ご期待に沿えるよう頑張ります。

◆2017-11-24(Fri): 久しぶりの佐賀

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9143

佐賀県庁からのご依頼でとある件について打ち合わせをするために2年ぶりくらいに佐賀にうかがいました。

詳細は伏せますが、充実した打ち合わせとなり次が楽しみです。

◆2017-11-25(Sat): 佐賀を周遊

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9144

昨晩は佐賀市内に泊ったので、本日は久しぶりに佐賀を周遊しました。特に先日オープンした武雄市のこども図書館にうかがったのですが、いろいろと気づきがありました。

◆2017-11-26(Sun): 津山1日目-オープンデータソンin津山で講演

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9145

今日は津山市へ。

・みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

に途中から参加し、「知識創造のための図書館-図書館がすべきこと、図書館ですべきこと」と題して講演しました。津山には3日間、滞在します。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-669]2017年11月27日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

668号(2017-11-20、4346部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の668号(2017-11-20、4346部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -沖縄出張1日目-新沖縄県立図書館の会議
 -沖縄出張2日目-久米島で講演会
 -アイランダーとREADYFOR OF THE YEARに参加
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171120210044000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-11-20発行   ‡No.668‡   4348部発行

       -施設整備事業の各プロジェクト報告に注目-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -沖縄出張1日目-新沖縄県立図書館の会議
 -沖縄出張2日目-久米島で講演会
 -アイランダーとREADYFOR OF THE YEARに参加
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

昨年度、弊社が支援して行ったワークショップや、今年度実施した有識者ヒアリング、アイディアキャンプ、先進地図書館の視察を通してまとめた骨子を基に、その内容について語り合うシビックミーティングが、12月9日(土)に富谷市役所1階の市民交流ホールで開催されます。市民のみなさま、富谷市在勤・在学をしているみなさま、UIターンを考えているみなさまの参加をお待ちしております。(鎌倉)

・富谷市の図書館について語り合うシビックミーティング開催について(富谷市)
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/tosyokann-12-09.html

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

寒くなってきましたね。12月ももう手が届きそうです。さて、12月早々にはこれまで2回開催してきた。新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」の第3回が12月2日(土)の13~15時で開催されます。市民協働のひな形を考えるうえで重要な回になりますので、1回目、2回目に参加できていないという方もお気軽にご参加ください。(岡本)

・新図書館での「名取らしい」市民協働を探る「ライブラリーミーティング」第3回【PDF】
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/event/2017/017_lib%20meeting2.pdf
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

これからの公共施設は、市民が一方的にサービスを受け取る場所ではなくなっていくでしょう。「市民協働」という言葉をよく聞くようになりました。市民と行政とが協力するというあり方ですが、これをさらに進めて、市民が自ら自分たちの住むまちをよくしていこうとする「市民自治」を目指したい。須賀川市市民交流センター「tette」では、「tetteパートナーズクラブ」の設立に向けて準備会が進んでいます。11月18日(土)にはその中高生版も開かれ、ARGからは野原がオブザーバーとして参加してきました。
今回は中高生に特化したワークショップでしたが、今後はさらに世代を超えた対話の場が持てればいいなと思っています。(野原)

・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

外国語を理解し、自分の母語にあわせて文章をつくる。翻訳という作業は、新しい物語を作るようなワクワク感がありますよね。そんな翻訳の楽しさを体験できる講座が、12月16日(土)東板橋図書館で中学生対象に開催されます。数多くの訳書を手がけている金原瑞人先生が講師としてお越しになり、中学生がつくった翻訳について講評してくれるそうですよ。学校や塾の授業とはまた違う外国語の楽しみ方を、ぜひ体験してください!(下吹越)

・翻訳って面白い!中学生のための翻訳のススメ Vol.2(東板橋図書館)
https://www.facebook.com/mhigashiitabashilib/posts/1688767991196036/

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

智頭町に関する嬉しいニュースです。国の文化審議会は11月17日(金)、「智頭の林業景観」を重要文化的景観に選定するよう文部科学相に答申しました。このまま選定されると林業景観としては全国初になるそうです。江戸時代の鳥取藩の管理による植林からはじまった智頭の植樹の歴史は400年以上といわれています。豊かな自然の恵みと伝統的な林業という営みによって長い年月をかけて育まれてきた「智頭の林業景観」が、これをきっかけにさらに多くの方に知られるといいですね。(李)

・鳥取)智頭が重要文化的景観に 林業景観として全国初(朝日新聞デジタル、2017-11-18)
http://www.asahi.com/articles/ASKCG7HDRKCGPUUB016.html
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

コミュニティ図書館開館に向けて、町民のみなさんと語り合う縁側カフェ。先月から工事現場の仮囲いを使ったアートプロジェクトについて話しあってきましたが、いよいよ本格始動となりました。本の表紙に自分の思い描く自由な絵や言葉を書き、仮囲いに夢の本棚をつくっていきます!子どもからお年寄りまで誰でも参加できるアートプロジェクトを通して、コミュニティ図書館に関心を寄せてもらえたら嬉しいです!(下吹越)

・第9回 縁側カフェのお知らせ(公式Facebook)
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/posts/1685271328190537

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

「指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト」がREADYFOR OF THE YEAR2017において、READYFOR賞を受賞しました。これは2016年9月から2017年8月までの1年間実施された1185のプロジェクトの中から、今後のクラウドファンディングの手本になるプロジェクトに贈られる賞です。おめでとうございます。“そらまめの会”のみなさん、おめでとうございます。改めて、支援や応援をしてくれたみなさんにも感謝の限りです。来年春、本を積んだブックカフェが走る日を楽しみにしております。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe
・READYFOR OF THE YEAR2017(Readyfor)
https://readyfor.jp/awards/oftheyear2017

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-11-21(Tue):
シンポジウム「大学におけるオープンサイエンス」
(於・茨城県/筑波大学 筑波キャンパス)
http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201710311644.html

◇2017-11-22(Wed)~2017-11-23(Thu):
慶應義塾大学 SFC OPEN RESEARC FORUM 2017(ORF2017)「Lab is the MESSAGE-実験する精神」
(於・東京都/東京ミッドタウン)
https://orf.sfc.keio.ac.jp/2017/

◇2017-11-23(Thu):
日本図書館研究会 四国ブロックセミナー「図書館現場における著作権法」(山本順一)
(於・高知県/高知市江ノ口コミュニティセンター)
http://www.nal-lib.jp/events/block/2017/shikoku.html

◇2017-11-24(Fri):
東京文化資源会議 公開シンポジウム「地域の記憶と記録を今に活かす-地域文化資源デジタルアーカイブの役割」
(於・東京都/東京大学ダイワユビキタス学術研究館)
http://tohbun.jp/blog/2017/10/23/post-1032/

◇2017-11-24(Fri):
立教大学司書課程 シンポジウム「図書館・文書館の国際動向 2017」
(於・東京都/立教大学 池袋キャンパス)
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/11/mknpps0000006z6t.html

◇2017-11-24(Fri)~2017-11-25(Sat):
人工知能学会 合同研究会2017
(於・東京都/慶應義塾大学 矢上キャンパス)
https://www.ai-gakkai.or.jp/sigconf/

◇2017-11-24(Fri)~2017-11-26(Sun):
サイエンスアゴラ2017「越境する」
(於・東京都/テレコムセンタービル)
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

◇2017-11-25(Sat):
情報メディア学会 第19回研究会
(於・三重県/皇學館大学)
http://www.jsims.jp/kenkyu-kai/yokoku/19.html

◇2017-11-25(Sat):
国立国語研究所 NINJAL共同研究発表会・シンポジウム 平成29年度シンポジウム「変体仮名のこれまでとこれから」セッション2「変体仮名の文字コード標準化」ほか
(於・東京都/国立国語研究所)
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/2017112…

◇2017-11-25(Sat):
大学図書館問題研究会東京地域グループ 2017/2018年度第1回例会「国立極地研究所、国文学研究資料館見学会」
(於・東京都/国立極地研究所 ほか)
http://www.daitoken.com/tokyo/event.html

◇2017-11-25(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2017年11月月例研究会「FRBR普及に向けたアイデア」(千葉孝一)
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201711

◇2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-28(Sun)~2017-12-01(Fri):
Internet Week 2017「向き合おう、“グローバル”インターネット」
(於・東京都/ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス)
https://www.nic.ad.jp/iw2017/

◇2017-11-29(Wed):
NDL Lab 2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」第1回「NDL×データ可視化」(矢崎裕一)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2017

◇2017-11-29(Wed):
デジタル文化財創出機構 シンポジウム「デジタル文化財の未来2017-デジタルと文化財の融合による新たな価値創出に向けて」
(於・東京都/六本木ヒルズ森タワー 六本木アカデミーヒルズ)
http://www.digital-heritage.or.jp/symposium8/

◇2017-11-30(Thu)~2017-12-01(Fri):
情報科学技術協会 第14回情報プロフェッショナルシンポジウム INFOPRO2017
(於・東京都/科学技術振興機構 東京本部別館 K’s 五番町)
http://www.infosta.or.jp/symposium-top/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2017-11-25(Sat):
第13回境港市読書活動推進大会 講演会「こんな図書館があったらいいな-未来をひらく図書館の可能性」(鎌倉幸子)
(於・鳥取県/中央公民館)

◇2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」(岡本真)
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)
(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

◇2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017 オープニングセッション「産学連携~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」(岡本真)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◇2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-11-13(Mon): 滞留案件を粛々と

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9131

図書館総合展とその後の出張中の滞留案件を粛々とこなす一日でした。こういう日がとれるのは大切です。

◆2017-11-14(Tue): 沖縄出張1日目-新沖縄県立図書館の会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9132

新沖縄県立図書館の会議で那覇へ。今日は会議参加者も多く、重要な確認事項も進み、いつも以上に実りある会議でした。

夜は那覇に泊。同行スタッフと差し飲み二次会をして、久しぶりにじっくりと話し込めたのも実りのあることでした。

◆2017-11-15(Wed): 沖縄出張2日目-久米島で講演会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9133

現在、設計が進められている久米島町の新しい複合型防災・地域交流拠点施設。地域情報化アドバイザーとして委嘱いただき、今日から3日間アドバイザーを務めます。

まず初日の今日は町民の方々向けの講演会。複合型防災・地域交流拠点施設が持つ可能性や開館に向けてこれから進めていく必要があることをお話ししました。町のみなさんの複合型防災・地域交流拠点施設への思いが高まってきたことを感じます。明日以降は会議です。

◆2017-11-16(Thu): 沖縄出張3日目-久米島で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9134

今日は午後から久米島町の各部署のみなさんと会議。各部署のみなさんからさまざまな質問が出され、それに一つひとつ答えつつ、みなさんで議論していきました。この一体感、小さな自治体だからこそできることを感じます。

◆2017-11-17(Fri): 沖縄出張4日目-豪雨にひやひやしつつ帰京

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9135

午前中に最後の会議を実施しました。この先の展開が楽しみです。さまざまな可能性に備えて比較的遅い便を予約していたのですが、昼過ぎからまさかの記録的豪雨となり、一部の飛行機には欠航が発生しました。結果、フライトスケジュールがずるずると遅延し、気がつけば那覇空港での乗継便に間に合わない事態に……。

結果的には航空会社間の連携プレーで次便に振り替えてくださり、ことなきを得ましたがドキドキした帰京でした。

◆2017-11-18(Sat): アイランダーとREADYFOR OF THE YEARに参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9136

島から帰ってきたばかりですが、島のイベントへ。

・全国の島々が集まる祭典 アイランダー2017
http://www.i-lander.com/

に参加しました。よく知っている島の方々、未踏の島の方々と交流し、お買い物もたんまりと。

午後は、

・READYFOR OF THE YEAR 2017
https://readyfor.jp/awards/oftheyear2017

へ。今回表彰される

・指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

のお供です。大交流会ではお名前とご活動は存じ上げていましたが、という方々にお目にかかれ嬉しい出会いが多くありました。とはいえ、さすがにお疲れなので早めに退散して休養。

◆2017-11-19(Sun): 千葉・茨城の図書館を見学

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9137

某所で一件、相談に乗り、その後、足を伸ばして千葉・茨城の図書館を見学。今週はなかなかにフル回転でした。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-668]2017年11月20日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

667号(2017-11-13、4345部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の667号(2017-11-13、4345部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -無事に閉幕。ご来場ありがとうございました!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -第19回図書館総合展1日目-首長フォーラムで司会
 -新県立中央図書館整備の検討に関する有識者会議に出席
 -関西オープンフォーラム(KOF2017)で「オープンガバメントとしてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」と題して講演
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171113095741000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-11-13発行   ‡No.667‡   4345部発行

   -第19回図書館総合展へのご来場ありがとうございました!-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -無事に閉幕。ご来場ありがとうございました!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -第19回図書館総合展1日目-首長フォーラムで司会
 -新県立中央図書館整備の検討に関する有識者会議に出席
 -関西オープンフォーラム(KOF2017)で「オープンガバメントとしてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」と題して講演
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【第19回図書館総合展 ARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
 無事に閉幕。ご来場ありがとうございました!】

2017年11月7日(火)~11日(木)の3日間、パシフィコ横浜で開催された第19回図書館総合展では、アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)のブースにお越しいただきましてありがとうございます。心から感謝申し上げます。

期間中、開催した9つのイベントには、毎回多くの方々にご参加いただきました。席が埋まり、立ち見になっても最後まで参加いただいた方も多数いらっしゃいました。また、ご多忙の中、イベントにご出演していただきましたみなさま、展示ブースを盛り上げてくれた恩納村文化情報センターのみなさま、本当にありがとうございます。

そして、食育移動カフェ“thanks milk”さんには、おいしいドリンクと焼き菓子を出していただきました。熱気に包まれた会場で、ほっと落ち着ける時間まで頂戴しました。

弊社は、10月1日(日)に、岡本真を唯一の株主・役員とする組織体から合計6名の役員による経営体制へと変更しました。今回は、法人体制変更後、初の図書館総合展でした。これからも、みなさんと「顔の見える」関係を築き、コミュニケーションを取りながら、「未来の図書館」づくりのお手伝いをさせていただきたいと考えています。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

第19回図書館総合展ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
▽コーポレートサイト
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/
▽第19回図書館総合展「旅するライブラリー、旅するカフェ」ご来場のお礼
http://arg-corp.jp/2017/11/10/libraryfair-39/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

富谷市民俗ギャラリーでは、富谷市出身の牧師で衆議院副議長を務めた内ヶ崎作三郎(1877~1947年)に関したミニ企画展「郷土の偉人 内ヶ崎作三郎」が開催されています。内ヶ崎作三郎は政治家としてだけではなく、教育者として、自由の拡張、社会問題の解決、理想社会の実現を目指していました。市民ワークショップやアイディアキャンプを開催したとき、最近、富谷市に引っ越してきた方々が「富谷市の歴史を学び、ここが故郷となる子どもたちに伝えたい」という声がありました。民俗ギャラリーには、富谷市の「宝」がたくさんあります。
将来、図書館ができた時に、民俗ギャラリーと連携をして、「もの」の展示もできるといいな、と思いました。(鎌倉)

・富谷市民俗ギャラリー
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/minzoku.html

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

第19回図書館総合展が無事終わりました。会期中、名取市図書館は宮城県の図書館特設ブースに出展し、館長はじめ3名が入れ替わり立ち替わりブースに立ち、来場のみなさまとのコミュニケーションに努めました。名取市の方々によれば、結構大勢の方々がお越しくださったようでなによりです。ご来場、本当にありがとうございました。(岡本)

・宮城県の図書館特設ブース
https://www.libraryfair.jp/booth/2017/6627
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

日帰り出張になることが多い須賀川ですが、今週はなんと3泊4日の長期滞在をします。そんなときの楽しみは、やっぱり地元のお店で土地のお酒と肴を楽しむこと。新町街道と石川街道の交差点にある焼き鳥屋「とり峰」は、ARG須賀川担当、皆のお気に入りです。看板メニューの「元祖とりもも揚げ」は、280円というお手頃価格でありながら大満足の食べ応え。今回も堪能しようとたくらみ中です。(野原)

・焼き鳥 とり峰(食べログ)
https://tabelog.com/fukushima/A0702/A070202/7001846/
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~ http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

図書館に来て、一人でじっくりと本を読むのもいいですが、みんなでわいわいと楽しめるボードゲームもいいですよね!板橋区立赤塚図書館では、11月18日(土)にボードゲームイベントを開催します。子どもからお年寄りまで誰でもわかるルールで楽しめるゲームが揃えられていますので、お近くの方はぜひ遊びにいってみてはいかがでしょう?(下吹越)

・Let’s ボードゲーム(板橋区立赤塚図書館)
https://www.facebook.com/lib.akatsuka/posts/1700565973309235

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

図書館総合展も終わり、気がつくと落ち葉の季節となってきました。この時期、智頭町の諏訪神社では黄金色のカーペットが一面に広がります。鎌倉時代、信州の諏訪大社の分霊を奉るために建てられた諏訪神社ですが、境内には数百本のカエデがあり、古くから紅葉の名勝地として地元や紅葉好きのみなさんに愛されています。風景として壮観なのは写真からもある程度は想像できますが、実際に黄金色の落ち葉の上を歩くとふわふわで本物のカーペットの上を歩いているような感触が味わえるようです。紅葉の見ごろは11月下旬とのこと。
黄金色のカーペットを体験できるこの機会に、ぜひみなさんも智頭町を訪れてみてはいかがでしょうか。(李)

・黄金のカーペットが広がる智頭諏訪神社で鳥取の紅葉を堪能(ORICON NEWS)
https://www.oricon.co.jp/article/336679/
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

図書館総合展での西ノ島町イベントにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!おかげさまで立ち見続出の盛況となりました。当日は町民の方にも参加していただき、町にとって初めてできる図書館への期待と思いを語っていただきました。また今週には現地会議もありますので、気を引き締めて取り組んでいきたいと思います!(下吹越)

・西ノ島町コミュニティ図書館Facebook
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

第19回図書館総合展のARGブースで“そらまめの会”の下吹越かおるさんと岡野久子さんによる「“指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト”報告&大感謝会」を開催しました。クラウドファンディングの実行中の苦労や嬉しかったこと、そして今後の計画についてしっかりとお話をいただきました。支援は、待っているだけでは集まりません。下吹越さんが積極的に外に出て、たくさんの方に呼びかけたからこそ、支援が寄せられました。
そして、岡野さんが縁の下の力持ちとして事務処理作業をしたからこそ、支援者も安心して支援を託せたのでしょう。攻めと守りのバランスが、クラウドファンディングの達成には必要だと改めて感じました。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-11-13(Mon):
アート・ドキュメンテーション学会 美術館図書室SIG(ミュージアムライブラリーの会)「ミュージアムのための著作権セミナー」(南亮一)
(於・東京都/東京国立博物館 黒田記念館)
http://d.hatena.ne.jp/JADS/20171028/1509152638

◇2017-11-14(Tue)~2017-11-15(Wed):
平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座(講義)
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html

◇2017-11-17(Fri):
シンポジウム「情報管理専門職をめぐる民間企業と大学・学界」
(於・福岡県/九州大学附属図書館)
http://lss.ifs.kyushu-u.ac.jp/?p=1131

◇2017-11-18(Sat):
観光情報学会 第16回研究発表会
(於・鳥取県/鳥取大学 鳥取キャンパス)
http://www.sti-jpn.org/event/713

◇2017-11-18(Sat):
セミナー「大学における映像アーカイブ活用と新たな展開~大学と放送ライブラリーによる取組の報告」
(於・東京都/上智大学 四谷キャンパス)
https://www.bpcj.or.jp/event/blog/2017/10/post20171014.html

◇2017-11-18(Sat):
東京学芸大学 国際シンポジウム「師範学校アーカイブズの現状と課題-20世紀東アジアの教育と向き合う」
(於・東京都/東京学芸大学)
http://www.u-gakugei.ac.jp/news/2017/09/post-300.html

◇2017-11-18(Sat):
福岡共同公文書館 開館5周年記念講演会・シンポジウム「アーカイブズが築く未来-共同公文書館のチャレンジ」
(於・福岡県/福岡共同公文書館)
http://kobunsyokan.pref.fukuoka.lg.jp/news.php?no=251

◇2017-11-18(Sat)~2017-11-19(Sun):
日本図書館研究会 第12回 国際図書館学セミナー「国際的視点で図書館・図書館サービスを考える:日本・中国・北欧・アメリカの実践・思想・課題」
(於・京都府/同志社大学 烏丸キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2017/kokusai-invit.html

◇2017-11-19(Sun):
JADS アート・ドキュメンテーション学会 第10回秋季研究発表会
(於・東京都/印刷博物館)
http://www.jads.org/news/2017/20171119.html

◇2017-11-20(Mon):
専門図書館協議会 関東地区イブニングセミナー「専門図書館員のための法情報の調べ方 No.2:法令の基礎と調べ方、リサーチ実習」(鈴木敦)
(於・東京都/中央区立ハイテクセンター 京華スクエア)
http://www.jsla.or.jp/evening-seminar-h291120/

◇2017-11-21(Tue):
シンポジウム「大学におけるオープンサイエンス」
(於・茨城県/筑波大学 筑波キャンパス)
http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201710311644.html

◇2017-11-22(Wed)~2017-11-23(Thu):
慶應義塾大学 SFC OPEN RESEARC FORUM 2017(ORF2017)「Lab is the MESSAGE-実験する精神」
(於・東京都/東京ミッドタウン)
https://orf.sfc.keio.ac.jp/2017/

◇2017-11-24(Fri):
東京文化資源会議 公開シンポジウム「地域の記憶と記録を今に活かす-地域文化資源デジタルアーカイブの役割」
(於・東京都/東京大学ダイワユビキタス学術研究館)
http://tohbun.jp/blog/2017/10/23/post-1032/

◇2017-11-24(Fri):
立教大学司書課程 シンポジウム「図書館・文書館の国際動向 2017」
(於・東京都/立教大学 池袋キャンパス)
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/11/mknpps0000006z6t.html

◇2017-11-24(Fri)~2017-11-25(Sat):
人工知能学会 合同研究会2017
(於・東京都/慶應義塾大学 矢上キャンパス)
https://www.ai-gakkai.or.jp/sigconf/

◇2017-11-24(Fri)~2017-11-26(Sun):
サイエンスアゴラ2017「越境する」
(於・東京都/テレコムセンタービル)
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

◇2017-11-25(Sat):
情報メディア学会 第19回研究会
(於・三重県/皇學館大学)
http://www.jsims.jp/kenkyu-kai/yokoku/19.html

◇2017-11-25(Sat):
国立国語研究所 NINJAL共同研究発表会・シンポジウム 平成29年度シンポジウム「変体仮名のこれまでとこれから」セッション2「変体仮名の文字コード標準化」ほか
(於・東京都/国立国語研究所)
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/2017112…

◇2017-11-25(Sat):
大学図書館問題研究会東京地域グループ 2017/2018年度第1回例会「国立極地研究所、国文学研究資料館見学会」
(於・東京都/国立極地研究所 ほか)
http://www.daitoken.com/tokyo/event.html

◇2017-11-25(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2017年11月月例研究会「FRBR普及に向けたアイデア」(千葉孝一)
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201711

◇2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-28(Sun)~2017-12-01(Fri):
Internet Week 2017「向き合おう、“グローバル”インターネット」
(於・東京都/ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス)
https://www.nic.ad.jp/iw2017/

◇2017-11-29(Wed):
NDL Lab 2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」第1回「NDL×データ可視化」(矢崎裕一)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2017

◇2017-11-29(Wed):
デジタル文化財創出機構 シンポジウム「デジタル文化財の未来2017-デジタルと文化財の融合による新たな価値創出に向けて」
(於・東京都/六本木ヒルズ森タワー 六本木アカデミーヒルズ)
http://www.digital-heritage.or.jp/symposium8/

◇2017-11-30(Thu)~2017-12-01(Fri):
情報科学技術協会 第14回情報プロフェッショナルシンポジウム INFOPRO2017
(於・東京都/科学技術振興機構 東京本部別館 K’s 五番町)
http://www.infosta.or.jp/symposium-top/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2017-11-20(Mon):
同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」(岡本真)
(於・京都府/今出川キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2593.html

◇2017-11-25(Sat):
第13回境港市読書活動推進大会 講演会「こんな図書館があったらいいな-未来をひらく図書館の可能性」(鎌倉幸子)
(於・鳥取県/中央公民館)

◇2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」(岡本真)
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)
(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

◇2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017 オープニングセッション「産学連携~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」(岡本真)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◇2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-11-06(Mon): 図書館総合展の設営

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9123

明日からはいよいよ、

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

です。ということで本日は会場となるパシフィコ横浜で設営の一日。今週はほぼほぼ図書館総合展に費やします。とはいえ、仕事先とのあれこれもあり、本当は二面展開できなくてはいけないわけで、このへんは来年の課題ですね。

◆2017-11-07(Tue): 第19回図書館総合展1日目-首長フォーラムで司会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9124

無事開会。

そして今年も担当の

・第6回首長フォーラム「瀬戸内市の図書館政策-開館1周年を経ての回顧と展望」
https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5883

で司会をしました。瀬戸内市の武久顕也市長は2012年の

・首長が語る地方行政の現状と図書館への期待-名取市、小布施町、瀬戸内市の取り組みに学ぶ
https://www.libraryfair.jp/news/3505

以来、5年ぶりの登場です。

・瀬戸内市民図書館もみわ広場
https://lib.city.setouchi.lg.jp/

にフィーチャーしたこのフォーラム、大入りでなによりでした。そしてなんと言っても、館長である嶋田学さんや、設計者である香山壽夫さんのお話もよかったですが、武久市長の情感だけでない論理的な政策展開の説明が聴衆のみなさんにとっては印象的だったのではないでしょうか。

盛り上がったフォーラムの後は、

・ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

でお客様の対応。なじみのお顔や久しぶりのお顔との再会や、新たにお目にかかる方々との挨拶から話し込みと充実の初日でした。

◆2017-11-08(Wed): 第19回図書館総合展2日目-Library of the Year 2017最終選考会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9125

2日目。まず冒頭は自社のブースイベントです。

・ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

「地域を編み直す~公民連携、イノベーション、エリアマネジメント~」をテーマに、清水義次さん(株式会社アフタヌーンソサエティ、一般社団法人公民連携事業機構)と三浦丈典さん(設計事務所スターパイロッツ)を招き、語らいました。

清水さんの熱い語りと三浦さんの実直な実践が相まって、想定をはるかに超える内容でした。もちろん来場者の方々にお楽しみいただくのが大切なわけですが、実は企画・運営する弊社のスタッフにとっていちばんのまなびの時間になったように思います。

さて、本日の自社ブース以外のお役目は、

・Library of the Year 2017
https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5928

の最終選考会の審査員です。審査員の顔ぶれも多彩な形であり、従来に比べれば審査に時間がとれたようには思います。とはいえ、最終的には、

・瀬戸内市民図書館もみわ広場
https://lib.city.setouchi.lg.jp/

が会場の来場者投票によるオーディエンス賞と審査員票による大賞を受賞となり、なによりでした。なお、大賞と優秀賞に差があるわけではありません。優秀賞の大阪市立中央図書館、ウィキペディアタウン(各地でウィキペディアタウンを企画実施したみなさんとこれをサポートしたウィキペディアンのみなさん)には胸を張ってほしいと思います。

また、ライブラリアンシップ賞に輝いた国立国会図書館レファレンス協同データベース事業とその参加館および協力者と神奈川県資料室研究会(神資研)、本当におめでとうございます。こちらの賞は長年の積み上げなくしては受賞が難しいだけに、大賞や優秀賞とはまた違う大きな意味があると思っています。

しかし、イベントそのものの運営はまだまだ課題があるとも痛感しました。私自身、手弁当での関わりなので、これ以上、自分の時間をこの活動にあてるのはかなり厳しいものがあるのですが、運営のあり方の改善については数多くの課題を感じた催しでもありました。

◆2017-11-09(Thu): 第19回図書館総合展3日目-終日、ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」を展開

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9126

図書館総合展も最終日。準備に要した時間の割に、始まってしまうと終わるまでは一瞬です。

本日は、

・ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

にて終日対応。合間合間に訪れてくれた知人友人をその方々のビジネス展開に役立ちそうな事業者とつなぐ役目にも専念しました。

ともあれ、無事終了し、運営委員の一人としても出展者の立場としても安堵しています。

◆2017-11-10(Fri): 新県立中央図書館整備の検討に関する有識者会議に出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9127

休む間もないですが、午後からは昨年度に引き続き発足した新県立中央図書館整備の検討に関する有識者会議の委員委嘱を受け、今年度第1回となる会に出席しました。

・静岡県-新県立中央図書館整備の検討に関する有識者会議の開催について
http://www2.pref.shizuoka.jp/all/kisha17.nsf/c3db48f94231df2e49257147000…

昨年度までと一変し、既存施設のひび割れ問題を受けて全面建て替えという結論になっているだけにメディアの関心も高く、静岡県内の新聞社やテレビ局が軒並み取材に来ていたようです。

・「移転の静岡県立中央図書館 有識者会議「役割維持」を確認」(静岡新聞、2017-11-11)
http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/425614.html

◆2017-11-11(Sat): 関西オープンフォーラム(KOF2017)で「オープンガバメントとしてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」と題して講演

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9128

昨日は静岡で一泊し、朝から大阪へ。昨日から開催されている

・関西オープンフォーラム(KOF2017)
https://k-of.jp/2017/

で、

・Gov 2.0としてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ(改題後:オープンガバメントとしてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ)
https://k-of.jp/2017/session/1025

として講演しました。話した内容は一貫して変わりません。オープンデータは重要ですが、それはあくまでオープンガバメントのためであり、オープンガバメントの原則を常に振り返りながら、オープンデータを進めていきましょう。そのうえでオープンデータ政策においては、一般に関心を引きやすい文化資源を尊重しましょうという趣旨です。

この日はもうお疲れなのでまっすぐ帰京。

◆2017-11-12(Sun): 終日休養

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9129

ぐったりぐっすり。明日からまた頑張ります。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-667]2017年11月13日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

666号(2017-11-06、4344部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の666号(2017-11-06、4344部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -明日開幕!第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -法人体制変更後、初の図書館総合展!!ARGブースにご期待ください!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -第5回須賀川市市民交流センター管理運営協議会に参加
 -富谷市でフィールドワーク
 -図書館総合展展示ブースのための梱包と出荷
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171106083354000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-11-06発行   ‡No.666‡   4344部発行

  -いよいよ明日から開催!第19回図書館総合展にお越しください-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -明日開幕!第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -法人体制変更後、初の図書館総合展!!ARGブースにご期待ください!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -第5回須賀川市市民交流センター管理運営協議会に参加
 -富谷市でフィールドワーク
 -図書館総合展展示ブースのための梱包と出荷
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【第19回図書館総合展 ARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
 法人体制変更後、初の図書館総合展!!ARGブースにご期待ください】

10月1日(日)に、岡本真を唯一の株主・役員とする組織体から合計6名の役員による経営体制へと変更しました。

法人体制変更後、初の図書館総合展となります。

先週、新役員全員の新しい名刺が届きました。ぜひ、みなさんとご挨拶と、あらためて名刺交換をさせてください。

3日間、充実のブースプログラムも用意して、ご来場を心よりお待ち申し上げております。

【ブース内プログラム】

■11月7日(火)
<10:30~11:30>
「旅するARGカフェ」
ARGのスタッフがラジオ番組風にコーヒー片手にカジュアルなフリートークを行います。
スピーカー:
・野原海明(ARG)
・鎌倉幸子(ARG)
・下吹越香菜(ARG)
・岡崎有彩(ARG)

<13:30~14:30>
「研究室」100連発
ゲスト:
・高久雅生(筑波大学図書館情報メディア研究科)
ファシリテーター:
・岡崎有彩(ARG)

<15:00~16:00>
「島に図書館をつくること~島前3島の図書館づくり~」
ゲスト:
・大久保昌宏(NPO法人離島経済新聞社)
・真野理佳(西ノ島町中央公民館図書)
ファシリテーター:
・下吹越香菜(ARG)
・李明喜(ARG)

■11月8日(水)
<10:30~12:00>
「地域を編み直す~公民連携、イノベーション、エリアマネジメント~」
ゲスト:
・清水義次(株式会社アフタヌーンソサエティ、一般社団法人公民連携事業機構)
・三浦丈典(設計事務所スターパイロッツ)
ファシリテーター:
・岡本真(ARG)
・李明喜(ARG)

<13:30~14:30>
「LRG第19号連動企画:指定管理者制度の課題と可能性を開く」
ゲスト:
・谷一文子(株式会社図書館流通センター(TRC))
・下吹越かおる(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
ファシリテーター:
・野原海明(ARG)
・鎌倉幸子(ARG)

<15:00~16:00>
・「“指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト”報告&大感謝会」
ゲスト:
・下吹越かおる(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
・岡野久子(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
ファシリテーター:
・鎌倉幸子(ARG)
・下吹越香菜(ARG)

■11月9日(木)
<10:30~11:30>
「レクチャー&ミニワークショップ ブックリストをつくろう!」
ゲスト:
・仲村星来(恩納村文化情報センター)
ファシリテーター:
・野原海明(ARG)

<13:30~14:30>
「レクチャー&ミニワークショップ 減災ラボ in 図書館総合展」
ゲスト:
・鈴木光(一般社団法人減災ラボ)
ファシリテーター:
・岡本真(ARG)
・鎌倉幸子(ARG)

<15:00~16:00>
「LRG20号連動企画:図書館のデザイン」
ゲスト:
・大谷薫子(モ・クシュラ株式会社)
・阿部太一(GOKIGEN)
ファシリテーター:
・李明喜(ARG)

【図書館づくり・まちづくり相談会!!当日受付しています】

例年好評な ARG の図書館づくり・まちづくり相談会を実施しています。

図書館等、公共施設の整備に携わった経験をもとに、皆さまの図書館にとっての最適な解を、 一緒に考えていきます。施設の整備を考えている自治体や大学の皆さま、この機会に ARG ブースにお立ち寄りください。

※公共・大学・専門図書館等の事業としての相談を優先します。

【「thanks milk」について】

今回ブースに登場する「thanks milk」は、横浜市出身で、動物好きが高じて農業高校に入り畜産を学んだ橋本恵美さんが、畜産の価値をきちんと伝えようと始めたカフェです。低音殺菌の牛乳、国産非加熱はちみつを使用したこだわりの優しいドリンクを販売します。コーヒーやミルク系のドリンク等を飲みながら、ブース内でのプログラムや展示をお楽しみください。

■thanks milkメニュー紹介
・オーガニック珈琲(ハンドドリップ)
・カフェオレ
・ハニーカフェオレ
・有機イチゴみるく
・はちみつジンジャーみるく
・季節のはちみつドリンク
・焼き菓子

ARGブースについての詳細はFacebookイベントページとコーポレートサイトをご覧ください。

第19回図書館総合展ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
▽コーポレートサイト
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

11月1日(水)に、富谷市でフィールド調査を行いました。富谷市に6館ある公民館図書室、公民館以外のサークル活動や世代間交流活動等のコミュニティ活動の場である西成田コミュニティセンターと大黒澤苑、民俗ギャラリーを回りました。改めて富谷市の歴史や、市民のみなさんのサークル活動について知ることができました。今回は、地元の方からおすすめのランチスポットとして“あったか・お箸ダイニング 熊谷 KUMAGAI“を教えていただき、そこでご飯をいただきました。
安くて、ボリュームもあって、とってもおいしいランチをいただき、ますます富谷市が好きになりました。(鎌倉)

・あったか・お箸ダイニング 熊谷 KUMAGAI(食べログ)
https://tabelog.com/miyagi/A0403/A040304/4013645/
・富谷市
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

くどいようですが、今週、明日11月7日(火)から第19回図書館総合展が始まります。前回もお知らせしましたように、名取市図書館は今年も宮城県の図書館特設ブースに出展します。館長以下職員数名が入れ替わりでブースに滞在予定です。どんな新図書館が生まれようとしているのか、その息吹を味わいにぜひお越しください。(岡本)

・宮城県の図書館特設ブース
https://www.libraryfair.jp/booth/2017/6627
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

開館に向けて建設が進む須賀川市市民交流センターですが、施設整備だけでなく管理運営も極力市民協働で実現していこうというプロジェクトです。そのための取り組みの一つとして、コスト等を考えながら開館日数や開館時間を議論する市民主体の管理運営協議会があります。10月31日(火)には第5回の管理運営協議会が開催されました。今回は建設真っ最中の現場の見学も行ったのですが、やはり実際に施設を見ると違いますね。委員のみなさんのテンションも大いに高まったようです。(岡本)

・須賀川市市民交流センター管理運営協議会
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/10652.htm
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

10月31日(火)板橋区立中央図書館にて今年度二回目となる区民懇談会が開催されました。この懇談会は新中央図書館の基本構想策定時から開催されており、計画の進捗に応じて機能面やサービス面について、議論を深めている場となります。今回は新中央図書館が掲げる「課題解決型図書館」についてさまざまな意見が交わされました。
例えば「課題というと大げさな感じがしてしまうので、質問や疑問と考えてはどうか」といったものや「レファレンスサービスが図書館にあることを知らない人も多いので、広報を工夫してはどうか」「レファレンスという言葉を使わず、調べ物お手伝いします!などの表現がよいのでは」など、これからの図書館サービスのあり方を考えるうえで大切な視点を指摘される声が多くありました。これらの意見をもとに、図書館側・設計側でそれぞれ反映させていきながら、ソフトとハードが一体となった図書館づくりを続けていきたいと思います。(下吹越)

・平成29年度第二回中央図書館区民懇談会
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/086/086303.html
・平成29年度第一回中央図書館区民懇談会次第(2017年8月18日)
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/077/attached/attach_77592_11…
・板橋区立図書館
https://www.lib.city.itabashi.tokyo.jp/

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

いよいよ図書館総合展ウィークですね。前回お伝えした通り、今年の図書館総合展フォーラムに、智頭町立智頭図書館館長補佐の前田美由紀さんが登場します!テーマは「市町村図書館と学校図書館の連携取組み」。市町村図書館と学校図書館は、地域の本の生態系という観点からも、分けて考えることはできなくなってきています。新智頭町立智頭図書館の整備プロセスにおいても、両者の連携は前提となっています。そうした智頭町での取り組みも聞くことができるこのフォーラムは、3日目11月9日(木)の15:30~17:00、第1会場での開催となります。(李)

・第19回図書館総合展フォーラムのご案内(図書館サービス向上委員会の情報公開サイト りぶしる)
https://libinfo.fjas.fujitsu.com/seminar/2017libraryfair.html
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

西ノ島町コミュニティ図書館の愛称投票が始まりました!西ノ島町出身のデザイナーさんが素敵なロゴと合わせた3つの愛称を考えてくれています。図書館の公式Facebookから見られますので、ぜひチェックしてください。また、来週の図書館総合展の初日11月7日(火)15:00〜16:00は、ARGブースにて西ノ島町イベントを開催します。「島に図書館をつくること~西ノ島町の図書館づくり~」をテーマにしたトークセッションを行います。
トークの目玉のひとつは、西ノ島町コミュニティ図書館特別コレクションとなる「離島コレクション」。離島情報がつながりあうプロジェクトの様子がいち早く聞けちゃいますよ。西ノ島町公民館図書室の真野理佳さんとNPO法人離島経済新聞社の大久保昌広さんとともに、楽しいトークが繰り広げられますので、ぜひARGブースにお越しくださーい!(下吹越)

・西ノ島町コミュニティ図書館愛称投票開始!(公式Facebook)
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/posts/1673684059349264
・NPO法人離島経済新聞社
http://ritokei.com/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

11月4日(土)に“そらまめの会”が指宿市の社会教育優良団体として表彰されました。10年間、指宿の人たちによりそって行なってきた活動が、地元で評価されたのはとても素晴らしいことです!!11月8日(水)の15:00~16:00、第19回図書館総合展のARGブースで“そらまめの会”の下吹越かおるさんと岡野久子さんによる「“指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト”報告&大感謝会」が開催されます。ぜひ「おめでとう」を伝えに来てください。お待ちしております。(鎌倉)

・そらまめの会が社会教育優良団体として表彰されました(そらまめの会Facebook)
https://www.facebook.com/soramame55/posts/709617692564929
・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◆2017-11-07(Tue)~2017-11-09(Thu):
第19回 図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/

◇2017-11-08(Wed)~2017-11-10(Fri):
2017 Japan IT Week 秋
(於・千葉県/幕張メッセ)
http://www.japan-it.jp/aki/

◇2017-11-09(Thu)~2017-11-10(Fri):
情報通信研究機構 NICT オープンハウス2017
(於・東京都/情報通信研究機構)
https://www.nict.go.jp/open-house2017/

◇2017-11-10(Fri):
情報処理学会 連続セミナー2017「イノベーション最前線-2020年を超えて生き抜くための技術を探る」
第5回「メディアアート」
(於・東京都/化学会館)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2017/program05.html

◇2017-11-10(Fri)~2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017「0×10周年 オープンソースとコミュニティを元気に!」
(於・大阪府/大阪南港ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/

◇2017-11-11(Sat):
図書館員のキャリア研究フォーラム 講演会「ライブラリアンと専門性-ラトガース大学の女性学研究支援」
(於・東京都/東京大学本郷キャンパス 工学部2号館)
http://www.jawe2011.jp/event/1699

◇2017-11-11(Sat)~2017-11-12(Sun):
情報ネットワーク法学会 第17回研究大会
(於・愛知県/名古屋大学 東山キャンパス)
http://www.in-law.jp/bn/2017/2017061502.html

◇2017-11-13(Mon):
アート・ドキュメンテーション学会 美術館図書室SIG(ミュージアムライブラリーの会)「ミュージアムのための著作権セミナー」(南亮一)
(於・東京都/東京国立博物館 黒田記念館)
http://d.hatena.ne.jp/JADS/20171028/1509152638

◇2017-11-14(Tue)~2017-11-15(Wed):
平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座(講義)
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html

◇2017-11-18(Sat):
観光情報学会 第16回研究発表会
(於・鳥取県/鳥取大学 鳥取キャンパス)
http://www.sti-jpn.org/event/713

◇2017-11-18(Sat):
セミナー「大学における映像アーカイブ活用と新たな展開~大学と放送ライブラリーによる取組の報告」
(於・東京都/上智大学 四谷キャンパス)
https://www.bpcj.or.jp/event/blog/2017/10/post20171014.html

◇2017-11-18(Sat):
東京学芸大学 国際シンポジウム「師範学校アーカイブズの現状と課題-20世紀東アジアの教育と向き合う」
(於・東京都/東京学芸大学)
http://www.u-gakugei.ac.jp/news/2017/09/post-300.html

◇2017-11-18(Sat)~2017-11-19(Mon):
日本図書館研究会 第12回 国際図書館学セミナー「国際的視点で図書館・図書館サービスを考える:日本・中国・北欧・アメリカの実践・思想・課題」
(於・京都府/同志社大学 烏丸キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2017/kokusai-invit.html

◇2017-11-22(Wed)~2017-11-23(Thu):
慶應義塾大学 SFC OPEN RESEARC FORUM 2017(ORF2017)「Lab is the MESSAGE-実験する精神」
(於・東京都/東京ミッドタウン)
https://orf.sfc.keio.ac.jp/2017/

◇2017-11-24(Fri):
東京文化資源会議 公開シンポジウム「地域の記憶と記録を今に活かす-地域文化資源デジタルアーカイブの役割」
(於・東京都/東京大学ダイワユビキタス学術研究館)
http://tohbun.jp/blog/2017/10/23/post-1032/

◇2017-11-24(Fri):
立教大学司書課程 シンポジウム「図書館・文書館の国際動向 2017」
(於・東京都/立教大学 池袋キャンパス)
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/11/mknpps0000006z6t.html

◇2017-11-25(Sat):
情報メディア学会 第19回研究会
(於・三重県/皇學館大学)
http://www.jsims.jp/kenkyu-kai/yokoku/19.html

◇2017-11-25(Sat):
国立国語研究所 NINJAL共同研究発表会・シンポジウム 平成29年度シンポジウム「変体仮名のこれまでとこれから」セッション2「変体仮名の文字コード標準化」ほか
(於・東京都/国立国語研究所)
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/2017112…

◇2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-29(Wed):
NDL Lab 2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」第1回「NDL×データ可視化」(矢崎裕一)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2017

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2017-11-07(Tue):
第6回首長フォーラム「瀬戸内市の図書館政策-開館1周年を経ての回顧と展望」(岡本真)
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5883

◆2017-11-08(Wed):
Library of the Year 2017(岡本真)
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5928

◇2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017(KOF2017)「Gov 2.0としてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」(岡本真)
(於・大阪府/大阪南港 ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/session/1025

◇2017-11-20(Mon):
同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」(岡本真)
(於・京都府/今出川キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2593.html

◆2017-11-25(Sat):
第13回境港市読書活動推進大会
講演会「こんな図書館があったらいいな-未来をひらく図書館の可能性」(鎌倉幸子)
(於・鳥取県/中央公民館)

◆2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」(岡本真)
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)
(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

◆2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017 オープニングセッション「産学連携~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」(岡本真)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◆2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-10-30(Mon): 都内で会議2本

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9115

明日から3泊4日の出張なので、その前に都内での会議を2本設定し、順調に終えました。1本については、後日詳細を明かせると思います。

◆2017-10-31(Tue): 第5回須賀川市市民交流センター管理運営協議会に参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9116

・須賀川市市民交流センター管理運営協議会
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/10652.htm

のアドバイザーを拝命しているので、本日が第5回の協議会に参加しました。今回の大きなポイントは建設が進む現地の見学会です。やはり、工事がこれだけ進んでくると、市民の方々の盛り上がりや期待の高まりを感じます。

・須賀川市 – (仮称)市民交流センター整備事業
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/5125.htm
・声のパレット-(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト
http://sukagawaodeko.jp/

◆2017-11-01(Wed): 富谷市でフィールドワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9117

富谷市での新図書館整備の仕事の関係で市内各所をフィールドワークして回りました。まなぶことが多いですね。この仕事も大詰めです。

◆2017-11-02(Thu): 須賀川市で意見交換会に参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9118

いささかお疲れなのと来週は、

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

で、癒しのために、

・飯坂温泉
http://www.iizaka.com/

でのんびり湯治してから再び須賀川へ。本日は市役所・事業者の双方が勢揃いする年に1回の意見交換会です。担当者間でのコミュニケーションは日々活発に行っていますが、こういった全員が集う場も欠かせません。市民交流センター整備事業も大詰めであるだけに、大事な意見交換の機会となりました。

・須賀川市 – (仮称)市民交流センター整備事業
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/5125.htm
・声のパレット-(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト
http://sukagawaodeko.jp/

◆2017-11-03(Fri): 帰京しデスクワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9119

来週がほとんど、

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

なので、先にできることいまのうちにということでデスクワークな半日。明日は出展の最終準備と搬出です。

◆2017-11-04(Sat): 図書館総合展展示ブースのための梱包と出荷

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9120

今日は朝から役員全員が集合し、月曜に設営、火曜から開催の

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

のためのブース用品の梱包と出荷に勤しみました。明日は全員基本的に休養し、明後日は設営です。

ちなみにこれまでの出展の軌跡は以下の通りです。

・2010年(第12回):ARG、Nota、しずくラボ共同ブース
http://archives.mag2.com/0000005669/20101115205656000.html
・2011年(第13回):データベース&テクノロジー共同出展ブース
http://2011.libraryfair.jp/node/103
・2012年(第14回):ARG共同ブース「未来の図書館とテクノロジー」
http://www.arg.ne.jp/node/7325
・2013年(第15回):ARGプロデュース「ライブラリーコミュニケーション」共同ブース
https://www.facebook.com/events/1404251506474918/
・2014年(第16回):〈学び×コミュニケーション〉ARG共同ブース
http://arg-corp.jp/2014/11/05/libraryfair-22/
・2015年(第17回):ARGスタジオ「未来の図書館、はじめませんか?」
http://arg-corp.jp/2014/11/10/libraryfair-21/
・2016年(第18回):ARGオープンオフィス「未来の図書館をつくる場所」
https://www.facebook.com/events/861054220662945/
・2017年(第19回):ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

思えば遠くに来たものだという感じです。

◆2017-11-05(Sun): 休養の一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9121

明日からの

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

設営と出展そのものに備えて本日は全員基本的には休養の一日。

・ドリーム/Hidden Figures
http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/

を鑑賞しました。この映画、邦題をめぐって一部で喧々諤々の議論があったのですが、作品自体は秀作の一言に尽きます。

「働き方改革」なる言葉が叫ばれていますが、ぜひ多くの働く方々に鑑賞していただければと思います。人種や男女の差別が働くということにおいて、まったくいかなる意味も持たないことを痛感します。もちろん、生きていくということにおいてもですが。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-666]2017年11月06日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

665号(2017-10-30、4348部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の665号(2017-10-30、4348部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -今年開催するプログラムを一挙公開
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -定住自立圏構想と図書館
 -図書館総合展運営委員会に出席
 -財務を考える一日
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171030175148000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-10-30発行   ‡No.665‡   4348部発行

     -第19回図書館総合展ARGブースの全プログラムを公開-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -今年開催するプログラムを一挙公開
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -定住自立圏構想と図書館
 -図書館総合展運営委員会に出席
 -財務を考える一日
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【第19回図書館総合展 ARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
 今年開催するプログラムを一挙公開】

図書館総合展まであとわずかとなりました。

ARGのブースの番号は「7」です。昨年は会場の一番奥でしたが、今年は入り口に近い場所になりました。
また、ブース内にある「thanks milk」のかわいい移動カフェが目印となっています。

ARGの図書館づくり、まちづくりは、 新しい世界へ踏み出す<旅>であるともいえます。そんな図書館をめぐる<旅>をみなさんにも体感していただけるプログラムを企画しました。3日間、どうぞお楽しみください。

「図書館づくり・まちづくり相談会」ですが、すでにほとんどの枠が埋まり、残り「4枠」となっています。施設の整備を考えている自治体や大学のみなさま、この機会をぜひご活用ください。この4枠の時間帯は都合があわないけれども相談を希望される方は、どうぞメールでお問い合わせください。
info@arg-corp.jp (担当:鎌倉)

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

【ブース内プログラム】

■11月7日(火)
<10:30~11:30>
「旅するARGカフェ」
ARGのスタッフがラジオ番組風にコーヒー片手にカジュアルなフリートークを行います。
スピーカー:
・野原海明(ARG)
・鎌倉幸子(ARG)
・下吹越香菜(ARG)
・岡崎有彩(ARG)

<13:30~14:30>
「研究室」100連発
ゲスト:
・高久雅生(筑波大学図書館情報メディア研究科)
ファシリテーター:
・岡崎有彩(ARG)

<15:00~16:00>
「島に図書館をつくること~島前3島の図書館づくり~」
ゲスト:
・大久保昌宏(NPO法人離島経済新聞社)
・真野理佳(西ノ島町中央公民館図書)
ファシリテーター:
・下吹越香菜(ARG)
・李明喜(ARG)

■11月8日(水)
<10:30~12:00>
「地域を編み直す~公民連携、イノベーション、エリアマネジメント~」
ゲスト:
・清水義次(株式会社アフタヌーンソサエティ、一般社団法人公民連携事業機構)
・三浦丈典(設計事務所スターパイロッツ)
ファシリテーター:
・岡本真(ARG)
・李明喜(ARG)

<13:30~14:30>
「LRG第19号連動企画:指定管理者制度の課題と可能性を開く」
ゲスト:
・谷一文子(株式会社図書館流通センター(TRC))
・下吹越かおる(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
ファシリテーター:
・野原海明(ARG)
・鎌倉幸子(ARG)

<15:00~16:00>
・「“指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト”報告&大感謝会」
ゲスト:
・下吹越かおる(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
・岡野久子(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)
ファシリテーター:
・鎌倉幸子(ARG)
・下吹越香菜(ARG)

■11月9日(木)
<10:30~11:30>
「レクチャー&ミニワークショップ ブックリストをつくろう!」
ゲスト:
・仲村星来(恩納村文化情報センター)
ファシリテーター:
・野原海明(ARG)

<13:30~14:30>
「レクチャー&ミニワークショップ 減災ラボ in 図書館総合展」
ゲスト:
・鈴木光(一般社団法人減災ラボ)
ファシリテーター:
・岡本真(ARG)
・鎌倉幸子(ARG)

<15:00~16:00>
「LRG20号連動企画:図書館のデザイン」
ゲスト:
・大谷薫子(モ・クシュラ株式会社)
・阿部太一(GOKIGEN)
ファシリテーター:
・李明喜(ARG)

【図書館づくり・まちづくり相談会開催】

例年好評なARGの図書館づくり・まちづくり相談会も実施します。こちらはすでに申込受付を開始していますので、ご検討の方はお早めにお申し込みください。

図書館など、公共施設の整備に携わった経験をもとに、みなさまの図書館にとっての最適な解を一緒に考えていきます。

施設の整備を考えている自治体や大学のみなさま、この機会をぜひご活用ください。
※要事前予約。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※無料です。

○場所:弊社のブースにて
○日時:以下の枠のいずれかをお選びください。
■11月7日(火)
・12:00~12:30

■11月9日(木)
・12:00~12:30
・16:30~17:00
・17:00~17:30

・上記の時間以外でご希望の時間帯(要調整)
※応募者多数の場合は抽選となります。
○お申込み:
・ご所属
・担当者氏名
・連絡先(電話番号、メールアドレス)
・希望時間
・相談の概要、を明記の上、下記のメールアドレスへお送りください。
info@arg-corp.jp (担当:鎌倉)

【「thanks milk」について】

今回ブースに登場する「thanks milk」は、横浜市出身で、動物好きが高じて農業高校に入り畜産を学んだ橋本恵美さんが、畜産の価値をきちんと伝えようと始めたカフェです。低音殺菌の牛乳、国産非加熱はちみつを使用したこだわりの優しいドリンクを販売します。コーヒーやミルク系のドリンク等を飲みながら、ブース内でのプログラムや展示をお楽しみください。

■thanks milkメニュー紹介
・オーガニック珈琲(ハンドドリップ)
・カフェオレ
・ハニーカフェオレ
・有機イチゴみるく
・はちみつジンジャーみるく
・季節のはちみつドリンク
・焼き菓子

【持ち込み企画開催予定】

弊社が企画したプログラムの他に、3本の持ち込み企画が行われます。ぜひご参加ください。

11月7日(火)
<17:30~18:00>
「第15回市民メディア全国交流集会(湘南ひらつかメディアフェス)について」
水島久光(東海大学文学部広報メディア学科)

11月8日(水)
<14:35~14:55>
「発案者に聞いちゃうビブリオバトルのツボ」
谷口忠大(立命館大学情報理工学部、ビブリオバトル発案者)

11月9日(木)
<16:05~16:25>
「ウィキペディアタウンショートレクチャー」
海獺(ウィキペディアン)

ARGブースについての詳細はFacebookイベントページとコーポレートサイトをご覧ください。

第19回図書館総合展ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
▽コーポレートサイト
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

スイーツのまち富谷市で、10月28日(土)と29日(日)の2日間とみや国際スイーツ博覧会が開催されました。あいにくの雨模様でしたが、多くの人で賑わったようです。奥州街道の宿場町である富谷市には100年続く老舗の和菓子屋から、オシャレなカフェを併設したケーキ屋まであります。それらのお店が一堂に集まることで、自分が住んでいる地域にあるお店以外にも、足を運ぶきっかけになるでしょう。11月1日(水)は富谷市でフィールド調査を行いますが、3時のおやつの場所を決めなければ!!(鎌倉)

・とみや国際スイーツ博覧会(富谷市)
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/site/tomiya-sweets-expo/
・富谷市
http://www.tomiya-city.miyagi.jp/

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

東北では今年、陸前高田市で図書館が復活しました。名取市もいち早く完全復活を遂げたいところですが、新館工事はまだ続きます。しかし、いままさに新館整備真っ最中の名取市図書館に第19回図書館総合展で出会えます。なぜなら毎年設けられている宮城県の図書館特設ブースに、今年も名取市図書館は出展するからです。ブース番号はC-1。館長はじめ、名取市図書館のスタッフも連日入れ替わりで登場する予定と聞いています。
図書館総合展にお越しになった際はぜひ「C-1 宮城県の図書館特設ブース」にお出かけください(ちなみに宮城県図書館と今夏オープンした大崎市立図書館の展示もあります)。

・宮城県の図書館特設ブース
https://www.libraryfair.jp/booth/2017/6627
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

11月11日(土)に開催される須賀川の名物「松明(たいまつ)あかし」。壮大なこの祭には悲しい由来があります。祭の起源とされる420年前は、豊臣秀吉が全国統一に向けて勢力を増していた戦国時代。このころ須賀川を治めていたのは、十八代城主・二階堂盛義の亡き後を継いだ女城主・大乗院でした。伊達政宗の叔母にあたる大乗院でしたが、会津芦名家を滅ぼしてまで、勢力を拡大しようとする正宗を快くは思っていませんでした。伊達家へ和睦するよう求めてきた正宗に対し、憤った家臣や町民は、十月十日の夜、松明を手に現在の十日山に集います。
伊達家から須賀川城を守ることを決意した二階堂家でしたが、激戦の果てに敗れ、多くの兵が戦死しました。松明あかしは、この戦でなくなった霊を弔うための鎮魂の祭です。血に濡れた悲しい歴史が420年の時を経て、人々の心に火をともす祭となり、須賀川の誇りとして引き継がれています。(野原)

・松明あかしの由来(須賀川市)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/2727.htm
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~ http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

10月24日(火)常盤台地域センターにて区民意見交換会が開催されました。30名を超える区民のみなさんが集まり、区や受託事業者からの報告のあと「“緑と文化”を象徴する図書館」について、ワークショップ形式で意見を出し合いました。区民の憩いの場である平和公園は図書館ができることでどのように変化していけるのか。たくさん出た区民の方のアイデアや意見を参考にしながら、引き続き、議論を深めていきたいと思います。
板橋区のみなさんも今回の図書館総合展にいらっしゃるとのこと。現在図書館づくりが進行しているみなさんも、これから計画を作っていくみなさんも、ぜひ一度、図書館総合展へお越しください!さまざなフォーラムやイベント、各企業ブースなどで得られるヒントがあるかもしれません。また、ARGブースにもお立ち寄りいただき、なんでも気軽にご相談ください!(下吹越)

・魅力ある中央図書館の建設に向けた区民との意見交換会(区民説明会)について
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/078/078824.html
・図書館総合展ARGブースのお知らせ
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

気がつけばもう11月、図書館総合展が近づいてきました。今年の図書館総合展フォーラムに、智頭町立智頭図書館館長補佐の前田美由紀さんが登場します!「市町村図書館と学校図書館の連携取組み」をテーマに、市町村図書館と学校図書館の連携や教育委員会とのかかわりにつての取り組みが紹介されるそうです。図書館サービス向上委員会委員長の山崎博樹さんをコーディネーターに、塩尻市立図書館の青山志織さん、新潟市立中央図書館の村山裕子さんらも出演されるこのフォーラムは、3日目11月9日(木)の15:30~17:00、第1会場で開催されます。
もしかするとフォーラムの中で、新智頭町立智頭図書館の整備についても前田さんがふれるかもしれません。(李)

・第19回図書館総合展フォーラムのご案内(図書館サービス向上委員会の情報公開サイト りぶしる)
https://libinfo.fjas.fujitsu.com/seminar/2017libraryfair.html
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

図書館総合展期間中の11月7日(火)15:00~16:00は、ARGブースにて西ノ島町プロジェクトのイベントを開催します!テーマは「島に図書館をつくること~島前3島の図書館づくり~島に図書館を~」。ゲストには、西ノ島町中央公民館図書室の真野理佳さんとNPO法人離島経済新聞社の大久保昌宏さんをお招きします。西ノ島町での図書館づくりの様子だけではなく、日本のさまざまな離島でのコミュニティづくりのお話しがうかがえる貴重な機会です。ぜひARGブースに足をお運びくださーい!(下吹越)

・西ノ島町コミュニティ図書館Facebook
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/
・NPO法人離島経済新聞社
http://ritokei.com/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

図書館をテーマとしたクラウドファンディングの支援金額で日本一となった「指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト」の“今“をお伝えするフォーラムを図書館総合展で開催します。11月8日(水)の15:00~16:00、“そらまめの会“の下吹越かおるさんと岡野久子さんから、苦労話から、達成のためにやったこと、そして現状についてうかがいます。
ファシリテーターは今回のプロジェクトの担当をした鎌倉と、下吹越かおるさんの娘で弊社プロジェクトマネージャーの下吹越香菜が務めます。親子対決が見られるかもしれません。どうぞご参加ください。また下吹越かおるさんは、この前のプログラムである「LRG第19号連動企画:指定管理者制度の課題と可能性を開く」で株式会社図書館流通センター(TRC)の会長・谷一文子さんと一緒に登壇します。こちらもお見逃しなく。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-10-31(Tue):
横浜市政策局オープンイノベーション推進本部 フォーラム「これからのデータ活用を考える」
(於・神奈川県/横浜市情報文化センター)
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/oisuishin/

◇2017-10-31(Tue):
横浜オープンデータソリューション発展委員会「YOKOHAMA YOUTH Ups!2017-2018キックオフ-公民の多様なつながりで創る横浜のオープンイノベーション」
(於・神奈川県/横浜市情報文化センター)
http://yokohamaopendata.jp/2017/10/24/yokohama-youth-ups2017-2018/

◇2017-11-04(Sat)~2017-11-05(Sun):
第65回日本図書館情報学会研究大会
(於・愛知県/椙山女学園大学 星が丘キャンパス)
http://www.jslis.jp/conference/2017Autumn.html

◇2017-11-06(Mon):
ジャパンリンクセンター 研究データ利活用協議会「『デジタルアーカイブ』と『研究データ』の出会いシンポジウム-データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html

◆2017-11-07(Tue)~2017-11-09(Thu):
第19回 図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/

◇2017-11-08(Wed)~2017-11-10(Fri):
2017 Japan IT Week 秋
(於・千葉県/幕張メッセ)
http://www.japan-it.jp/aki/

◇2017-11-09(Thu)~2017-11-10(Fri):
情報通信研究機構 NICT オープンハウス2017
(於・東京都/情報通信研究機構)
https://www.nict.go.jp/open-house2017/

◇2017-11-10(Fri):
情報処理学会 連続セミナー2017「イノベーション最前線-2020年を超えて生き抜くための技術を探る」
第5回「メディアアート」
(於・東京都/化学会館)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2017/program05.html

◇2017-11-10(Fri)~2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017「0×10周年 オープンソースとコミュニティを元気に!」
(於・大阪府/大阪南港ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/

◇2017-11-11(Sat):
図書館員のキャリア研究フォーラム 講演会「ライブラリアンと専門性-ラトガース大学の女性学研究支援」
(於・東京都/東京大学本郷キャンパス 工学部2号館)
http://www.jawe2011.jp/event/1699

◇2017-11-11(Sat)~2017-11-12(Sun):
情報ネットワーク法学会 第17回研究大会
(於・愛知県/名古屋大学 東山キャンパス)
http://www.in-law.jp/bn/2017/2017061502.html

◇2017-11-14(Tue)~2017-11-15(Wed):
平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座(講義)
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html

◇2017-11-18(Sat):
観光情報学会 第16回研究発表会
(於・鳥取県/鳥取大学 鳥取キャンパス)
http://www.sti-jpn.org/event/713

◇2017-11-18(Sat):
セミナー「大学における映像アーカイブ活用と新たな展開~大学と放送ライブラリーによる取組の報告」
(於・東京都/上智大学 四谷キャンパス)
https://www.bpcj.or.jp/event/blog/2017/10/post20171014.html

◇2017-11-18(Sat):
東京学芸大学 国際シンポジウム「師範学校アーカイブズの現状と課題-20世紀東アジアの教育と向き合う」
(於・東京都/東京学芸大学)
http://www.u-gakugei.ac.jp/news/2017/09/post-300.html

◇2017-11-18(Sat)~2017-11-19(Mon):
日本図書館研究会 第12回 国際図書館学セミナー「国際的視点で図書館・図書館サービスを考える:日本・中国・北欧・アメリカの実践・思想・課題」
(於・京都府/同志社大学 烏丸キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2017/kokusai-invit.html

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2017-11-07(Tue):
第6回首長フォーラム「瀬戸内市の図書館政策-開館1周年を経ての回顧と展望」(岡本真)
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5883

◆2017-11-08(Wed):
Library of the Year 2017(岡本真)
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5928

◇2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017(KOF2017)「Gov 2.0としてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」(岡本真)
(於・大阪府/大阪南港 ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/session/1025

◇2017-11-20(Mon):
同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」(岡本真)
(於・京都府/今出川キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2593.html

◆2017-11-25(Sat):
第13回境港市読書活動推進大会
講演会「こんな図書館があったらいいな-未来をひらく図書館の可能性」(鎌倉幸子)
(於・鳥取県/中央公民館)

◆2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」(岡本真)
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)
(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

◆2017-12-04(Mon):
国立情報学研究所 情報学研究データリポジトリ(NII-IDR)IDRユーザフォーラム 2017 オープニングセッション「産学連携~企業データセットの公開意義とデータセットの更なる研究活用に向けて~」(岡本真)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/userforum/

◆2017-12-14(Thu):
平成29年度中国・四国地区図書館地区別研修 演習「図書館の広報について」(鎌倉幸子)
(於・山口県/セントコア山口)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1681

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-10-23(Mon): 定住自立圏構想と図書館

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9107

結構前から関心を持って調べているテーマが「定住自立圏構想と図書館」です。「リサーチ&デザイン」を掲げるアカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)では、通常の業務以外でもこういった自主的な調査・研究を重視しています。

定住自立圏構想とはもともとは総務省の委員会である定住自立圏構想研究会が検討を進めてきたもので、2008年に「定住自立圏構想研究会報告書」、次いで「定住自立圏構想推進要綱」が発表されています。これは各地域において「中心市」を設定し、その周囲にある生活や経済でのつながりが深い自治体を「周辺市町村」として、協定を締結し定住自立圏を形成するというものです。要するに自治体の広域連携・相互連携を進める取り組みと言えるでしょう。

・総務省-定住自立圏構想研究会報告書
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/teizyu/080516_1.html
・総務省-定住自立圏構想推進要綱【PDF】
http://www.soumu.go.jp/main_content/000283569.pdf
・総務省-定住自立圏構想
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/teizyu/
・国土地理協会-定住自立圏構想情報
http://www.teijyu-jiritsu.jp/

図書館との関連で興味深いのは、

・総務省-全国の定住自立圏構想の取組状況について【PDF】
http://www.soumu.go.jp/main_content/000512524.pdf

等の関連資料を見ると、図書館の広域利用・相互利用が圧倒的にメニューとして採用されていることです。公共図書館の場合、そもそも最初から図書館間での協力が図書館法に謳われ、かつ長らく実践されてきているので、この構想との相性がよいと言えるでしょう。

とはいえ、ただ広域・相互での利用というだけでは、図書館の機能を生かし切れていないように思えます。さまざまな定住自立圏の情報を調べてみても、図書館については、

1.相互利用・広域利用の推進
2.図書館システムの一体運用
3.職員研修の合同開催や交流促進
4.イベント等の共同開催
5.物流配送システムの確立

が一般的なメニューとなっています。なお、ごく一部にでありますが、複数自治体間での図書館システムの共同調達が行われています。

しかし、これはもう少し深められるのではないでしょうか。たとえば、滋賀県の彦根市を中心市とする湖東定住自立圏(彦根市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町)の場合、

「圏域内の拠点となる図書館の整備
 圏域図書館ネットワークの拠点機能を備えた図書館を整備する」

・彦根市-定住自立圏構想の取組について 湖東定住自立圏情報
http://www.city.hikone.shiga.jp/0000000847.html

と謳っています。愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町という近隣の町の図書館はいずれも全国的に知られた存在ですが、その中核となる事実上の中央図書館機能を中心市である彦根市が担おうという意思を感じます。

ただ、ここまでの計画を組める自治体はそうは多くはないでしょう。もう少し別の角度で考えると、「職員研修の合同開催や交流促進」をもう一歩深めることはできないでしょうか。たとえば、人事異動を含む人事交流です。小規模自治体の図書館職員の場合、同じ職場に長く奉職・在職することが良い面もあれば悪い面もあります。「中心市」と「周辺市町村」を行き来するような人事が行えれば、定住自立圏全体での図書館サービスの向上には、一定のインパクトを持つのではないでしょうか。

また、これはエリアの広さにもよりますが、比較的距離が近接している自治体間であれば、各図書館の蔵書構成・コレクションに重点項目を設け、それぞれが何らかの専門性を持つ図書館という機能を持つことも可能ではないでしょうか。

定住自立圏ではないのですが、いま私たちが新図書館整備の支援をさせていただいている一つに、島根県の西ノ島町があります。町名からわかるようにここは離島です。隠岐諸島のうち島前と呼ばれる3つの島がそれぞれに独立して存在する地域です。いま、島前地域は図書館振興が図られており、西ノ島町以外の2島、海士町と知夫村でも図書館の整備が進んでいます。特に海士町はその先駆者で、その活動は高く評価され、

・Library of the Year 2014
http://www.iri-net.org/loy/loy2014.html

で優秀賞を受賞しています。西ノ島町で初めて設置される図書館も来夏には開館し、知夫村でも来春に学校図書館を核とした施設がオープンします。この一連の動きのなかで私たちも広域連携に関わる提案をさせてもらっています。定住自立圏であるなしに関わらず、地域をつなぐことで広がる可能性を常に意識して行動していきたいと思います。

◆2017-10-24(Tue): 図書館総合展運営委員会に出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9108

・第19回図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

の開催が迫り、実施前の最後の回なので、ここのところ不義理をしていた運営委員会に出席しました。基本的に事業者有志による委員会方式につき、すべてが完璧とは言えませんが、まずはそれなりに準備は済みました。結局、当日までいや当日以降もさまざまな想定外が発生するのですが、まずは天気が良いことを祈れる心境です。

なお、弊社も出展していますので、

・ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

コーヒーを飲みにお越しください。

◆2017-10-25(Wed): 秋の講演資料作成祭り

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9109

・第19回図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

がこの先あり、その後もびっしりと予定が詰まっているので、余裕のあるいまのうちに年内の講義・講演関係の資料作成に勤しみました。

とりあえず、年内は以下の通りです。

2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017(KOF2017)「Gov 2.0としてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」
(於・大阪府/大阪南港 ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/session/1025

2017-11-20(Mon):
同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」
(於・京都府/今出川キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2593.html

2017-11-26(Sun):
みんなで情報発信!「オープンデータソンin津山」
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#ev1126

2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)

(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

◆2017-10-26(Thu): 仕事に励む

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9110

奇跡的に出張がない1週間。ひたすら調査に励みました。調べるということは弊社の基本中の基本です。最近、こういった調査結果をどうやって公開していくかを思案しています。

◆2017-10-27(Fri): 財務を考える一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9111

経営者でもあるので金周りのことを考える日もあります。というか、毎日考えながら仕事をしています。今日は税理士事務所を訪問し、新体制における中長期計画を練りこみました。これはこれで実は非常に楽しい仕事です。計画を立てるということは、その結果と日々向き合うことになるわけですが、その結果次第では大きなやりがいを感じるのですよね。経営者らしい一日でした。

◆2017-10-28(Sat): 久々に結婚式・披露宴に参列

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9112

ヤフー時代の仲間にご招待いただき、大阪での結婚式と披露宴に参列させてもらいました。

いいお式でした。こちらまで幸せになりますね。末永くお幸せに。

◆2017-10-29(Sun): 台風のなかを帰京

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9113

大阪府内の某所を先々の仕事のために見学してまわりつつ、台風で帰宅困難になってもいけないので、早めに予定を切り上げて帰京。

しかし、今回の飛行機は私の経験史上、最高の揺れでした。無事に帰着でなにより。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-665]2017年10月30日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

664号(2017-10-23、4351部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の664号(2017-10-23、4351部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -「岡本じゃなきゃだめなんですか」から1年、新体制のARGがお待ちしています!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -北海道の旅1日目-函館で洋館めぐり
 -北海道の旅5日目-旭山動物園を満喫し帰京
 -10月の全体会議
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171023113902000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-10-23発行   ‡No.664‡   4351部発行

 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -「岡本じゃなきゃだめなんですか」から1年、新体制のARGがお待ちしています!
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -北海道の旅1日目-函館で洋館めぐり
 -北海道の旅5日目-旭山動物園を満喫し帰京
 -10月の全体会議
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【第19回図書館総合展 ARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
 「岡本じゃなきゃだめなんですか」から1年】

昨年の第18回図書館総合展のARGブースで開催したプログラム「岡本じゃなきゃだめなんですか」には多くの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

打ち合わせに行くと「岡本さんは来ないの」と聞かれることが多々あります。いつの日か、「君だからこの仕事を頼みたい」といわれるようになりたいという思いからこのタイトルをつけたプログラムを実施しました。

あれから1年が経ち、ARGは10月1日(日)より6名の役員による経営体制へと変更しました。それに伴い、先日、図書館総合展に合わせて役員となったスタッフ用に「取締役」と入った名刺を発注しました。

新体制となり、気を引き締めながらも、新たな挑戦に向かって進んでいるARGについてお話をさせていただければと思っています。ぜひARGブースにお立ち寄りください。

例年好評なARGの図書館づくり・まちづくり相談会も先着順で受付中です。ご検討の方はFacebookイベントページやコーポレートサイトにある申込方法をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

第19回図書館総合展ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
▽Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/126681837866919/
▽コーポレートサイト
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

富谷市成田地区にある、「とみや湯ったり苑」はいつ行っても多くの人で賑わっています。名の通り、市内にある温泉なのですが、大浴場のほかに、シェイプアップバス、洞窟風呂、壷湯等、さまざまな種類のお風呂を楽しむことができます。食堂も完備されているので、お風呂上りに家族3代でごはんを楽しんでいる光景が見られます。2階には休憩室もあり、横になり、しばしの休息を取っている方もいました。駐車場にあった県外のナンバープレートを付けた大型トラックの運転手さんも、ここでひと風呂浴びて、仮眠を取っているのでしょうか。
この休憩室に漫画が置かれた「コミック文庫」が設置されています。図書館ができたら、団体貸出をして本を置くとよいかも。そんなことを思いながら、仕事の疲れをお湯で癒しました。(鎌倉)

・とみや湯ったり苑
http://www.yuttarien.com/tomiya/
・富谷市次世代型図書館づくりに向けた取組について(富谷市)
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

秋は各地でさまざまなイベントが開催されますが、名取も例外ではありません。次の週末の10月29日(日)には、アメリカンロック、カントリー、邦楽ポップス、フォーク等の6組が出演する「なとりポップス・フェスティバル(なとポップ)」が開催されます。近隣の仙台のイベントは有名ですが、ぜひこの機会に名取にもお越しください。仙台とはまた違う落ち着いたまちの雰囲気を味わえます。(岡本)

・なとりポップス・フェスティバル(なとポップ)
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_47196
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

小型無人機「ドローン」の学校が須賀川市にできるそうです!須賀川市の建設会社である株式会社あおいと、郡山市の株式会社アルサによるドローンの学校「須賀川ブルースタジアム校」が11月に開校します。ここで4日間かけて飛行技術や法令を学ぶと、国土交通省への飛行許可申請が可能になるとか。須賀川でドローンの操縦に挑戦してみませんか?(野原)

・須賀川に『ドローン学校』11月開校へ 中心市街地近くに施設
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171001-208456.php
・須賀川ブルースタジアム校
http://blusta.jp/drone/
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~ http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

板橋区が発信する情報・アプリが全て統合されたアプリ「ITA-Port」をダウンロードしてみました。自治体の統合アプリとして構築されたのは都内初の事例です。区政情報のお知らせだけではなく、区内イベント情報なども網羅されています。デザインもおしゃれにまとまっていて、THE行政アプリ!的な雰囲気を感じさせません。区の情報発信は広報誌のみ!というパターンも多くありますが、スマートフォンの普及と合わせてアプリでの情報発信も有効ですね。(下吹越)

・板橋区統合アプリ「ITA-Port」
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/084/084552.html

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

智頭町は、「森林セラピー」をまちづくりの主要なテーマの1つと位置づけています。「森林セラピー」とは、森の中に身を置き、森を楽しみながら、森の中で歩行や運動、リラクゼーション、ライフスタイル指導などを実施することでその効果を達成するセラピーで、森林を利用して心身の健康維持・増進を行うことを目的としています。その「森林セラピー」が東京に出張!11月19日(日)、「智頭町森のガイドと歩く新宿御苑の森」が開催されます。智頭町や、森林セラピーに関心のあるみなさん、ぜひ下記のサイトをチェックしてみてください。(李)

・智頭町森のガイドと歩く 新宿御苑の森(鳥取県智頭町観光協会)
http://cms.sanin.jp/p/chizu/kankou/information/51/01/
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

10月27日(金)に第8回縁側カフェを開催します。今回のテーマは、工事現場の仮囲いを使って子どもたちのためのアートプロジェクトを考えよう!です。これから建てられるコミュニティ図書館に子どもたちが親しめるようどんなことができるのか、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。(下吹越)

・第8回縁側カフェのお知らせ(西ノ島町コミュニティ図書館Facebook)
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/photos//1661921553858848/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

指宿市には知林ヶ島という鹿児島湾に浮かぶ無人島があります。3月から10月まで、干潮時には、800メートルの砂の道が出現し、島に歩いて渡ることができます。陸と島とがつながることから、縁結びに御利益があるパワースポットらしく、外国人を含め多くの観光客で賑わっています。クラウドファンディングでご支援を下さったみなさんと“そらまめの会”がつながり続けてもらいたいな、と願いながら砂の道を歩きました。(鎌倉)

・知林ヶ島(いぶすき観光ネット)
http://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/chiringashima/
・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-10-23(Mon):
日本図書館研究会 第333回研究例回「近畿大学中央図書館及びビブリオシアター見学」
(於・大阪府/近畿大学中央図書館 ほか)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/333invit.html

◇2017-10-26(Thu):
三田図書館・情報学会 2017年度特別月例会「書籍のナショナルアーカイブについて考える」
(於・東京都/慶應義塾大学 三田キャンパス)
http://www.mslis.jp/monthly.html

◇2017-10-26(Thu):
京都府立京都学・歴彩館「東寺百合文書データミーティング」
(於・京都府/京都学・歴彩館)
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/hyakugou1.html

◇2017-10-26(Thu)~2017-10-27(Fri):
国立国会図書館 平成29年度アジア情報研修「台湾情報の調べ方-諸制度と統計を中心に」
(於・千葉県/日本貿易振興機構アジア経済研究所)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop29.php

◇2017-10-27(Fri):
京都大学附属図書館研究開発室 シンポジウム「アジアにおけるデジタル文化財の活用基盤構築へ向けて」
(於・京都府/京都大学附属図書館)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1376212

◇2017-10-28(Sat):
アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター IRC設立20周年・ウィキペディア日本語版始動15周年記念ワークショップ「世界の知識を翻訳しよう」
(於・東京都/東京外国語大学附属図書館)
https://irc.aa.tufs.ac.jp/event/jawp15ws.html

◇2017-10-30(Mon):
国際学術情報流通基盤整備事業 第2回 SPARC Japan セミナー2017(オープンアクセス・サミット2017)
「プレプリントとオープンアクセス」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2017/20171030.html

◇2017-11-04(Sat)~2017-11-05(Sun):
第65回日本図書館情報学会研究大会
(於・愛知県/椙山女学園大学 星が丘キャンパス)
http://www.jslis.jp/conference/2017Autumn.html

◇2017-11-06(Mon):
ジャパンリンクセンター 研究データ利活用協議会「『デジタルアーカイブ』と『研究データ』の出会いシンポジウム-データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html

◆2017-11-07(Tue)~2017-11-09(Thu):
第19回 図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/

◇2017-11-10(Fri):
情報処理学会 連続セミナー2017「イノベーション最前線-2020年を超えて生き抜くための技術を探る」
第5回「メディアアート」
(於・東京都/未定)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2017/program05.html

◇2017-11-10(Fri)~2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017「0×10周年 オープンソースとコミュニティを元気に!」
(於・大阪府/大阪南港ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/

◇2017-11-11(Sat)~2017-11-12(Sun):
情報ネットワーク法学会 第17回研究大会
(於・愛知県/名古屋大学 東山キャンパス)
http://www.in-law.jp/bn/2017/2017061502.html

◇2017-11-14(Tue)~2017-11-15(Wed):
平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座(講義)
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html

◇2017-11-18(Sat):
観光情報学会 第16回研究発表会
(於・鳥取県/鳥取大学 鳥取キャンパス)
http://www.sti-jpn.org/event/713

◇2017-11-18(Sat):
セミナー「大学における映像アーカイブ活用と新たな展開~大学と放送ライブラリーによる取組の報告」
(於・東京都/上智大学 四谷キャンパス)
https://www.bpcj.or.jp/event/blog/2017/10/post20171014.html

◇2017-11-18(Sat)~2017-11-19(Mon):
日本図書館研究会 第12回 国際図書館学セミナー「国際的視点で図書館・図書館サービスを考える:日本・中国・北欧・アメリカの実践・思想・課題」
(於・京都府/同志社大学 烏丸キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2017/kokusai-invit.html

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017(KOF2017)「Gov 2.0としてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」
(於・大阪府/大阪南港 ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/session/1025

◆2017-11-20(Mon):
同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」
(於・京都府/今出川キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2593.html

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)

(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-10-16(Mon): 北海道の旅1日目-函館で洋館めぐり

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9099

ちょっと私的な旅行へ。まずは函館。

・Flickr-船と鉄道の図書館いるか文庫
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157688135883504/
・Flickr-旧函館区公会堂
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157661689884258/
・Flickr-レイモンハウス元町店/レイモン歴史展示館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157687575118280/
・Flickr-函館ハリストス正教会
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157688282333553/
・Flickr-カトリック元町教会
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157687575312560/

等をめぐりました。同じ開港都市とはいえ、函館と横浜の街並みの違いにいろいろと思うところありました。

◆2017-10-17(Tue): 北海道の旅2日目-函館をさらにめぐる

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9100

さらに函館を行脚。

・五稜郭タワー
http://www.goryokaku-tower.co.jp/
・Flickr-五稜郭タワー
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157686388516212/
・Flickr-五稜郭
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157686388622622/
・函館奉行所
http://www.hakodate-bugyosho.jp/
・Flickr-函館奉行所
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157689642223856/
・函館市中央図書館
http://hakodate-lib.jp/
・Flickr-函館市中央図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157688137545084/
・Flickr-トラピスチヌ修道院
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157686389246782/

あくまでプライベートなので図書館めぐりは控えめに。

◆2017-10-18(Wed): 北海道の旅3日目-札幌へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9101

陸路で函館から札幌に移動。

・北海道立文書館
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/mnj/
・Flickr-北海道立文書館/北海道庁旧本庁舎
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157688138683434/

等を見学。

宿泊先で、

・札幌グランドホテル メモリアルライブラリー
https://www.grand1934.com/guide/#memo
・Flickr-札幌グランドホテル メモリアルライブラリー
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157687577515130/

も見たのですが、これはいささかがっかりでした。クラシックホテルはもう少しライブラリーの力を入れるといいのですが……。

◆2017-10-19(Thu): 北海道の旅4日目-旭川を散策

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9102

これまた陸路で札幌から旭川へ。二十歳の頃に一度来たことがある

・雪の美術館
http://yukibi.marryblossom.com/
・Flickr-雪の美術館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157687322915551/

を再訪しました。

当時は新設されて日が浅かったのですが、この間にオーナーが変わり、結婚式場としての機能が大きくなっていました。かなり巨大な施設で維持管理の経営課題は大きいと察せられるだけに、優れた経営と感心しました。

◆2017-10-20(Fri): 北海道の旅5日目-旭山動物園を満喫し帰京

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9103

北海道の旅も最終日。念願の

・旭川市旭山動物園
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
・Flickr-旭川市旭山動物園
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157689644876426/

訪問を果たしました。つくづく感心するところが多い動物園でした。帰路は旭川空港からでしたが、

・Flickr-旭川空港キッズスペース空港ミニ図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157687324199971/

を発見。空港のライブラリー環境整備の仕事をしたいですね。空港関係者の方、ぜひご連絡ください。

◆2017-10-21(Sat): ぼちぼちと日常に復帰

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9104

ゆっくり目に出社し、ぼちぼちと日常に復帰です。いい休みをくれた仲間に感謝。

◆2017-10-22(Sun): 10月の全体会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9105

9時からほぼ20時まで11時間というロングランの取締役会&全体会議を行いました。

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

の開催が迫っているので、この話題を中心に熱い議論となりました。

なお、アカデミック・リソース・ガイド社は、

・ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

を出展します。今回は、ブースに、

・食育移動カフェ「thanks milk」
http://thanks-milk.com/

が登場します。3日間ブースでは、

・「旅するARGカフェ」
・「研究室」100連発
・「島に図書館をつくること~島前3島の図書館づくり~」
・「地域を編み直す~公民連携、イノベーション、エリアマネジメント~」
・「LRG第19号連動企画:指定管理者制度の課題と可能性を開く」
・「“指宿から全国へ!本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト”報告&大感謝会」
・「レクチャー&ミニワークショップ ブックリストをつくろう!」
・「レクチャー&ミニワークショップ 減災ラボ in 図書館総合展」
・「LRG20号連動企画:図書館のデザイン」

といったさまざまなミニフォーラムを開催します。また、すでに残枠僅少になっていますが、図書館づくり・まちづくり相談会も開催します。無料でのご相談を承ります。なお、基本的には業務として図書館の整備や運営に携わる方々が対象です。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-664]2017年10月23日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

663号(2017-10-16、4352部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の663号(2017-10-16、4352部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -「図書館のデザイン」とは何か、考えてみませんか
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -初めての取締役会
 -図書館流通センター(TRC)見学会特別講演会に登壇
 -第2回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20171016070000000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-10-16発行   ‡No.663‡   4352部発行

 -LRG第20号連動企画「図書館のデザイン」、ARGブースでセッション開催!-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -第19回図書館総合展、今年のARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
  -「図書館のデザイン」とは何か、考えてみませんか
 -ライブラリー・リソース・ガイド第20号総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」好評発売中!

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○【PR】書籍『図書館100連発』発売中
 -書籍『図書館100連発』の二刷出来!
 -共著『未来の図書館、はじめませんか』三刷決定のお知らせ

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -初めての取締役会
 -図書館流通センター(TRC)見学会特別講演会に登壇
 -第2回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

【第19回図書館総合展 ARGブースのテーマは「旅するライブラリー、旅するカフェ」
 「図書館のデザイン」とは何か、考えてみませんか】

好評をいただいているLRG最新号第20号の総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」との連動企画セッションを行います。

「優れたデザイン」という言葉を私たちは何気なく使っていますが、それは直感的な見た目の良さだけを指すことが多いのではないでしょうか。

例えば、一見オシャレな図書館の館内マップが、利用者にとって分かりづらく、本を探すのに役に立たないものだったら、それは「優れたデザイン」といえるのでしょうか。

「図書館のデザイン」とは何か、どのように実践すればよいのかを考える機会となるはずです。ぜひご参加ください。

■2017年11月9日(木)
<15:00~16:00>
「LRG第20号連動企画:図書館のデザイン」
ゲスト:
・大谷薫子(モ・クシュラ株式会社)
・阿部太一(GOKIGEN)
ファシリテーター:
・李明喜(ARG)

例年好評なARGの図書館づくり・まちづくり相談会も先着順で受付中です。ご検討の方はFacebookイベントページやコーポレートサイトにある申込方法をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。

第19回図書館総合展ARGブース「旅するライブラリー、旅するカフェ」
▽Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/126681837866919/
▽コーポレートサイト
http://arg-corp.jp/2017/08/04/libraryfair-37/

 【ライブラリー・リソース・ガイド最新号第20号、好評発売中!】

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の第20号が10月5日(木)に発売となりました。

今回は、李明喜による総特集「図書館のデザイン、公共のデザイン」です。

司書名鑑は学校司書の宮澤優子さんにインタビューしました。

「猪谷千香の図書館エスノグラフィー」では指宿図書館(鹿児島県指宿市)をとりあげます。ローカルジャーナリスト田中輝美さんによる「島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~」、同志社大学の佐藤翔さんの「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編」も好評連載中です。

個人向けの販売はFujisanマガジンサービスにて受け付けています。その他バックナンバーのご購入もこちらから。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
★書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第20号/2017年 夏号】

目次

◆巻頭言 図書館の世界に、「デザイン」をめぐる 本質的な問いと議論を[岡本真]

◆総特集 図書館のデザイン、公共のデザイン[李明喜]
◇本のデザインと図書館のデザイン[佐藤直樹(Asyl)×原田祐馬(UMA / design farm)]
◇図書館建築における新しいデザイン[古谷誠章(NASCA)×柳澤潤(CONTEMPORARIES)]
◇図書館法のリーガルデザイン[水野祐]

◆司書名鑑 第15回 宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第2回 なぜ、いま西ノ島に図書館を?[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第5回 九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車「ブックカフェ」

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第3回 あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 定期報告
スタッフボイス
定期購読・バックナンバーのご案内
次号予告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくり計画骨子策定業務

富谷市には6館の公民館があります。この時期になると、各公民館で「公民館まつり」が開催されます。企画・運営は公民館を利用している地元のサークルの代表が行なうそうです。昨日、東向陽台公民館の前を車で通ったら、「東向陽台公民館まつり」の当日だったようで、多くの人で賑わっていました。メインのゲストは仙台のジュリーこと沢田研史のショーが行われ、お母さん方がうちわを持って、仙台のジュリーを応援していたと中央公民館の館長から聞きました。東向陽台の公民館まつりは33回目を迎えたそうです。継続は力なりですね。(鎌倉)

・富谷市次世代型図書館づくりに向けた取組について(富谷市)
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

第2回ライブラリーミーティング「新図書館での「名取らしい」市民協働を探る」を開催しました。全3回のワークショップのなかでも本日はキモの一日でした。ありがたいことに市民のみなさんから積極的かつ主体的なご意見が続々とあがり、大きな手ごたえを感じました。次回が最終回です。12月2日(土)に開催です。最終回のみの参加も歓迎です。(岡本)

・「第2回ライブラリーミーティング」を開催します!~新図書館での「名取らしい」市民協働を探る~
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_47119
・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館に係るワークショップ支援業務

須賀川の名物、「松明(たいまつ)あかし」の季節が近づいて参りました。松明あかしは、須賀川で420年も続く火祭りで、日本三大火祭りの一つとして知られています。今年は11月11日(土)の開催です。写真で見ても圧倒されますが、実物はさらに大迫力!巨大な松明によじ登って点火する青年団の勇姿に歓声が上がります。この日は須賀川近隣のホテルはすぐに満室になってしまうようです。旅行の計画はお早めに!(野原)

・松明あかし(須賀川市)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/taimatsu/
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~ http://sukagawaodeko.jp/

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

板橋区立中央図書館が主催する絵本イベント「とびだせ!としょかん!~絵本の世界へようこそ~」のお知らせです。10月28日(土)、図書館から飛び出して絵本づくり体験やお話会をみなさんの元にお届けします!「ねずみくんのチョッキ」の作者であるなかえよしを先生をお招きしての絵本公演会や絵本の即売会・サイン会なども開催されますよ。こちらは事前予約制なので、お早めにお申し込みください。ぜひご家族やお友達と遊びに出かけてみませんか?たくさんのご参加、お待ちしています!(下吹越)

・とびだせ!としょかん!~絵本の世界へようこそ~
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/086/086381.html

【智頭町】
新智頭町立智頭図書館建設に関するアドバイザー業務

智頭町では2018年10月31日(火)まで、「智頭町立智頭図書館整備基本構想(案)」についてのパブリックコメントを募集しています。表紙も公開されているのですが、表紙の子どもたちの表情が素晴らしくて、構想を作っている智頭図書館のみなさんがこの計画の中で何を大事にしているのかがよく伝わってきます。「10年後、20年後にもあって良かったと、住民の皆様が思える図書館づくりを進めていくため」に少しでも多くの町民が、図書館づくりに関心を持ち、それぞれができる形での関わりを持っていただけるといいなと思います。(李)

・「智頭町立智頭図書館整備基本構想(案)」について意見を募集します(鳥取県智頭町)
http://cms.sanin.jp/p/chizu/kyouiku/kyouikuiinkai/21/
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

10月15日(日)第5回西ノ島ハーフマラソン2017が開催されました。西ノ島の絶景名所を眺めながらのマラソンはランナーのみなさんに大好評!今回も全国から300人以上の方がエントリーしました。またアワビやサザエといった西ノ島ならではの豪華な差し入れも魅力の一つ。前夜祭で盛り上がりすぎて二日酔いのままマラソン当日を迎えてしまう方も少なくないとか?コミュニティ図書館とも来年からはコラボできるといいですね!ランナーのみなさん、西ノ島町のみなさん、お疲れ様でした!(下吹越)

・第5回西ノ島ハーフマラソン開催について
http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/houdou/529

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”ブックカフェプロジェクト継続的な運営の設計及び実施の支援

西郷隆盛が主人公となるNHK大河ドラマ「西郷どん」が2018年1月7日から放映されます。狩りや温泉巡りを好んだ西郷どんは、たびたび指宿を訪れていたそうです。大河ドラマ効果で、多くの人が来年は鹿児島県を訪れるのではないでしょうか。その時にぜひ、ブックカフェにも立ち寄ってもらいたいです。(鎌倉)

・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

第4回浜松市立図書館市民ワークショップの開催を支援
http://arg-corp.jp/2017/10/05/hamamatsu-4/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1520629467982670

西ノ島町コミュニティ図書館新築工事起工式を開催
http://arg-corp.jp/2017/10/07/nishinoshima_shimane-6/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1522547361124214

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

       「書籍『図書館100連発』好評発売中!二刷も出来!」

            岡本真、ふじたまさえ著
         『図書館100連発』(青弓社、2017年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0063-1
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200631/arg-22/

【書籍『図書館100連発』が青弓社より刊行!刊行記念「101連発目を探そう!」も公式Facebookページで投稿受付中!】

[編集者から--矢野未知生]
全国の1,500館を超える図書館を訪問して、実際に目で見て司書の声も聞いて確認した「きらりと光るいい工夫・実践」を100個、本書では紹介しています。

貸出やレファレンス、展示などで利用者のニーズに応えるために、全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックをカラー写真とともに解説していて、書店とはまた違った視点から読者にアプローチしている図書館の試みがどれもなかなか興味深いです。「フツーの図書館」のユニークな実践を多くの図書館が共有し、来館者の利便性を向上させ、図書館と地域との関係性を豊かにするためのアイデア集です。

巻末には、図書館システムについて意見を交わしたカーリルとの座談会も所収しています。

書籍版『図書館100連発』の刊行を記念して「101連発目を探そう!」を行っています。101連発目をドーンと募集しますので、ぜひご投稿で事例をお寄せください。

◆図書館100連発とは?
決して大がかりなものではなく、ほかの図書館でも明日から真似のできるようなもの、どこの図書館でも取り組んでいるけれどプラスアルファの工夫を行っているもの等、小さな取り組みでもみんなで共有し、実践していくことで、少しでも図書館がよくなればいいですよね。そんな事例を待っています。

詳細はFacebookページからご覧ください。
https://www.facebook.com/library100practices/

目次
「ライブラリー・リソース・ガイド」について

まえがき 岡本 真

File 001 観光パンフレットで「知る」から「行く」までの情報を提供 三重県立図書館[三重県]
File 002 図書館でバードウォッチング たつの市立揖保川図書館[兵庫県]
File 003 「他フロアへの導線問題」を解決した“資料の出張所” 浜松市立中央図書館[静岡県]
File 004 書庫資料に、出番を 箱根町社会教育センター図書室[神奈川県]
File 005 POP活用で実現、資料紹介コーナーの省スペース化 浜松市立中央図書館駅前分室[静岡県]
File 006 ソフトのパッケージ展示で、デジタルメディアをわかりやすく 山口市立中央図書館[山口県]
File 007 地域資料の収集をMLAK連携で充実化 多治見市図書館[岐阜県]
File 008 デジタルアーカイブで変わる自治体広報誌 富士見市立図書館[埼玉県]
File 009 「目には目を」メガネの名産地では、ビジネス支援もメガネ資料で 鯖江市図書館[福井県]
File 010 地域資料をつくるのも、図書館の新しい仕事 愛荘町立愛知川図書館[滋賀県]
File 011 地域へ出ていき資料をつくる情報創造型図書館 練馬区立南田中図書館[東京都]
File 012 図書館に、一箱の美術館を 六花文庫[北海道]
File 013 利用者とともに戦う「雑誌入れ替え戦!」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 014 もうご法度とは言わせない。音楽が流れる図書館 東近江市立永源寺図書館[滋賀県]
File 015 「図書館でネットしよう」をスタンダードに 軽井沢町立離山図書館[長野県]
File 016 パソコン専用席に、セキュリティーを 横浜市中央図書館[神奈川県]
File 017 レアな情報求めて分館へ。雑誌ファンの心をつかむ「バックナンバー展示」 富山市立八尾図書館ほんの森[富山県]
File 018 カードケースの有効活用で、配布物は、もう曲げない 奈良県立図書情報館[奈良県]
File 019 「こんな調べ物できます」レファレンス展示 福井県立図書館[福井県]
File 020 本との出会いをつくり出す「としょかん福袋」 蔵王町立図書館[宮城県]
File 021 駅コンコースの貸出カウンターで利便性向上 札幌市中央図書館大通カウンター[北海道]
File 022 無人貸出・返却で長時間利用を可能に 高槻市立図書館駅前図書コーナー[大阪府]
File 023 コンビニ感覚で本を返却 水俣市立図書館[熊本県]
File 024 トークイベントで図書館を「知の舞台」に 鯖江市図書館[福井県]
File 025 地域イベントに図書館を「出前」 岩見沢市立図書館[北海道]
File 026 図書館と専門機関が連携。ビジネスで使える「技術書棚」 山口県立山口図書館[山口県]
File 027 美術館と連携した展示で、集客・利便性をアップ 多治見市図書館[岐阜県]
File 028 移動図書館に法テラスが同行 南三陸町図書館[宮城県]
File 029 + File 030 館内に本の注文票を設置 田原市中央図書館[愛知県]/白河市立図書館[福島県]
File 031 図書館利用カードで利用者の相互乗り入れ 村山市立図書館[山形県]/北中城あやかりの杜図書館[沖縄県]
File 032 美術館に行ったら画集は図書館で。地域で推進するMLAK連携 熱海市立図書館[静岡県]/郡山市中央図書館[福島県]/島根県立図書館[島根県]
File 033 友好都市、その理由も図書館で 白河市立図書館[福島県]
File 034 “まとめ読み”の強い味方! 郷土雑誌のバックナンバーを開架提供 山梨県立図書館[山梨県]
File 035 図書館活動のアーカイブは、未来のヒント集 洲本市立洲本図書館[兵庫県]/神埼市立図書館[佐賀県]
File 036 中継DVDの貸出で、市議会をオープンに 村上市立中央図書館[新潟県]
File 037 DAISY図書の必要性を、子どもたちにも 島根県立図書館[島根県]
File 038 観光パンフレット収集で、いい旅、そろってます 佐賀市立図書館[佐賀県]
File 039 「私たちはこんな図書館です」エントランスで自己紹介 伊勢市立小俣図書館[三重県]
File 040 休館日のガッカリを緩和する情報発信術 南風原町立図書館[沖縄県]
File 041 子ども扱いしない分類サイン 嘉手納町立図書館[沖縄県]
File 042 書架に「らしさ」を 西ノ島町立中央公民館図書室[島根県]
File 043 「みんなでつくる」が実感できる図書館づくり 海士町中央図書館[島根県]
File 044 住宅地図のコピー問題、解決策を図書館で案内 三島市立図書館[静岡県]
File 045 新聞書評、「地元の本」にもっと光を 千葉市中央図書館[千葉県]
File 046 データベースの価値を活用法とともにアピール 沖縄県立図書館[沖縄県]
File 047 青空文庫の表紙コンテスト 仁愛女子短期大学附属図書館[福井県]
File 048 ゴミになるレシート芯、アイデア次第で大変身 甲府市立図書館[山梨県]/桑名市立中央図書館[三重県]/三島市立図書館[静岡県]/白河市立図書館[福島県]
File 049 好奇心をスイッチに「誰も読んでいない本フェア」 苫小牧市立中央図書館[北海道]/国際基督教大学図書館[東京都]
File 050 書庫の本? いいえ「蔵出し展示」です 多治見市図書館[岐阜県]
File 051 「例規」のウェブ版、きちんと橋渡し 高山市図書館煥章館[岐阜県]
File 052 ライトノベルを本の世界の入り口に 秋田市立中央図書館明徳館[秋田県]
File 053 地域資料を地図で案内 播磨町立図書館[兵庫県]
File 054 その機内誌・車内誌、ここでしか読めません 長崎市立図書館[長崎県]
File 055 書庫内での避難指示を床に 愛媛大学図書館[愛媛県]
File 056 子どもにもブックバスケットを 多治見市図書館[岐阜県]
File 057 コミュニティーバスで図書館案内  浦安市立中央図書館[千葉県]
File 058 オンラインデータベースの案内をパソコンの壁紙に 紫波町図書館[岩手県]
File 059 選定されなかった教科書も収集 瀬戸内市牛窓町図書館[岡山県]
File 060 友好都市の広報誌を展示 安曇野市中央図書館[長野県]
File 061 雑誌用書架を行政情報コーナーに転用 琴浦町図書館[鳥取県]
File 062 フリーペーパーの積極的収集 射水市新湊図書館[富山県]
File 063 「他巻書庫」の表示 白河市立図書館[福島県]
File 064 AV(視聴覚)資料にも地域色を 大洲市立図書館[愛媛県]
File 065 司書が地域資料を制作 今治市立中央図書館[愛媛県]
File 066 教科書センターに検定意見書・修正表も 静岡市立中央図書館[静岡県]
File 067 カフェメニューに見立てたテーマ展示 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 068 県内自治体の広報誌を目立つところに 和気町立佐伯図書館[岡山県]
File 069 新着の寄贈資料を紹介 長岡市立寺泊地域図書館[新潟県]
File 070 福袋の中身公開展示 皇學館大学附属図書館[三重県]
File 071 新聞で見る昔の今日 安城市中央図書館[愛知県]
File 072 本箱を展示器具に活用 四日市市立図書館[三重県]
File 073 行政資料の一覧リストを提供 萩市立萩図書館[山口県]
File 074 書籍とDVDをセットで展示 綾川町立生涯学習センター(綾川町立図書館)[香川県]
File 075 貴重資料をコピーで見せる 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 076 科学書を読ませる工夫 神奈川県立川崎図書館[神奈川県]
File 077 作家名の見出し板にひと工夫 長岡市立寺泊地域図書館・西地域図書館[新潟県]
File 078 館内で移動図書館車をPRするコーナー 浦添市立図書館[沖縄県]
File 079 郷土にまつわる作家名の見出し板を工夫 西条市立西条図書館[愛媛県]
File 080 利用マナーアップを呼びかける啓発的ポスター 原村図書館[長野県]
File 081 デザインが持つ“伝えるチカラ” 三田市立図書館[兵庫県]
File 082 館内にある子育て資料をマップで展示 千葉市中央図書館[千葉県]
File 083 本を大切にしてもらうマナーアップの呼びかけ方法 長崎市立図書館[長崎県]
File 084 公開書庫の本棚にPOP 共立女子大学・共立女子短期大学図書館[東京都]
File 085 「禁止」からの巧みな脱却 里庄町立図書館[岡山県]
File 086 大人の社会科見学図書館ツアー 上田市立上田図書館[長野県]
File 087 マステでおしゃれに 塩尻市立図書館/えんぱーく[長野県]
File 088 書店売れ筋も紹介 市立大町図書館[長野県]
File 089 これぞ、レファレンス! 市立須坂図書館[長野県]
File 090 文学全集に収録作家を明示 草津町立温泉図書館[群馬県]
File 091 友好都市のプロフィールをひと言紹介 日出町立図書館[大分県]
File 092 学習席に図書館報 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 093 イベント案内を手紙で 筑西市立中央図書館[茨城県]
File 094 著者名表示に代表作を 藤枝市立駅南図書館[静岡県]
File 095 ストーリーづくりを重視した雑誌スポンサー制度 島田市立島田図書館[静岡県]
File 096 リーディングトラッカーの館外貸出 恩納村文化情報センター[沖縄県]
File 097 移動図書館車に時計を設置 小郡市立図書館[福岡県]
File 098 持ち運べるフロアマップ 新居浜市立別子銅山記念図書館[愛媛県]
File 099 読み聞かせも! 究極の宅配ボランティア 富士見町図書館[長野県]
File 100 個人でもなれる雑誌スポンサー 阪南市立図書館[大阪府]

図書館システム座談会 吉本龍司/ふじたまさえ/岡本 真

図書館系業務実績一覧

あとがき 岡本 真/ふじたまさえ

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-10-16(Mon):
IIIF Japan 東京ラウンドテーブル
(於・東京都/御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)
http://iiif.jp/20171016roundtable

◇2017-10-17(Tue):
情報処理学会 連続セミナー2017「イノベーション最前線-2020年を超えて生き抜くための技術を探る」
第4回「ディープラーニングの活用と基盤」
(於・東京都/日本大学 理工学部駿河台校舎)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2017/program04.html

◇2017-10-17(Tue):
IIIF Japan シンポジウム-デジタルアーカイブにおける画像公開の新潮流
(於・東京都/一橋講堂)
http://iiif.jp/2017tokyo_sympo

◇2017-10-18(Wed):
平成29年度 京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性-IIIFの動向と活用例から考える」
(於・京都府/京都大学附属図書館)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1375879

◇2017-10-19(Thu):
IIIF Japan 京都ラウンドテーブル「デジタル化した文化資源をWEB公開するための世界標準規格 IIIF-その可能性と将来像」
(於・京都府/立命館大学 アート・リサーチセンター)
http://iiif.jp/20171019roundtable

◇2017-10-20(Fri):
私立短期大学図書館協議会 関東甲信越地区協議会 2017年度研修会
「図書館業務の些細なミスからの脱却に向けて」
(於・東京都/羽田空港 第1ターミナル 国内線旅客ターミナルビル)
http://shitantokyo.org/

◇2017-10-20(Fri):
東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門 アジアンライブラリーカフェ no.002「古典籍 on flickr!-漢籍・法帖を写真サイトでオープンしてみると」
(於・東京都/東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター)
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/asianlibrarycafe2

◇2017-10-23(Mon):
日本図書館研究会 第333回研究例回「近畿大学中央図書館及びビブリオシアター見学」
(於・大阪府/近畿大学中央図書館 ほか)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/333invit.html

◇2017-10-26(Thu):
三田図書館・情報学会 2017年度特別月例会「書籍のナショナルアーカイブについて考える」
(於・東京都/慶應義塾大学 三田キャンパス)
http://www.mslis.jp/monthly.html

◇2017-10-26(Thu):
京都府立京都学・歴彩館「東寺百合文書データミーティング」
(於・京都府/京都学・歴彩館)
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/hyakugou1.html

◇2017-10-26(Thu)~2017-10-27(Fri):
国立国会図書館 平成29年度アジア情報研修「台湾情報の調べ方-諸制度と統計を中心に」
(於・千葉県/日本貿易振興機構アジア経済研究所)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop29.php

◇2017-10-27(Fri):
京都大学附属図書館研究開発室 シンポジウム「アジアにおけるデジタル文化財の活用基盤構築へ向けて」
(於・京都府/京都大学附属図書館)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1376212

◇2017-10-28(Sat):
アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター IRC設立20周年・ウィキペディア日本語版始動15周年記念ワークショップ「世界の知識を翻訳しよう」
(於・東京都/東京外国語大学附属図書館)
https://irc.aa.tufs.ac.jp/event/jawp15ws.html

◇2017-10-30(Mon):
国際学術情報流通基盤整備事業 第2回 SPARC Japan セミナー2017(オープンアクセス・サミット2017)
「プレプリントとオープンアクセス」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2017/20171030.html

◇2017-11-04(Sat)~2017-11-05(Sun):
第65回日本図書館情報学会研究大会
(於・愛知県/椙山女学園大学 星が丘キャンパス)
http://www.jslis.jp/conference/2017Autumn.html

◇2017-11-06(Mon):
ジャパンリンクセンター 研究データ利活用協議会「『デジタルアーカイブ』と『研究データ』の出会いシンポジウム-データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html

◆2017-11-07(Tue)~2017-11-09(Thu):
第19回 図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2017-11-11(Sat):
関西オープンフォーラム2017(KOF2017)「Gov 2.0としてのオープンデータ-民主主義と知識創造の基盤としての文化機関を拓くということ」
(於・大阪府/大阪南港 ATC ITM棟)
https://k-of.jp/2017/session/1025

◆2017-11-20(Mon):
同志社大学図書館講習会「ウェブの仕組みと効果的活用法-検索エンジンを使いこなそう!」
(於・京都府/今出川キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2593.html

◇2017-11-30(Thu):
山梨県公共図書館協会「第31回山梨県図書館大会」記念講演「『知』を育み生かす社会に向けて-私の図書館体験等から」(岡本真)

(於・山梨県/昭和町総合会館 ほか)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/10/20171130.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。
なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。なお、本年度はすでに3自治体より相談をいただいています。業務状況から判断すると、本年度は受けられる本数が残り2本程度と想定しています。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-10-09(Mon): 黙々と作業

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9091

出張の日々が続いたので、本日はひたすら黙々と作業の日。ずいぶんはかどりました。

◆2017-10-10(Tue): 初めての取締役会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9092

今日は体制変更してからの最初の取締役会。新たなスタートを日々感じています。

◆22017-10-11(Wed): 図書館流通センター(TRC)見学会特別講演会に登壇

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9093

・図書館流通センター(TRC)見学会特別講演会「図書館の最前線-新館整備から日々の運用まで」
https://www.trc.co.jp/information/171011_trc.html

を行いました。まずまず好評だったようでなによりです。

◆2017-10-12(Thu): 会議尽くしの一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9094

今日は会議が多かった一日。

さすがに疲れた。とはいえ、最後の会議では新たな仕事の話もあり、いい刺激を受けました。

◆2017-10-13(Fri): 旧友との時間

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9095

昨日の会議を受けて作業、作業の一日。会議をしたら必ず作業をするが基本です。

夜はヤフー時代の旧友が訪ねてきてくれて楽しいひととき。

◆2017-10-14(Sat): 富谷市でヒアリング

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9096

富谷市の仕事で今日は仙台へ。

市内各所でヒアリングに勤しみました。

◆2017-10-15(Sun): 第2回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9097

昨日今日開催されていた

・GREEN LOOP SENDAI
http://gls.press/

に参加しました。

・センダイディベロップメントコミッション株式会社
http://sdcinc.jp/

の本郷紘一さんに先日お話をうかがったばかりだったのですが、よいタイミングで仙台出張に来れました。「補助金に頼る事なく、また公園利用料も正規金額を支払った上での黒字化に成功。利益は、街への再投資金として新たな賑わい創出イベント等の運営費用にあてている」という取り組みなのですが、細部に至るまで徹底したデザインと演出がなされていて、大いにまなびになりました。

午後は、

・「第2回ライブラリーミーティング」を開催します!~新図書館での「名取らしい」市民協働を探る~
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_47119

を実施しました。全3回中、今回の2回目がキモだと考えていたのですが、非常にいい形で進んだように思います。次回は12月。

・名取市図書館 – 新図書館関連
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/
・「第1回新図書館での「名取らしい」市民協働を探るライブラリーミーティングを実施」(編集日誌、2017-09-18)
http://www.arg.ne.jp/node/9067

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-663]2017年10月16日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コンテンツ配信