本の雑誌「お散歩図書館」のコーナーに連載をします【広報担当のARGな日々】2016-11-13

2017年1月より『本の雑誌』にて連載を持ちます。「お散歩図書館」コーナーです。「ブラタモリ」ならぬ「ブラサチコ」的な連載になる予感。

私の今回のこだわりは、メディアではあまり取り上げられていないけど、「素敵な活動をしている図書館」を紹介したいと考えています。

昨日、長野県図書館大会で「広報のコツ」の話をしたのですが、図書館の広報のコツの一つとしてライターを味方にしちゃうことも、一つの方法です。私は図書館応援団になりたいと日々思っているので、ぜひ使ってやってください。

「近所の図書館、実はこんなにすてきなんだよ」という情報をお寄せくださいー!公共図書館ではなくても構いません。学校図書館、大学図書館、専門図書館大歓迎。他薦・自薦問いません。よろしくお願いします~!

この写真はいまチェックしている初校です。ネタバレしちゃいますね。第一回目は鳥取県北栄町の北栄町図書館です。

IMG_20161113_171402

▽本の雑誌
http://www.webdoku.jp/

長野県図書館大会で「広報のコツ」の裏舞台【広報担当のARGな日々】2016-11-12

ARG広報の鎌倉です。

長野県図書館大会で猪谷千香さんと一緒に「一人ひとりによりそう図書館になるために 広報のコツ 取材のツボ」と題して講演をしました。

▽第66回長野県図書館大会
http://www.city.shiojiri.lg.jp/tanoshimu/toshokan/2016toshotaikai.html

今回猪谷さんとご一緒させていただいたのは、図書館と広報や取材など発信力の話を聞きたいというリクエストもあったことは確か。

でも最初は「筑摩書房から図書館の本を出した著者」ということでお話をいただきました。

2014年1月に猪谷さんは『つながる図書館』(ちくま新書)、私は『走れ!移動図書館』(ちくまプリマー新書)を出しました。同じ月に図書館の本が筑摩書房から出たということで双子といわれています。

『つながる図書館』と『走れ!移動図書館』の話でもよかったのですが、このタイミングですので違う話をしたいと思い、広報と取材の話でお願いしたいとこちらから大会主催者に頼みました。

IMG_20161112_101337

いつも公民館や図書館の会議室で講演をしています。今回は県大会ということで大ホールが会場でした。緊張して、登壇前に何度も何度も練習をしました。

猪谷さんも私も共通していたのは

発信をしない限り、誰にも伝わらない

ということ。

図書館は情報の拠点であることはもちろんですが、拠点であるからこそできる発信があるはずです。

「一人ひとりによりそう図書館になるために」は、一人ひとりが図書館の存在や価値に気がつき、来てもらうことが大切であれば、その存在や価値を愚直に伝えていくべきだと私は思っています。

received_10210909317439813

会場ではライブラリー・リソース・ガイドの販売もさせていただきました。

私の手に持っているのがライブラリー・リソース・ガイド12号で猪谷さんと私の「広報のコツ取材のツボ」が載っている号です。ぜひお買い求めください。

http://arg-corp.jp/projects/lrg-012/

販売をお手伝いいただきました皆さまに、感謝!!

山梨県立図書館にご挨拶に伺いました【広報担当のARGな日々】2016-11-11

ARG広報の鎌倉です。

明日11月12日(土)は、長野県図書館大会で講演をします。色々なところに立ち寄りたかったので電車ではなく車で東京から会場となる長野県塩尻市に向かうことにしました。

立ち寄りポイントの一つが甲府市にある山梨県立図書館です。

IMG_20161111_122553

11月30日は山梨県図書館大会で「災害と図書館」について話します。

メールのやり取りをさせてもらっている山梨県立図書館の職員の方にご挨拶がしたくて、立ち寄りました。

IMG_20161111_122523

講演の依頼もメールでいただくことが多いですし、その後も当日までメールのみ(たまに電話)でのやり取りになります。

たくさんの講師候補の中から選んでいただいたことは光栄なこと。時間が合えば直接お礼を申し伝えたいと思っています。

そういえば昨日までの第18回図書館総合展でも講演依頼を3件ほどいただきました。来年2017年12月は開いていますかというお問い合わせも。

ありがたいことです!!

幸子と真の図書館づくり・まちづくり相談会【広報担当のARGな日々】2016-11-10

ARG広報の鎌倉です。

「幸子と真の図書館づくり・まちづくり相談会」

このタイトルを見た時、漫才師になるのかと思いました。

こちら1組30分。事前予約制の相談会。施設整備から蔵書の除籍の仕方など、様々な角度からの質問をいただきました。

正直、私はまだまだ情報も経験も浅いなと実感。ほとんど岡本が答えていましたから……。

来年はパワーアップせねば、そのためにも文献の調査をするだけではなく、図書館など施設の訪問もしていかねば。

絶対的なインプットがあってアウトプットがあると改めて感じました。

CIMG5109

そんな宿題をいただきつつ、またたくさんの出会いや再会に感謝しつつ、今年の図書館総合展が終わります。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

岡本じゃなきゃだめなんですか!?【広報担当のARGな日々】2016-11-09

ARG広報の鎌倉です。

「物議を醸し出す」し、注目を集めるのは広告のテクニックの一つです。

そして今回の図書館総合展のARGブースのトークイベントで始まる前から一番物議を醸し出していたのはこちらではないでしょうか。

ARGで働くこと
~岡本じゃなきゃだめなんですか!?~

14657433_1178172118895075_308625093975185210_n

メイントークは20代の下吹越香菜と岡崎有彩。そして私が司会を務めました。

打ち合わせに行くと「岡本さんは来ないの」と聞かれることが多々あります。いつの日か、「君だからこの仕事を頼みたい」といわれるようになりたいという思いからこのタイトルをつけました。

・岡本とどのように知り合ったか
・第一印象
・ARGにどうして入ろうと思ったか
・親に反対されなかったか
・入ってみてどうだったか
・担当したプロジェクト
・ARGの働き方
・改善してもらいたい点

などざっくばらんに話をしました。

特に私たちが使用しているGoogleカレンダーを活用した働き方・仕事の進め方に関心を持つ方が多かったような。実際のGoogleカレンダーを画面に映した時「げげー」という声が上がりました。

このトークイベントをしてよかったと思う点は、終わった後「ARGのスタッフがどのように仕事をしているのかわかった」、「飛び回りながらもプロジェクトを動かせている訳が分かった」という声をいただいたこと。

こちらも朝一のトークイベントにもかかわらず、30分前から座って待機していただいた方もいらっしゃいました。ありがたや。

終わってほっとした3人組。

14925296_1111737572277769_711742045800322699_n

仕事で自分が指名される日までがんばります。

「遊びじゃないのよう広報は」にご参加いただきありがとうございます【広報担当のARGな日々】2016-11-08

ARG広報の鎌倉です。

第18回図書館総合展でのトークイベント「遊びじゃないのよ広報は」にたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

席がなくなり1時間半立ち見で参加してくださった方もいました。申し訳ございませんでした。

14938102_10210879133285228_6984701907602239912_n

午前中に別のフォーラムでの講演があり、明日には仕事があるので瀬戸内市に戻らなければいけないというご多忙の中の瀬戸内市民図書館・館長の嶋田学さんにご登壇いただきました。

1時間半、2人でトークをしながら進める形でしたが、広報は単体ではなく活動とセットで行うこと、結果以上にプロセスを見せること、市民参加というがどのように参加してもらうか、伝わることばで伝えるなど盛りだくさんのキーワードが飛び交いました。

現場にいらっしゃる嶋田学さんには数々のためになる実例をいただきました。

広報はチラシ作り、ポスター作りなどの活動に注目が行きがちですが、それは活動であり目的ではありません。

広報の定義や4つの理念を念頭に置きながら進めていけば、ぶれることはありません。そこからどのように応用させていくかになります。

**

1. 事実に基づいた正しい情報を提供する
2. ツーウェイ・コミュニケーションを確保する
3. 「人間的アプローチ」を基本とする
4. 「公共の利益」と一致させる

『広報・PR概論』 (日本パブリックリレーションズ協会編、2010年)

**

しかしこの対談、記事にしたいです。今回で終わらせるのはもったいない。

改めまして、嶋田学さんありがとうございます。そしてご参加いただいたたくさんの方に感謝いたします。

第18回図書館総合展の設営日【広報担当のARGな日々】2016-11-07

ARG広報の鎌倉です。

明日11月8日(火)からパシフィコ横浜で開催されます第18回図書館総合展の設営日です。

初めて図書館総合展に参加したのは2011年。

「L-1グランプリ2011―若手ライブラリアンのためのワークショップ式登竜門」にエントリーし、「走る移動図書館プロジェクト」で優勝しました。

http://current.ndl.go.jp/e1238

2012年からは前職のシャンティ国際ボランティア会でブースを出展。

そして今年2016年は初めてアカデミック・リソース・ガイドのパートナースタッフとしてブースに立ちます。

ARGの名刺をたくさんの方にお渡ししたいな。

CIMG5107

こちら10:00のパシフィコ横浜Dホールです。

CIMG5111

ARGの荷物も到着したようです。社長自ら台車を押して、荷物をピックアップする模様。

CIMG5153

こちらARGブースです。レンタルした椅子など到着していました。ここからどんなスペースになるのでしょうか。

CIMG5142

11月8日(火)~10日(木)のARGブースの情報はこちらをご覧ください。

▽第18回図書館総合展 ARGオープンオフィス「未来の図書館をつくる場所」
https://www.facebook.com/events/861054220662945/

講演会の資料を用意せねば【広報担当のARGな日々】2016-11-06

ARG広報の鎌倉です。

明日はいよいよ第18回図書館総合展の設営日。

今日はみんな体力温存のためか、メッセンジャーもスカイプもメールも静か。

こんな時には、本を読んでインプットしたり、ちょっと考えてやらねばいけない作業をしたいもの。

今日は11月に行う講演会のプレゼンテーション資料をゆるゆる作っています。

IMG_20161106_144827

いつもは東北の移動図書館の話をしていますが、今回はもっと広い意味で「災害と図書館」というテーマで話をします。

それに伴い、プレゼンテーションの資料をゼロから作ります。

IMG_20161106_144850

絶対、講演の日は来るのであり、手を動かさなかったらそのままであり。

スランプの日でも、とにかく1ページでもスライドを作ればゴールに一歩でも近くなる。

自戒の念を込めて。

11月は図書館総合展だけではなく講演会ラッシュでもあります【広報担当のARGな日々】2016-11-05

ARG広報の鎌倉です。

慶應義塾大学文学部・慶應義塾大学大学院文学研究科図書館・情報学専攻(SLIS)の同窓会であるSLIS三田会で講演をしました。

久しぶりの講演だったので緊張しました。

参加者の中には私と同じ青森県弘前出身の方とか、ラオスで活動を行っているNGOのボランティアをしている方とか、「プロフィールを見て面白そうだから今回参加した」と声をかけていただき感動しました。

ありがとうございます。

IMG_20161105_131739

11月は講演会も続きます。メルマガでもお伝えしておりますがARGメンバーの講演会の予定をお知らせします。

◆2016-11-11(金):
第14回 福島県図書館研究集会「豊かな未来を見据えて~図書館が果たすべきこ
と~」事例報告「未来に向けた図書館を目指して~さまざまな図書館づくり
をとおして」(野原海明)
(於・福島県/福島県立図書館)

◆2016-11-12(土):
日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)東北ローカルジャーナリスト育成講座
「地域の外とつながる情報発信術」青森会場「ウェブで伝わる文章の書き方」
(岡本真)
(於・青森県/八戸ポータルミュージアム はっち)
http://jcej.hatenablog.com/entry/2016/10/06/205512

◆2016-11-12(土):
第66回 長野県図書館大会 基調講演 対談「一人ひとりによりそう図書館になる
ために広報のコツ 取材のツボ」(猪谷千香×鎌倉幸子)
(於・長野県/塩尻市文化会館 レザンホール)
http://www.city.shiojiri.lg.jp/tanoshimu/toshokan/2016toshotaikai.html

◆2016-11-13(日):
日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)東北ローカルジャーナリスト育成講座
「地域の外とつながる情報発信術」岩手会場「ウェブで伝わる文章の書き方」
(岡本真)
(於・岩手県/オガール紫波)
http://jcej.hatenablog.com/entry/2016/10/06/205512

◆2016-11-26(土):
日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)東北ローカルジャーナリスト育成講座
「地域の外とつながる情報発信術」宮城会場「取材で話を『聞き出す』力」
(鎌倉幸子)
(於・宮城県/仙台第一生命タワービル 宮城復興局)
http://jcej.hatenablog.com/entry/2016/10/06/205512

◆2016-11-27(日):
日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)東北ローカルジャーナリスト育成講座
「地域の外とつながる情報発信術」福島会場「取材で話を『聞き出す』力」
(鎌倉幸子)
(於・福島県/ティーワンビル いわき市生涯学習プラザ)
http://jcej.hatenablog.com/entry/2016/10/06/205512

◆2016-11-30(水):
第30回山梨県図書館大会 第一分科会
「災害と図書館~その役割と復興を考える」(鎌倉幸子)
(於・山梨県/笛吹市スコレーセンター)

◇2016-12-04(日):
猪谷千香氏講演会「つながる図書館・最前線!」
猪谷千香×安城市長対談 コーディネーター:岡本真
(於・愛知県/安城市中央図書館)
http://www.city.anjo.aichi.jp/event/toshotosho/161204igayatikakouenkai.html

◇2017-02-19(日):
『困ったときには図書館へ』連続講演会 第6回「図書館の未来」
神代浩×水越克彦(岡崎市立中央図書館館長)×岡本真
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

ぜひチェックしてください。

図書館のFacebookに「いいね!」をしてほしいのは誰【広報担当のARGな日々】2016-11-04

ARG広報の鎌倉です。

11月12日(土)に長野県図書館大会で「広報のコツ」についてお話をします。
講演ではFacebookについても少しお話したいと思っています。

◆2016-11-12(土):
第66回 長野県図書館大会 基調講演 対談「一人ひとりによりそう図書館になる
ために広報のコツ 取材のツボ」(猪谷千香×鎌倉幸子)
(於・長野県/塩尻市文化会館 レザンホール)
http://www.city.shiojiri.lg.jp/tanoshimu/toshokan/2016toshotaikai.html

広報のツールの一つとしてFacebookを使っている図書館が最近増えてきました。

ただ本当に情報を届けたい人に情報が届いているのかを知る必要があると考えています。

自分たちのFacebookページに誰が「いいね!」を押しているのかチェックしたことがありますか?

Facebookページの上のバーにある「インサイト」をクリック。左にある「利用者」をクリック。すると、どこに住んでいる人が「いいね!」をしてくれているのが分かります。

もしかしたら、図書館のある自治体にお住まいの方が少なくて、他の都道府県にいる人が多いのは、他の自治体の図書館員が「いいね!」をしてくれているのかもしれません。

最初に情報を届けたい人は、自治体にお住まいだったり、通勤・通学している人たちではないでしょうか。

そのためにはちょっとした作業が必要です。

スクリーンショット 2016-11-06 12.31.32
https://www.facebook.com/library.museum.city.beppu.oita/posts/4137805990…

今、ARGでお手伝いをさせていただいている大分県別府市の図書館・美術館整備基本構想策定ですが、私は広報周りを担当をしています。

ただいま11月27日(日)に行われるワークショップの告知を行っています。ワークショップの参加者はまさにお住まいの方か、在勤・在学の方。その人たちに情報を届けるのが、ファーストプライオリティです。

そのために

・関連するFacebookグループへお知らせする

・記事の中で、Facebookページを知り合いに紹介してくださいとお願いする

ことをお願いしています。

「別府市の図書館・美術館にご関心があるお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひこのイベントページをご紹介・ご招待ください。」と入れました。

ワークショップに参加者募集のイベントページですので、紹介・招待される人もワークショップの参加資格がある人だと仮定しました。

届けたい人に、情報を届けるためちょっと手を加える必要があります。

コンテンツ配信