2004-09-18(Sat):

以下、あくまでメモとして。研究機関系のメールマガジンには、その機関のサイト(トップページ)へのリンクをつけてほしい。メールマガジンのページへのリンクはあるが、トップページへのリンクがないケースが散見される。案外不便。

たとえば、

・「カレントアウェアネス-E」(国立国会図書館)

http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/

には、国会図書館トップページへのリンクがほしい。

話は変わって、情報科学技術協会のシンポジウムは、今年から看板をつけかえ「第1回情報プロフェッショナルシンポジウム(INFOPRO 2004)」となるらしい。テーマが多様だが、あれこれと手を出す前に「情報プロフェッショナルとはなんぞや?」という統一テーマを掲げたほうがいいと思う。私は機関誌購入のために会費を払っている会員に過ぎないが、それでもこの「情報プロフェッショナル」という言葉には気恥ずかしさを覚えてならない。

・第1回情報プロフェッショナルシンポジウム(INFOPRO 2004)

2004-09-24(Fri):

岩波ブックセンター書物復権フェア

名和小太郎講演会「出版とディジタル著作権 電子出版、読者から見た期待と懸念」

(於・岩波ブックセンター)

http://www.i-bookcenter.com/news/huken_top.html

文部科学省、「我が国の研究活動の実態に関する調査報告(平成15年度)」を公開

文部科学省が「我が国の研究活動の実態に関する調査報告(平成15年度)」を公開した(2004-09-15)。「自分の研究を説明する場として活用したい場所」という調査項目に、「インターネットのホームページ等を通じて」という選択肢が設けられている。

・我が国の研究活動の実態に関する調査報告(平成15年度)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/09/04091501.htm

大阪大学大学院人間科学研究科SRDQ事務局、質問紙法に基づく社会調査データベース(SRDQ)を公開

大阪大学大学院人間科学研究科SRDQ事務局が質問紙法に基づく社会調査データベース(SRDQ)を公開している(公開日不明)。「様々な社会調査の標本設計や質問文・選択肢、さらに一部の調査については調査結果 (個票データ)を公開してい」る(「はじめに」)。当然のこととは思うが、科研費を使った研究成果が公開されることは喜ばしい。なお、現在はテスト公開中のため、データの範囲が限られているとのこと。

・質問紙法に基づく社会調査データベース(SRDQ)

http://srdq.hus.osaka-u.ac.jp/

英語?日本語電気専門用語辞書が公開

英語?日本語電気専門用語辞書が公開されている(2003-07-04)。現在の収録語彙数は、約1万8千。

・英語?日本語電気専門用語辞書

http://www.geocities.jp/ps_dictionary/

植村八潮さん、ブログ「ほんの本の未来」を開始

植村八潮さんがブログ「ほんの本の未来」を開始している(2004-07-15)。植村さんは学術出版の編集者。

・ほんの本の未来

http://yashio.cocolog-nifty.com/

沖縄国際大学キャンパスへの米軍ヘリ墜落事故・事件に関する情報を集約したOkiWiki公開

沖縄国際大学キャンパスへの米軍ヘリ墜落事故・事件に関する情報を集約したOkiWikiが公開された(2004-09-18)。週末に開催される緊急シンポジウムの情報を伝えている。

・OkiWiki

http://www.okinawaforum.org/okiwiki/

沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事件対策本部、米軍ヘリ墜落事件に関する情報を公開

沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事件対策本部が米軍ヘリ墜落事件に関する情報を公開した(2004-08-16)。トップページ末尾にある「本事件により、ネットワーク回線が切断・破壊された為情報をアップできなかった事をご理解ください」という一文が重い。

・米軍ヘリ墜落事件に関する情報

http://www.okiu.ac.jp/urgent.html

沖国大ヘリ墜落事件情報ネットワーク、サイト開設

沖国大ヘリ墜落事件情報ネットワークのサイトが開設された(2004-08-23)。先日発生した沖縄国際大学キャンパスへの米軍ヘリ墜落事故・事件の情報を集約している。

・沖国大ヘリ墜落事件情報ネットワーク

http://www.okiuwebnet.com/syamaguchi/network/jhome.html

地球産業文化研究所、「温室効果ガス(GHG)プロトコル 事業者排出量算定報告基準 改訂版」和訳を公開

地球産業文化研究所が「温室効果ガス(GHG)プロトコル 事業者排出量算定報告基準 改訂版」和訳("The Greenhouse Gas Protocol - A Corporate Accounting and Reporting Standard REVISED EDITION")を公開した(2004-09-15)。

・「温室効果ガス(GHG)プロトコル 事業者排出量算定報告基準 改訂版」和訳("The Greenhouse Gas Protocol - A Corporate Accounting and Reporting Standard REVISED EDITION")

http://www.gispri.or.jp/kankyo/ghg/

コンテンツ配信