編集日誌

2006-10-19(Thu): 大学職員と大学教員はパートナーか

2006-10-10(Tue)の編集日誌「これが決定版!本当に「強い大学」」で紹介されていた京都大学若手職員による業務改善提案「KUFプロジェクト報告書」を読む。ざっと目を通した程度だが、職員内部にこういった動きがあるのは歓迎すべきことだろう。日本のほとんどの大学では、職員を単なる事務職とみなす体制をとっているが、大学運営においては教員と対等のパートナーであるという体制を整えていってほしいものだ。実際、大学教員の方々は大学職員という存在をどうとらえているのだろうか。しばしば耳にする大学教員の業務負荷の問題も大学職員の位置づけを教員同等に大学を構成するパートナーとして位置づけていくだけでずいぶんと変わってくるのではないだろうか。野球やサッカーにたとえれば、大学教員はグラウンドで活躍する選手や選手を指揮・統率する監督、コーチにあたるのだろう。だが現状ではプレイヤーでありつつ、同時に球団の経営やチームの補強にあたるフロントを兼ねているのではないだろうか。すべてを一手に担うのではなく、大学職員という身近な存在の意義をいま一度見直せないだろうか。

なお、KUFプロジェクトについては、すでに大学職員関係のブログ「大学職員.net」や「俺の職場は大学キャンパス」で言及されている。

2006-10-18(Wed): 企業サイト≒デジタルライブラリーを実感

10月12日(木)の専門図書館協議会特別セミナー「ウェブで広がる図書館サービスの可能性 ?Web2.0時代に向けて」の際、建設会社の清水建設のサイト構築についてうかがう機会があった。サイトを見て驚愕する。「清水建設二百年史」と題して、清水建設がこれまで取り扱った物件について、図面や外観図など、実に詳細な情報が提供されている。紹介されている建造物のなかには、すでに取り壊されたものもあると思うと、清水建設のこの発信が唯一その建造物の姿をいまに伝えているのかもしれない。企業には、企業サイトには、デジタルアーカイブとしての可能性が眠っていることを実感させられる。

・専門図書館協議会特別セミナー「ウェブで広がる図書館サービスの可能性 ?Web2.0時代に向けて」

http://blog.goo.ne.jp/sentokyo/d/20060913

・清水建設の歴史

http://www.shimz.co.jp/200th/

2006-10-16(Mon): 政治の一貫性 ?前知事のウェブ発信の削除と保存(2)

2006-10-09(Mon)の編集日誌「政治の一貫性 ?前知事のウェブ発信の削除と保存」には、トラックバックが3件寄せられるなど、思いのほか反響があった。さて、その後、この件について長野県知事の会見で質疑があったこと教えられた。まずは会見記録をお読みいただきたい。

・知事会見(2006-10-12)

http://www.pref.nagano.jp/hisyo/press/20061012.htm

「都合の悪い歴史を無きものにするというような前時代的であるとか、歴史の改ざんに近いというような評価もある」という朝日新聞の浜田陽太郎記者の問いかけに対して、

それは随分大げさな表現ですね。

と答えてしまっているところに、村井仁知事がこの問題をどのように認識しているのかがよくわかる。ともあれ一般の市民からの質問を含め都合5回に渡って会見出席者が食い下がったためか、

2006-10-17(Tue): ノーベル平和賞に思う学術資源の充実ぶり

2006年のノーベル平和賞はバングラデシュのグラミン銀行と設立者のムハマド・ユヌスさんだった。グラミン銀行に関心を持って調べてみると、

・マイクロクレジット・グラミン(村の)銀行(高田一樹さん)

http://www.geocities.jp/li025960/home/topics/g01.html

・坪井ひろみ「グラミン銀行における借り手集団の相互信頼関係:ネットワーク分析」(『アジア経済』43-9、2002)【PDF】

http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Ajia/pdf/2002_09/article.pdf

といったリソースがみつかる。日本語のインターネット環境ではまだまだ学術資源が乏しいという声をときに耳にするが、10年前を思えば進境著しい。

2006-10-11(Wed): 読了『グーグル・アマゾン化する社会』(森健、光文社新書、2006年)

『グーグル・アマゾン化する社会』(森健、光文社新書、2006年)を読み終える。GoogleやAmazonをやみくもに讃えるのでもなく、同時に一方的にこきおろすのでもなく、落ち着いたトーンで書名通り『グーグル・アマゾン化する社会』の実態と課題を描き出している。余談になるが、この書名は本書のなかでも言及されている『フラット化する社会』(トーマス・フリードマン著/伏見威蕃訳、日本経済新聞社、2006年)を意識したものだろう。一見、ベストセラーの模倣にみえるかもしれない。しかし、読み通してみると、本書のタイトルはこの『グーグル・アマゾン化する社会』しかなかったことがよくわかる。『フラット化する社会』で挙げられた課題やそこに通底するトーマス・フリードマンの問題意識を森健さんがいかに深く受けとめ、自分自身の問題関心に重ね合わせたかがうかがえる。余談ついでに正直にいうと、これまで著者の森健さんの文章、特にIT系を論じた文章にはとっつきにくさを感じたいたのだが、本書でそのイメージは完全に塗り替えられた。

さて、本書へのコメントにはもう少し日数をかけたいが、まだ読んでいないという方に向けて参考となるコメントを幾つか残しておきたい。

まず、森健さんが自分のブログで述べている

2006-10-12(Thu): 専門図書館協議会特別セミナー「ウェブで広がる図書館サービスの可能性 ?Web2.0時代に向けて」

専門図書館協議会特別セミナーで「ウェブで広がる図書館サービスの可能性 ?Web2.0時代に向けて」と題して講演。初めてお目にかかる方が多く、それだけをもっても有意義な時間。長期未更新のままとなっている「リンク集-専門図書館」に手を入れなければいけないと痛感。

専門図書館協議会と接点を持つことは初めてだったが、一つ気づかされたのは一口に専門図書館とくくっても、公共図書館や大学図書館という括りとは異なるということ。専門図書館は館ごとに組織の形態と取り扱うジャンルが大きく異なる。企業内に置かれた専門図書館から財団法人として運営される専門図書館など、運営形態や組織原理がまったく異なる館が多数存在する。サービスの主たる対象も社員、その分野の研究者や実務家、一般の市民まで実に幅広い。そして、主題とするテーマも異なる。これだけ多様な図書館を専門図書館という切り口だけでまとめあげていくのは大変なことだろう。だが、同時にこの多様性こそが公共図書館や大学図書館にはない可能性を秘めているのかもしれない。

・専門図書館協議会特別セミナー「ウェブで広がる図書館サービスの可能性 ?Web2.0時代に向けて」

2006-10-13(Fri): 二村一夫さん、二木麻里さん、本間善夫さんと会食

小著『これからホームページをつくる研究者のために』の出版のお祝いということで、学会参加のために東京にお出でになられた本間善夫さんを迎え、二村一夫さん、二木麻里さんらと会食。濃密な時間のなかで様々な話題が出て楽しいひととき。

・二村一夫著作集(二村一夫さん)

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/nk/

・ARIADNE(二木麻里さん)

http://ariadne.jp/

・生活環境化学の部屋(本間善夫さん)

http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/

・『これからホームページをつくる研究者のために』(岡本真、築地書館、2006年、2940円)

2006-10-14(Sat): 省庁系の研究助成

以前新聞で読んだ記憶があるが、中央省庁が実施する研究助成は約30あるという。科学研究費補助金や科学技術振興調整費の他にどんな研究助成があるのだろう。厚生労働科学研究費補助金(旧:厚生科学研究費補助金)や廃棄物処理等科学研究費補助金が思いつくが30には到底及ばない。他の研究助成をご存知の方、教えてください。

・日本学術振興会 - 科学研究費補助金

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/

・文部科学省 - 科学研究費補助金

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/main5_a5.htm

・厚生労働省 - 厚生労働科学研究費補助金(旧:厚生科学研究費補助金)

2006-10-15(Sun): 歴史的図書館用品を探して

図書館用品の大手業者にキハラ株式会社という企業がある。そのキハラ株式会社が日本図書館協会に協力して、「歴史的図書館用品の調査・収集」に取り組んでいる。たとえば、

戦前・戦後(昭和40年頃まで)の図書館家具と用品カタログ

間宮商店またはジャパンライブラリービューローの図書館用品

古野式カード謄写印刷機

学校図書館で使用していた入館者の数取機(図書館員の自作のもの)

セリン(Se-lin)ラベル作成機

秋岡式冊子式図書目録簿

といったものを特に探しているという。心当たりがある方、ぜひ協力してあげてほしい。

・歴史的図書館用品の調査・収集

http://www.kihara-lib.co.jp/history/

・キハラ株式会社

2006-10-10(Tue): これが決定版!本当に「強い大学」

「週刊東洋経済」2006年10月14日特大号は特集「これが決定版!本当に「強い大学」」。就職後の稼ぎでランキングの1位に母校の名前が挙がっているが、まさかねえ?と思いつつ記事を読むと、ああやっぱりね、という調査手法の技があった。

さて、そんな下世話な話をどうでもよく、この特集に東京大学総長・小宮山宏さんのインタビューが載っている。とにかく歯切れのよい語り口がすごい。

グーグルが大学になるなら、やればいい。大学を潰せばいい。

(中略)

グーグルと大学のアーカイビングは全然違う。

といった発言が飛び出している。

・週刊東洋経済

http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/

・東京大学 - 総長室から