編集日誌

2005-03-27(Sun):

メモとして。

竹内有理「デジタルメディアの可能性 ?文化資源を守る、残す、使うために?」

http://www.bunkanken.com/journal/article.php?id=201

株式会社文化環境研究所のサイトは非常に情報量が豊富で、かつ内容もよい。なお、同研究所は株式会社乃村工藝社の社内組織が別法人化されたもの。

・株式会社文化環境研究所

http://www.bunkanken.com/

・株式会社乃村工藝社

http://www.bunkanken.com/

2005-03-26(Sat):

朝日新聞夕刊に「増上寺の石灯籠を探せ」という記事。戦後散逸した増上寺の石灯籠の追跡調査を紹介。

・増上寺の石灯籠

http://members.jcom.home.ne.jp/tom-itou/

・増上寺旧徳川将軍墓関係資料の所在調査

http://www.city.minato.tokyo.jp/kyoiku/shisetsu/kyodo/2_08.html

2005-03-25(Fri):

2005-06-02(Thu)?2005-06-03(Fri)に学術総合センターで、平成17年度国立情報学研究所オープンハウスが開かれる。過去2年分の記録をみると、ぜひいってみたいのだが、平日開催という日程が困る。「研究所の研究活動及び研究成果を広く社会の方々に知っていただくため」に催すのなら、週末をはさんでほしい。

・平成17年度国立情報学研究所オープンハウス

http://www.nii.ac.jp/hrd/HTML/OpenHouse/

・平成16年度国立情報学研究所オープンハウス

http://www.nii.ac.jp/hrd/HTML/OpenHouse/h16/archive/

・平成15年度国立情報学研究所オープンハウス

2005-03-24(Thu):

国立情報学研究所の市民講座が新書になるようだ。

・情報研新書?丸善ライブラリー?の刊行について

http://www.nii.ac.jp/nii-shinsho/

2005-03-23(Wed):

そろそろ愛・地球博(愛知万博)が開幕する。強い関心はないのだが、パビリオンのサイトを見て回っておくくらいはしておきたいが、その時間は当面とれないだろう……。残念。

・愛・地球博(愛知万博)

http://www.expo2005.or.jp/

2005-03-22(Tue):

21世紀大学経営協会というNPO法人があることを知る。大学のマネジメントが本格的に議論される時代になったということか。大学卒業の頃、大学職員として働いていくことを考えたことがある身としては感慨深い。

・21世紀大学経営協会

http://www.u-ma21.com/

2005-03-21(Mon):

獨協大学図書館が「雑誌見直しのページ」を公開しているのをみつけた。予算不足や価格高騰から、大学図書館が雑誌講読の見直しを進め、それが問題になっているという話は聞くが、その状況を公開するページははじめてみたように思う。

・雑誌見直しのページ

http://www.dokkyo.ac.jp/library/sensho/zasshi/

・獨協大学図書館

http://www.dokkyo.ac.jp/library/

2005-03-20(Sun):

準備してきた学術系メルマガMLがまもなくスタートできるところまできた。約50誌にご案内し、30%程度の参加率は上々だろう。なお、多少誤解を招いているようなので、あらためて述べておくと、組織・団体のメールマガジンの編集・発行に携わる方々で構成するが、その組織や団体としての参加を求めているわけではない。参加・発言は、あくまで個人の立場からで一向に構わない。まずは編集・発行者間のコミュニケーションの場をつくりたいと思っている。属する組織や団体との関係上、参加を悩んでいる方がいれば、一度ご相談ください。

・学術系メルマガML(ml_amm)のご案内

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ml_amm.html

・学術系メルマガML

http://groups.yahoo.co.jp/group/ml_amm/

2005-03-19(Sat):

昨日の朝日新聞にいささかショッキングな記事。

・「極地研所長を告訴へ 北大、2千万円横領容疑で」(朝日新聞、2005-03-18)

http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY200503180152.html

記事にもある通り、島村さんは反論しているという。

私の懸念は、容疑のあれこれではなく、この件をきっかけに島村さんがご自分のホームページを閉鎖しないかということだ。以前、新着・新発見リソースの欄で紹介したように、

◆所長日記

2005-03-18(Fri):

朝日新聞の夕刊に「ネットに漂う米社会の息苦しさ 作家らの発言集める青山南さん」という記事がある。集英社の「すばる文学カフェ」で「ロスト・オン・ザ・ネット」を連載する翻訳家の青山南さんを紹介している。この連載を抜粋したのが、『ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化』(青山南著、岩波新書、735円)。

・ロスト・オン・ザ・ネット

http://subaru.shueisha.co.jp/html/lost/lost_index.html

・すばる文学カフェ

http://subaru.shueisha.co.jp/

・『ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化』(青山南著、岩波新書、735円)