編集日誌

2006-09-17(Sun): 日本社会心理学会1日目@東北大学

東北大学で開催される日本社会心理学会第47回大会に参加するため仙台へ。懇親会では宮田加久子さん、山岸俊男さん、池田謙一さんはじめ、大勢の方々にお目にかかれてよかった。

これまで幾つかの学会に参加してきたが、日本社会心理学会は懇親会の出席率が高い印象がある。懇親会の会場には、宮城の地酒を集めたコーナーが特設され、東北大学の先生方が出席者の好みに応じてお酌をされていた。聞けば、昨年の大会ではワインの銘酒コーナーが特設されていたという。ポイントはそこにあるか。学会シーズンを向かえ、読者の方々も各地で開催される大会・総会に出席されると思うが、懇親会のここが魅力というものがあれば、ぜひ教えていただきたい。

さて、もう一つ思ったことだが、学会参加者がつける名札はもう少し大きくできないだろうか。これは日本社会心理学会に限ったことではないが、どの学会も名札の名前の字が小さい。私のような部外者にとって、お名前とお顔が一致しない方が多いと、目当ての方を探すのが毎回一苦労である。たぶん、これは大学院生にとっても同じことではないだろうか。10月、11月にかけて、これから大会を開催する主催関係者の方々にはぜひ検討をお願いしたい。

・日本社会心理学会第47回大会

2006-09-16(Sat): 考古学専門図書館の開設を提案する

日本考古学協会が「意見を求めます…協会所蔵図書の取扱い及び報告書等の受入れに関し今後のあり方について」という文書を公開している。会員や関係機関から寄贈された考古学関係図書や遺跡発掘調査報告書の受け入れが保管スペースや経費の問題から困難になっているという。同協会は今後の方針として以下の3点を挙げて会員の意見を募っている。

1. 今後、遺跡発掘調査報告書等の収集は行わない。

2. 現有蔵書(市立市川考古博物館及び民間倉庫に保管分)については、一定の条件を付して、公的施設に一括寄付する。

3. 上記の寄付先は、公募する。

会員の意見募集は2006年10月末までで、その後、理事会で方針案を策定し、2007年3月の会報に方針案を掲載、2007年5月の第73回総会で議決するという。

2006-09-14(Thu): 週末は東北へ

日本社会心理学会第47回大会に参加するため、9/17(日)?9/18(月)に東北大学へ行く。仙台は小学生のときに訪れて以来だから、20年ぶりか。

・日本社会心理学会第47回大会

http://db1.wdc-jp.com/jssp/conf/jssp2006/

・日本社会心理学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jssp/

2006-09-15(Fri): 最古のメールマガジン(2)

2006-08-15(Tue)の編集日誌「最古のメールマガジン」でふれたが、本誌は「まぐまぐ!」の「教育・研究 > 大学・大学院」カテゴリに属するメールマガジン58誌中、最古のメールマガジンという。ということで「まぐまぐ!」から「草分けメルマガ」に認定されたのだが、その特製バナーが完成したと連絡を受ける。なかなかの出来。早速、サイトのトップページに貼り付ける。

・2006-08-15(Tue)の編集日誌「最古のメールマガジン」

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060817/1155746258

・まぐまぐ!の「教育・研究 > 大学・大学院」カテゴリ

http://www.mag2.com/j/sch/un/0001.html

・ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)

2006-09-06(Wed): 「ライブラリアンのネットワーク」に賛成

山中湖情報創造館ブログに「ライブラリアンのネットワーク」と題した呼びかけが掲載されている。

1. 正規雇用の公務員である図書館職員

2. 非正規雇用の図書館職員

3. 民間図書館、指定管理者、PFI等の非公務員(民間人)の図書館書職員

4. 将来図書館職員として働く事を希望する待機する人

を個人として結び付けていきたいという趣旨。強く賛成。最近、図書館関係の方々に向けて講演させていただくことが増えているが、未来の図書館に期待する私としてはぜひ「4. 将来図書館職員として働く事を希望する待機する人」に向けてメッセージを発したい。

・「ライブラリアンのネットワーク」(山中湖情報創造館ブログ、2006-09-06)

http://yamanakako.exblog.jp/4242577/

・山中湖情報創造館ブログ

2006-09-07(Thu): Google News Archive Search

Googleには感心させられることばかり。

・「米グーグル、過去ニュースの検索範囲拡大」(日本経済新聞、2006-09-07)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060907AT2N0600607092006.html

・「グーグル、過去記事検索サービス開始へ【WSJ】」(日本経済新聞、2006-09-07)

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba000007092006

・「米グーグルが記事検索を大幅拡充、1700年代まで」(読売新聞、2006-09-07)

2006-09-08(Fri): Web Evaluation

指宿信さんのブログに「オンライン書店の比較とネットコンテンツの評価スキル」という記事。「Web Evaluation」という言葉を知る。

・「オンライン書店の比較とネットコンテンツの評価スキル」(blog of Dr. Makoto Ibusuki、2006-08-30)

http://imak.exblog.jp/4204434/

・blog of Dr. Makoto Ibusuki

http://imak.exblog.jp/

2006-09-09(Sat): 専門図書館協議会での講演予定

専門図書館協議会で以下の講演を行います。

2006-10-12(Thu):

専門図書館協議会特別セミナー「ウェブで広がる図書館サービスの可能性 ?Web2.0時代に向けて」

(於・東京都/日本図書館協会会館)

http://blog.goo.ne.jp/sentokyo/d/20060913

有料となりますが、非会員の方の参加も可能です。よろしければ、ぜひご参加ください。

・専門図書館協議会

http://www.jsla.or.jp/

2006-09-10(Sun): 大学のマスコットキャラクター

京都教育大学のサイトで大学のマスコットキャラクターというのを発見。他の大学の事例を探してみた。

・京都教育大学 - そったくん

http://www.kyokyo-u.ac.jp/KOUHOU/mascot/

・大阪国際大学 - キャプテングロービー、チャーミィジェンヌ

http://www.oiu.ac.jp/gaiyo/mascot.htm

・兵庫教育大学 - ひょうちゃん

http://www.office.hyogo-u.ac.jp/pro/koho/doc/logo4.html

・高松大学 - かすがたぬき たーちゃん

2006-09-11(Mon): 9・11から5年

あのときの衝撃とその後の様々な事態に心を痛めますが、あの事件をきっかけに研究者が個人サイトで一斉に発言したことも大きな意味を持っています。

・「対米同時多発テロ事件をめぐる発信」(総集編その1)(第141号、2002-09-29)

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/141.html

・「対米同時多発テロ事件をめぐる発信」(総集編その2)(第142号、2002-10-05)

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/142.html

・2005-04-02(Sat)の編集日誌