2005-12-29(Thu): CIOが気になる

最近、CIO(Chief Information Officer/最高情報責任者)というポジションが気になっている。日本では中央省庁の官房長クラスを情報化統括責任者(CIO)とし、2002年にはIT戦略本部に「各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議」が置かれている。さらに2003年には、CIOを実務面で補佐する「情報化統括責任者(CIO)補佐官」が置かれ、2004年には各府省情報化統括責任者(CIO)補佐官等連絡会議が設けられている。つい先日、経済産業省の「CIOの機能と実践に関するベストプラクティス懇談会」が報告書を公表し、2006年早々には国際CIO学会が設立されるという。ちなみに早稲田大学にはCIO養成を掲げた大学院まで設けられている。CIOというと現状ではシステム寄りの考え方が強いようだ。しかし、「情報」に対するより広範な視野が求められる役割ではないだろうか。

・各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/

・各府省情報化統括責任者(CIO)補佐官等連絡会議

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/hosakan/index.html

・「CIOの機能と実践に関するベストプラクティス懇談会」報告書の公表について

http://www.meti.go.jp/press/20051221001/20051221001.html

・国際CIO学会

http://www.waseda.jp/assoc-cioacademy/

・早稲田大学大学院国際情報通信研究科CIO・ITコース

http://www.obi.giti.waseda.ac.jp/CIOWEB/