2020-05-16(Sat): 最近の読書

これまで移動時間は寝ていたのですが、移動が皆無となり、大幅に可処分時間が増えました。結果、読書と動画視聴の時間が増えたわけです。ということで、最近読み終えた本です。

・デヴィッド・スタックラー 、サンジェイ・バス著、橘明美、臼井美子訳『経済政策で人は死ぬか?-公衆衛生学から見た不況対策』(草思社 、2014年)
)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B087C15XV9/arg-22/

実に考えさせられる一冊でした。現在の状況とシチュエーションはかなり異なるのですが、非常に参考になります。

・岩崎育夫著『物語 シンガポールの歴史 エリート開発主義国家の200年』(中公新書、2013年)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B071ZZ99PM/arg-22/
・桜田美津夫『物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで』(中公新書、2017年)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07FDTV5SP/arg-22/

中公新書の歴史物語シリーズを読んでいます。シンガポール版は物語としてもかなり卓越した一冊でした。

★ 都市経営プロフェッショナルスクールで次世代図書館専門課程の参加申込受付中 ★

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)と一般社団法人公民連携事業機構が共催する「次世代図書館専門課程」の参加申込を受け付けています。

概要やカリキュラムについては、都市経営プロフェッショナルスクールのサイトをご覧ください。
https://www.ppp-ps.net/program/school/course-library

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』好評販売中

LRG30

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

◆巻頭言 さまざまな節目とゲストエディターの導入[岡本真]

◆総特集 argのデザインとプロデュース-これまでとこれから[岡本真、李明喜]

・対談 あらためて考える、サードプレイスと図書館[新出(富谷市図書館開館準備室)×李明喜(arg)]
・付録資料 図書館・公共のデザインの実践

◆司書名鑑 第25回 佐藤翔(同志社大学 免許資格課程センター 准教授)

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第8回「公共セクターから見た地方都市のアップデート」[伊東大貴]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第13回「天候と図書館の貸出冊数の関係」[佐藤翔]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第4回「華麗なる忖度祭り」[小田理恵子]

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp