2020-06-30(Tue): 『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)第31号の刊行と「購読」について思うこと

詳しくは、

・『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)第31号(特集「図書館からLibraryへ」)を刊行
https://arg-corp.jp/2020/06/30/lrg-17/

をご参照ください。

さて、こういうことを書くと、経営が厳しいのか?等と心配されるので普段はあまり言わないようにしているつもりなのですが、『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)の読者層の方々にぜひお考えいただければと思い、一言二言。

先日の『朝日カメラ』の廃刊の際にも、嘆く声を見聞きしました。本誌の主たる読者層である図書館関係者層においてもです。でも、待ってください。本当にその雑誌を購読していましたか?あるいは定期購読していましたか?買って支持するという行為がなければ、廃刊になったときに嘆き悲しんでも正直意味ないのですよ……。少なくとも発行者サイドからすればそうなのです。

ということで、ぜひこの機会に定期購読をご検討ください。発行者の立場からすると、発行する時点で売上が確定する定期購読者の存在は本当にありがたいものなのです。

なお、もちろん図書館でお読みいただくのも歓迎です。もし、ぜひ最寄りの図書館に所蔵がないようなら、購読を働きかけていただければと思います。いわゆる機関購読の存在も非常に助かるものです。

以上、ご参考までに。もし、関心をお持ちの方々が一定数いらっしゃるようなら、こういった雑誌刊行のライフサイクルのようなものを語るイベントをするのもよいかなと思っています。

★ 都市経営プロフェッショナルスクールで次世代図書館専門課程の参加申込受付中 ★

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)と一般社団法人公民連携事業機構が共催する「次世代図書館専門課程」の参加申込を受け付けています。

概要やカリキュラムについては、都市経営プロフェッショナルスクールのサイトをご覧ください。
https://www.ppp-ps.net/program/school/course-library

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』好評販売中

LRG31

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

◆巻頭言 新体制の始動[岡本真(arg)]

◆特集 図書館からLibraryへ[責任編集:福島幸宏(東京大学大学院情報学環)]
・特集にあたって[福島幸宏]
・特集論考:図書館機能の再定置[福島幸宏]
・付録資料:デジタルアーカイブ環境下での図書館機能の再定置
・実践報告:記憶から記録へ 大阪市立図書館における「思い出のこし」事業[相宗大督(大阪市立図書館/日本図書館協会認定司書)]
・総括鼎談:「地域資料」を超えて 図書館からLibraryへ[田村俊作(慶應義塾大学名誉教授)、福島幸宏、相宗大督]

◆司書名鑑 第26回 相宗大督(大阪市立図書館/日本図書館協会認定司書)
・付録資料:地方自治の変化を背景とした、公共図書館と議会図書室のあり方に関する考察

◆連載 島ではじめる未来の図書館 番外編:島それぞれの図書館(男木島)[田中輝美]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第12回:コロナ禍で否応なく再編される世界のなかで、図書館は変わるのか/変われるのか[猪谷千香]

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第9回:ビジネスのあり方もチャンスも大きく変わったすべてがリセットされたアフターコロナの世界[伊藤大貴]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢を見るか LRG 編 第14回:図書館で新規利用登録するのはどんなタイミング?そのまま利用者は定着するの?定着する人としない人の違いは?調べてみました![佐藤翔]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第5回:バーチャル議員[小田理恵子]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)業務実績 定期報告
STAFF VOICE
次号予告

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp