国立情報学研究所、国立遺伝学研究所、三菱総合研究所先端科学研究センター、東京理科大学薬学部、Jabion(「次世代バイオポータル」試行版)を公開(2004-11-12)

国立情報学研究所、国立遺伝学研究所、三菱総合研究所先端科学研究センター、東京理科大学薬学部が共同して、「Jabion」を公開した(2004-11-12)。文部科学省科学技術振興調整費による「新世代バイオポータルの開発研究」プロジェクトにより作製・運用されているとのこと。「ビギナーとプロのための日本語バイオポータルサイト」を掲げ、用語辞書、遺伝子百科、コラムなどを公開している。コラムには「青いバラをつくる」「BSEに感染しない牛」など、時事的関心を集めた話題に関する研究者の寄稿が掲載されており、確かにビギナーへの配慮がうかがえる。ただし、用語辞書、遺伝子百科は内容が高度な印象を受ける。どの部分がビギナー向けで、どの部分がプロ向けなのか、公開する側がもっと意識してサイトを制作する必要があるだろう。またこのサイトの目的や概要をまとめたページがほしい。Jabionと国立情報学研究所でそれぞれ公開に伴うリリース「日本語バイオポータル試行版の公開を開始 ?最新の研究情報を、わかりやすい日本語で?」を公開しているが、国立情報学研究所版は15頁、Jabion版は6頁と違いがあるのはなぜだろうか。また国立遺伝学研究所、東京理科大学薬学部、三菱総合研究所にはリリースが掲載されていないこともわかりにくい。リリース「日本語バイオポータル試行版の公開を開始 ?最新の研究情報を、わかりやすい日本語で?」についていえば、長すぎる。詳細な説明資料とは別に、Jabionの公開とその意義について1頁にまとめたリリースが必要だ。おそらくは、広報の専門家がいないのだろうが、開発・公開に向けて注いだ労力を無にしないためにも、広報するという点にも力を注げる体制づくりを急ぐべきだろう。

・Jabion

http://www.bioportal.jp/

・「日本語バイオポータル試行版の公開を開始 ?最新の研究情報を、わかりやすい日本語で?」(国立情報学研究所)

http://www.nii.ac.jp/kouhou/press20041112.pdf

・「日本語バイオポータル試行版の公開を開始 ?最新の研究情報を、わかりやすい日本語で?」(Jabion)

http://www.bioportal.jp/openhouse/jabion/bioportal041112.pdf

・国立情報学研究所

http://www.nii.ac.jp/index-j.html

・国立遺伝学研究所

http://www.nig.ac.jp/

・東京理科大学薬学部

http://www.ps.noda.tus.ac.jp/yakugakubu/

・三菱総合研究所

http://www.mri.co.jp/