東京大学東洋文化研究所、アジア古籍電子図書館を公開

東京大学東洋文化研究所がアジア古籍電子図書館を公開した(2006-03-31)。今回は同時にアラビア語写本ダイバーコレクションデータベースとサンスクリット語写本データベースが公開されている。アジア古籍電子図書館は、これら2つの新たなデータベースと従来から公開されている漢籍善本全文影像資料庫と明代図像資料三才圖會データベースという同研究所が有するアジア古籍の全文データベースへの入口と位置づけられている。

現在のところは入口以上の機能を持たないが、今後公開されるデータベースが増えるに従い、有用性が増してくるだろう。また、各データベースの間で機能的な連携が図られることも期待したい。

なお、同様の趣旨でアジア関連の写真資料のデータベースへの入口として、アジア写真資料集成データベースが設けられている。

・アジア古籍電子図書館

http://imglib.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・「アジア古籍電子図書館」の公開について(東京大学附属図書館、2006-04-14)

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/tobunken_06_04_14.html

・アラビア語写本ダイバーコレクションデータベース

http://ricasdb.ioc.u-tokyo.ac.jp/daiber/db_index.html

・サンスクリット語写本データベース

http://utlsktms.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・漢籍善本全文影像資料庫

http://shanben.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・明代図像資料三才圖會データベース

http://kande0.ioc.u-tokyo.ac.jp/kande/_tewXIf_.html

・アジア写真資料集成データベース

http://kande0.ioc.u-tokyo.ac.jp/ap/

・東京大学東洋文化研究所

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/