国立公文書館、歴史公文書探究サイト「ぶん蔵」を公開

国立公文書館が歴史公文書に関する啓発や知識の普及を目的とした歴史公文書探究サイト「ぶん蔵」を公開した(2006-07-03)。キャラクターとの対話をふんだんにとりいれるなど、子ども向けサイトという印象を持つが、国立公文書館としては歴史公文書になじみのない一般層も対象に含めている。同館が掲げるサイトの目的は以下の通り。

「歴史公文書」を知らない一般の利用者のかたがたの関心を引くサイト

「歴史公文書」についてのあらゆる情報や知識を得ることが出来るサイト

一般利用者が楽しみながら「歴史公文書」や所蔵機関について学ぶことが出来るサイト

なお、このサイトの公開は同館をはじめ複数の機関で構成する歴史公文書等所在情報ネットワーク検討連絡会議によって進められている。近年、アーカイブスの重要性が認識されつつあるが、「ぶん蔵」の登場はその流れの一環であり、同時にその流れを補うものといえるだろう。

・ぶん蔵

http://www.bunzo.jp/

・「歴史公文書探究サイト『ぶん蔵』の開設について?ぶん蔵博士たちが案内する歴史公文書の世界?」

http://www.archives.go.jp/news/060703.html

・よくわかる公文書講座?国立公文書館の子ども向けウェブサイト

http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=521

・「歴史公文書等所在情報ネットワーク検討連絡会議」について

http://www.bunzo.jp/archives/750thissite/000084.html