東京文化財研究所黒田記念館、「グレー紀行」を公開

文化財研究所東京文化財研究所の黒田記念館が明治期の洋画家・黒田清輝ゆかりの地であるパリ近郊のグレー・シュル・ロワン村を訪れた記録を「グレー紀行」として公開している。黒田はフランス留学中の1888(明治21)年にグレー村に滞在し、後の代表作を描いている。

・グレー紀行

http://www.tobunken.go.jp/kuroda/grez/

・黒田記念館

http://www.tobunken.go.jp/kuroda/

・文化財研究所東京文化財研究所

http://www.tobunken.go.jp/

・文化財研究所

http://www.nabunken.go.jp/bunkazai/mokuji.htm