2005-01-29(Fri):

すでにかなり日にちが経ってしまったが、昨年12月の大ニュースをあらためて紹介しておこう。

「国会図書館、ウエブサイトも06年から保存へ」(日本経済新聞)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20041207AT1E0400807122004.html

「国立国会図書館:ホームページを収集、保存へ」(毎日新聞)

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20041210k0000m040131000c.html

「国会図書館、国内Webページの収集・保存を行なう答申」(INTERNET Watch)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/12/10/5741.html

記事中にふれられている納本制度審議会の答申は公開されている。

・納本制度審議会

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit_council_book.html

・国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

インターネット上のデータ保存(アーカイブ)では、データを選択して収集するか(選択的収集)、データを網羅して収集するか(網羅的収集)、二つの考え方があるのだが、国立国会図書館のこの計画は網羅的収集の考え方に立っている(国立国会図書館が電子図書館計画の一環として行っているインターネット資源選択的蓄積実験事業(WARP)(2002-11-01公開)は、名前の通り選択的収集の考え方に立っている)。

・インターネット資源選択的蓄積実験事業(WARP)

http://warp.ndl.go.jp/netwp/

 なお、ひっそりとではあるが、国立国会図書館が次のページを公開している。こういう情報は国立国会図書館のサイトの新着情報に掲載すべき。

・「デジタルアーカイブのための日本のウェブサイトの実態調査」のお知らせ

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/bulkresearch2004/

先行事例としては、

・Internet Archive

http://www.archive.org/

が有名だが、検索エンジンのgoogleやYahoo!が行っている「キャッシュ」も一種のアーカイブといえるだろう。海外では、国立図書館を中心にすでにアーカイブとアーカイブの公開に取り組んでいる事例が増えている。総務省の委嘱でUFJ総合研究所が行った調査(Webアーカイブに関する調査)があるのだが、残念ながらインターネットでは公開されていないようだ。話がそれてしまうが、官公庁の委嘱によって民間企業が行った調査・研究には公開義務はないのだろうか。

・googleのキャッシュ

http://www.google.co.jp/intl/ja/help/interpret.html

・Yahoo! JAPANのキャッシュ

http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/ysearch/index2_s.html#cache

・UFJ総合研究所

http://www.ufji.co.jp/

 ともあれ、大いに期待し、関心を持つ取り組みであることは間違いない。国立国会図書館の方に紹介記事を書いてほしいところだ。また期待されるアーカイブ像をどなたか書いていただけないだろうか。寄稿の提案をお待ちしています。