アジア歴史資料センター、インターネット特別展の英語版を公開

国立公文書館が運営するアジア歴史資料センターがインターネット特別展「公文書に見る日米交渉」と「公文書に見る日露戦争」の英語版を公開した(2007-05-18)。いずれも意味のあることだろう。ただし、「公文書に見る日露戦争」については、対戦国であるロシアや、戦争の影響を大きく受けた中国や韓国に向けて、発信されるべきではないだろうか。関係する国々の人々に直接当時の日本の状況を伝えられるよう、ぜひより広範な多言語対応を行ってほしい。

・インターネット特別展「公文書に見る日米交渉」

http://www.jacar.go.jp/english/nichibei/

・インターネット特別展「公文書に見る日露戦争」

http://www.jacar.go.jp/english/nichiro/frame1.htm

・アジア歴史資料センター

http://www.jacar.go.jp/

・国立公文書館

http://www.archives.go.jp/