2007-05-26(Sat): 図書館流通センター(TRC)主催「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めます

まだ先の話になりますが、株式会社図書館流通センター(TRC)が新たに開講する「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めることになりました。

・「「ライブラリー・アカデミー」開講のお知らせ」(図書館流通センター(TRC)、2007-05-16)

http://www.trc.co.jp/top_info/070516_academy.html

「法情報提供のプロを目指す」「MARCを使いこなす」など、様々なテーマで学習コースが開講されますが、私は「インターネット時代のライブラリアン」というテーマを担当します。時期は2007年9月から12月まで隔週水曜日全8回の予定(9/5、9/19、10/3、10/17、10/31、11/14、11/28、12/12)。

現時点では各回の構成を以下のように考えています。

  1. インターネット時代のライブラリアン?その条件と可能性
  2. インターネット上の図書館サービス?その実像と課題
  3. 代替される図書館サービス?ウェブの拡張
  4. 図書館サイトの評価(演習)
  5. インターネットによる情報探索?サーチエンジンの利用
  6. インターネットによる情報探索?コミュニティーの活用
  7. ウェブリソースの評価(演習)
  8. 理想の図書館サイト?その企画とデザイン、そして運営

申し込み方法や受講料、受講資格などの詳細は、

・「「ライブラリー・アカデミー」開講のお知らせ」(図書館流通センター(TRC)、2007-05-16)

http://www.trc.co.jp/top_info/070516_academy.html

でご確認ください。受講資格については、学歴や勤務歴が条件として挙げられていますが、図書館流通センター(TRC)に検討をお願いした結果か、例外規定が設けられています。講師の立場としては、「図書館でいい仕事をしたい!」という熱意と意思があることが一番の資格と考えています。関心のある方はぜひ受講をご検討いただけますと幸いです。