2005-02-08(Tue):

岩波書店が全4冊のシリーズ「ジャーナリズムの条件」の刊行を開始。第1巻は、「職業としてのジャーナリスト」。インターネット関連は、2005年5月刊行予定の「ジャーナリズムの可能性」に以下の論考が掲載されるようだ。

白石草「インターネット放送局」

永井浩「インターネット新聞」

神保哲生「ビデオ・ジャーナリズムからインターネット放送へ」

パク・インギュ「韓国インターネット新聞」

菅原秀「ネットを使った市民ジャーナリズム」

トピックの選び方といい、筆者の顔ぶれといい、岩波書店の編集者は実に保守的だと感じる。

・「職業としてのジャーナリスト」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000263978/arg-22

・「ジャーナリズムの条件」

http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/026397+/top.html