2007-10-09(Tue): 図書館総合展のサイトがあんまりなので。

2007-11-07(Wed)?2007-11-09(Fri):

第9回図書館総合展

(於・神奈川県/パシフィコ横浜)

http://www.j-c-c.co.jp/lf09.html

とご案内しているように11月上旬に図書館総合展が開かれる。しかし、9回目を迎えるというのに、相変わらず図書館総合展のサイトはずいぶんなつくりで、どのようなイベントがあるかわかりにくい。ということで主催者が情報を公開しているページを洗い出してみた。

  • 図書館流通センター
    • https://www.trc.co.jp/sogoten/
      • 11月7日(水)
        • 「筑波大学大学院図書館経営管理コース受講者体験談?講師と受講者のパネルディスカッション」
          • 石川徹也(東京大学史料編纂所)
          • 筑波大学大学院図書館経営管理コース修了者
        • 「市場化の時代を生き抜く図書館?指定管理者制度による図書館運営とその評価」
          • 高山正也(国立公文書館)
          • 南学(横浜市立大学)
        • 「図書館を使った“調べる”学習賞コンクール10年を振り返って」
          • 図書館を使った“調べる”学習賞コンクール審査委員
      • 11月8日(木)
        • 「帝京大学図書館の委託実態?組織・人員・コストはどう変わったか」
          • 中島康(帝京大学)
        • 「地方行革とアウトソーシングの流れ?今後の図書館運営への示唆」
          • 中井幹晴(総務省)
        • 「中学生・ヤングアダルトブックガイド」
          • 池田茂都枝(杉並区立松渓中学校)
      • 11月9日(金)
        • 「ICソリューションで図書館はどう変わるのか?システム導入の効果と今後の可能性」
          • ICシステムを利用している図書館の職員、コンピュータメーカー・ICタグメーカー・IC機器メーカー技術者
        • 「業務委託における事業者評価と官民の協働?実務的視点から」
          • 新谷良文(北海道北広島市教育委員会)
        • 「マネジメントから考える図書館建築計画?評価の時代の「ことのデザイン」と「もののデザイン」」
          • 植松貞夫(筑波大学附属図書館)
  • 著作権情報センター(CRIC)
  • 国立国会図書館
  • 神奈川県図書館協会
  • 国立情報学研究所(NII)
    • http://www.nii.ac.jp/library_fair/index-j.shtml
      • 11月7日(水)
        • 「見せる・魅せる図書館Webサイトの構築?オープンソースの徹底活用法」
          • 新井紀子(国立情報学研究所)
      • 11月9日(金)
        • 「日本の英文トップ電子ジャーナルの挑戦?SPARC Japanパートナー誌からの提案」
          • SPARC Japanパートナー学会代表
  • ユサコ
  • デジタル・ライブラリアン研究会
    • http://www.dla.jp/2007.pdf 【PDF】
      • 11月8日(木)
        • 「図書館員の情報リテラシー教育力を問う」
          • 呑海沙織(京都大学医学図書館)
          • 茂出木理子(お茶の水女子附属図書館)
          • Keiko Yokota-Carter(米国ワシントン大学)
          • 糸賀雅児(慶應義塾大学)
  • 大学図書館支援機構
    • http://www.iaal.jp/xoops/
      • 11月8日(木)
        • 「大学図書館の新たな発展をめざして」
          • 上田修一(大学図書館支援機構、慶應義塾大学)
          • 牛崎進(大学図書館支援機構 立教大学図書館)
          • 米澤誠(大学図書館支援機構 山形大学附属図書館)
  • 雄松堂書店
    • http://www.yushodo.co.jp/symposium2007/
      • 11月8日(木)
        • 「雄松堂シンポジウム2007:「改造」直筆原稿をめぐって」
          • 森まゆみ、紅野俊郎、紅野謙介、島村輝、十重田裕一、宗像和重
  • 日本図書館協会図書館利用教育委員会
    • http://www.jla.or.jp/cue/sogo9.html
      • 11月8日(木)
        • 「情報検索指導における良い例題・悪い例題(応用編)?論文データベースの特徴をどう紹介するか」
          • 仁上幸治(早稲田大学図書館)
  • トムソンサイエンティフィック
    • http://www.thomsonscientific.jp/event/lf/
      • 11月8日(木)
        • 「インパクトファクターを超えて?研究評価と機関リポジトリ」
          • 岩井雅史(信州大学附属図書館)
          • 甲斐真佐美(トムソンサイエンティフィック)
  • 日外アソシエーツ
  • DRFデジタルリポジトリ連合
    • http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?DRF3
      • 11月9日(金)
        • 第3回DRFワークショップ「日本の機関リポジトリの今2007」
          • 倉田敬子(DRFアドバイザー・慶應義塾大学)
          • 逸村裕(DRFアドバイザー・筑波大学)
          • 土屋俊(DRFアドバイザー・千葉大学)
          • 米澤武之(シュプリンガー・ジャパン)
          • 高橋昭治(エルゼビア・ジャパン)
          • 亀田幸成(英国物理学会)
          • 林和弘(日本化学会)
          • 佐藤義則(DRFアドバイザー・東北学院大学)
          • 栗山正光(DRFアドバイザー・常磐大学)
  • 日本ファイリング

主催者である株式会社カルチャー・ジャパンに頼らず、自らのサイトで情報を発信している参加団体も多い。せっかく3日間もかけて行うイベントなのだから、当然といえば当然かもしれないが、それだけ力を入れているようにも思える。なるべくそういう団体のフォーラムに参加してみたい。

ところで、ここに掲載した中で、デジタル・ライブラリアン研究会だけ情報をPDF形式で公開している。今回に限らず、デジタル・ライブラリアン研究会はPDFでの文書公開が基本という感じなのだが、デジタル・ライブラリアンの養成を謳う研究会としてはいかがなものかと思う。デジタル・ライブラリアン研究会では、PDF形式だけで情報を発信することのデメリットを教えたりしないのだろうか。

・デジタル・ライブラリアン研究会

http://www.dla.jp/

それはさておき、来年も開催されれば、図書館総合展は10回目を迎える。主催する株式会社カルチャー・ジャパンには、来年こそまともなサイトをつくってほしい。切なる願い。

・株式会社カルチャー・ジャパン

http://www.j-c-c.co.jp/