2005-03-04(Fri):

近々刊行と聞くだけでワクワクする本がある。

・『ウェブログの心理学』(山下清美・川浦康至・川上善郎・三浦麻子著、NTT出版、2310円)

http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/0149.html

すでに、著者の方々のブログでふれられているし、ほうぼうで話題のようなので、ご存知の方も多いだろうが、目次を掲げておこう。

第一章 インターネット時代のコミュニケーション

・コミュニケーションの公開化と個人化

・インターネットのコミュニケーション的特質

・ホームページをもつということ

・ホームページの読み手であること

第二章 コミュニティに見るウェブログの歴史

・ウェブログ草創期はいつをさすのか

・登録型リンク集コミュニティに見るウェブログ草創期とその発展

・アンテナ系コミュニティに見るブログ・ツール文化の原型

・レンタル・サービス系コミュニティの挑戦

・日本発ブログ・ツール系系コミュニティが目指すもの

・ウェブログ・コミュニティの融合と発展に向けて

第三章 ウェブログの社会心理学

・ウェブ日記の動機と効用

・ウェブ日記スパイラル

・自己表現とコミュニケーション

第四章 ウェブログの現在と未来

・ウェブログの現在――拡大するウェブログ・コミュニティ

・ウェブログに関する心理学的研究

・ウェブログがインターネット社会にもたらしたもの

・コミュニケーション・ツールからソーシャル・ネットワーキングへ

・ウェブログ・ブームはどこへ行くのか

終章 ウェブログ・個人・社会

附録

・ウェブログの歩き方 ウェブログを楽しく『読む』『書く』『つながる』ためのアドバイス

・インターネット・ウェブログ関連年表

・ウェブログに関する論文・記事リスト

・『ウェブログの心理学』(山下清美・川浦康至・川上善郎・三浦麻子著、NTT出版、2310円)

http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/0149.html

・結局、日誌。(山下清美さん、2005-02-25)

http://epi.fm.senshu-u.ac.jp/~yamashita/mt/archives/2005/02/post_65.html

・asasemi-blog(三浦麻子さん、2005-03-01)

http://www.team1mile.com/asarin/archives/000058.html

・山下清美の場所(山下清美さん)

http://kujira.psy.senshu-u.ac.jp/~yamasita/

・Kawaura's Interspace(川浦康至さん)

http://www8.plala.or.jp/revir/

・うわさとニュースの研究会(川上善郎さん)

http://homepage2.nifty.com/rumor/