国立情報学研究所(NII)、目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)のサイトをリニューアル(2008-03-18)

screenshot

国立情報学研究所(NII)が目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)のサイトをリニューアルした(2008-03-18)。

・目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)

http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/

・目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)の過去のサイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/

・「目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)のウェブサイトをリニューアルしました。」

http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2008/03/post_1.html

・国立情報学研究所(NII)

http://www.nii.ac.jp/

ページ上部に主要コーナーに移動できるグローバルナビゲーションを採用する等、使い勝手がよくなっている。

だが、今回のリニューアルの主眼は、NACSIS-CAT/ILLのキャラクター「プワン」と「ピヨ太郎」がサイト上の随所にちりばめられていることだろう。リニューアル前のサイトでもそれなりに登場していた「プワン」と「ピヨ太郎」だが、リニューアル後は目覚ましい露出ぶりである。サイト左上部にあるロゴ画像に至っては、「プワン」と「ピヨ太郎」があらかじめデザインに取り込まれている。

・NACSIS-CAT/ILLのロゴ画像

http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/common/images/logo.gif

「プワン」と「ピヨ太郎」の画像は、確認できただけでも10種類はあり、目録業務用のやや地味な印象のある資料が多いサイトを華やぎのあるものにしている。単にキャラクターの画像をサイト上にまき散らしているのではなく、たとえば各ページ右上部にある検索ボックスの右端に検索を意味する「虫眼鏡」を持った「プワン」と「ピヨ太郎」の画像を配置する等、画像によってサイトの構成や機能を直観的に理解させようとする工夫が感じられる。

・検索ボックスの右のロゴ画像

http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/common/images/cat_search.gif

学術系サイトに限らず、サイト上でのキャラクターの扱い方は難しく、ともするとサイトの印象を落としてしまうものだが、NACSIS-CAT/ILLはキャラクターの優れた活用事例といえるだろう。

ところで、リニューアル前のサイトでは「プワン」の鼻をクリックすると、「プワン」と「ピヨ太郎」のプロフィールを紹介する画像に移動する隠しリンクがあったが、あのリンクはどこへ行ってしまったのだろう。

・「プワン」と「ピヨ太郎」のプロフィール画像

http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/images/chara_prof.jpg

なお、一つだけ不満をいえば、RSS配信に対応していないことだろうか。これはぜひ改善をお願いしたい。