第1回ARGカフェへの招待(7/12(土)開催@秋葉原)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)は来る7月に創刊10周年を迎えます。

これを記念して、2008年の抱負の一つである「オフラインのイベントを主催・開催する」を果たすべく、ARGカフェを始めます。本号では第1回の内容をご案内します。「リラックスしたコミュニケーションの場」と考えていますので、どなたもお気軽にご参加ください。

2008-07-12(Sat):

第1回ARGカフェ「学術ウェブの10年を振り返る?ARGの10年と重ね合わせて」(岡本真)+ライトニングトーク11人

(於・東京都/THE SPACE OF AKIBA3021)

プログラムは以下の通り。開場は14:45を予定しています。

  • 岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG))
    • 「学術ウェブの10年を振り返る?ARGの10年と重ね合わせて」
    • ライトニングトーク/Lightning Talks(15:30?17:00)
  1. 永崎研宣(山口県立大学)
    • 「人文科学が直面した二つの課題?学術Webの10年を振り返って」
  2. 伊藤民雄(実践女子大学図書館)
    • 「Directory of Open Access Journals in Japanの紹介」
  3. 當山日出夫(立命館グローバルCOE/Blogやまもも書斎記)
    • 「デジタル・ヒューマニティーズ?自ら情報発信することの意味」
  4. 二村一夫(元 法政大学大原社会問題研究所)
    • 「ウェブ本と活字本?そのメリット、デメリット」
  5. 三中信宏(農業環境技術研究所)
    • 「学術系メーリングリストのライフステージ?〈EVOLVE〉15年の軌跡から」
  6. 赤間道夫(愛媛大学)
    • 「ARGと市民的専門家」
  7. 江上敏哲(国際日本文化研究センター)
    • 「ハーバード日記?ネットとリアルの境界線」
  8. 小笠原盛浩(東京大学大学院情報学環)
    • 「メディアとしてのネットの信頼性」
  9. 三輪佳子(フリーランス)
    • 「学術資料のバリアフリー化に何が必要か」
  10. 佐藤翔(筑波大学大学院)
    • 「大学生・院生にとってのブログによる学術コミュニケーションの可能性」
  11. 牛山素行(岩手県立大学総合政策学部)
    • 「災害調査速報の発信をめぐる試行錯誤」

※順不同

※演題は今後変更の可能性があります。

  • 第2部(18:00?20:00)/会場:HUB秋葉原店
    • 懇親会
      • 参加費:2000円+キャッシュオンデリバリー方式による各自での飲み物支払い
  • 参加申込:
    • 参加をご希望いただける方は以下の項目を入力して、zd2m-okmt@asahi-net.or.jpまでお知らせください。なお、会場の都合もあり、現時点では最大60名程度まで参加を受け付けます(先着順)。残り20名程度は席の確保が可能な見込みです。
      1. ご氏名:
        • 当日、会場にてお付けいただく名札に印刷します。ネットで一貫して用いているハンドルネームでも構いません。
      2. ご所属:
        • 記入は任意です。ご自身のサイトやブログの名称でも構いません。
      3. 参加形態:○第1部、第2部ともに参加 ○第1部のみ参加 ○第2部のみ参加
        • 該当箇所以外を削除してください。

※メール受信後、3日以内に受信確認の返信をします。3日を過ぎても返信がない場合はお問い合わせください。

なお、この記事に限って、情報を随時更新していきます。

2008-07-11追記:

第一部の参加申し込みは〆切ました。第二部(懇親会)については、100%の保証はしかねますが、まだ参加可能な見込みです。ご関心をお持ちの方は取り急ぎご連絡ください。