メールマガジン労働情報、第500号に到達(2009-01-28)

screenshot

労働政策研究・研修機構(JILPT)が発行する「メールマガジン労働情報」が第500号に到達した(2009-01-28)。

・「メールマガジン労働情報」500号(2009-01-28)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm500.htm

・「メールマガジン労働情報」

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/

・労働政策研究・研修機構(JILPT)

http://www.jil.go.jp/

これまでの達成ペースは以下の通り。

・「メールマガジン労働情報」500号(2009-01-28)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm500.htm

・「メールマガジン労働情報」400号(2008-01-09)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm400.htm

・「メールマガジン労働情報」300号(2006-12-20)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm300.htm

・「メールマガジン労働情報」200号(2005-12-07)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm200.htm

・「メールマガジン労働情報」100号(2004-11-10)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm100.htm

・「メールマガジン労働情報」創刊号(2003-10-03)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm1.html

なお、同時に、

・500号記念特集 読者の声

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/memorable/500th/

が公開され、以下の記事が掲載されている。

  • 岡本真「さらなる労働情報の普及に向けて?「メールマガジン労働情報」の500号到達を機に」
  • 岩出誠(ロア・ユナイテッド法律事務所)「手放せない情報ツールに」
  • 小沼久実子(株式会社ディスコ)「私がメールマガジンを利用するまで」
  • 佐藤博樹(東京大学社会科学研究所)「「メールマガジン労働情報」への4つの要望」
  • 東海林智(毎日新聞)「大胆に踏み込んだ分析を」
  • 古山善一(日本産業カウンセラー協会)「中立の立場を堅持した情報に感謝」
  • 村田善郎(全高島屋労働組合連合会)「時代の流れをつかむ」

・「「メールマガジン労働情報」が200号発行を達成」(新着・新発見リソース、2005-12-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20051218/1134832743

・「労働政策研究・研修機構(JIL)の「メールマガジン労働情報」、第300号に到達」(新着・新発見リソース、2007-01-05)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070105/1167953134

・「メールマガジン労働情報、第400号に到達(2008-01-09)」(新着・新発見リソース、2008-01-27)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080127/1201423159

・「「メールマガジン労働情報」第500号に「さらなる労働情報の普及に向けて」を寄稿」(編集日誌、2009-01-28)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090129/1233236269