大阪府立大学学術情報センター、中尾佐助スライドデータベースの完成を発表(2009-02-28)

screenshot

大阪府立大学学術情報センターが中尾佐助スライドデータベースの完成を発表した(2009-02-28)。

・中尾佐助スライドデータベース

http://nakao-db.center.osakafu-u.ac.jp/

・「中尾佐助スライドデータベース完成のお知らせ」(大阪府立大学学術情報センター、2009-03-04)

http://www.center.osakafu-u.ac.jp/library/2009/03/post-40.html

・大阪府立大学学術情報センター

http://www.center.osakafu-u.ac.jp/

中尾佐助(1916年?1993年)は照葉樹林文化論で知られる植物学者。同大学術情報センターには中尾が世界各地での調査に際して撮影したスライドが2万枚以上あり、1999年からその一部にあたる1958年のブータン踏査で撮影された約1300枚のスライドを公開してきた。その後もスライドのデータベース化を進め、ついに1955年のカラコラム遠征から1984年の雲南調査にかけて撮影された約2万2000枚の公開を完了したという。実に10年に渡る息の長い仕事をなしとげた大阪府立大学学術情報センターの関係者諸氏には頭が下がる。