2009-04-28(Tue): 「デジタル・ミュージアム実現のための研究開発に向けた要素技術及びシステムに関する調査検討」の事業公募

screenshot screenshot

・平成21年度「デジタル・ミュージアム実現のための研究開発に向けた要素技術及びシステムに関する調査検討」の事業公募について

http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1262992.htm

というのが始まっている。

・新しいデジタル文化の創造と発信(デジタルミュージアムに関する研究会報告書)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sonota/002/toushin/07062707.htm

に基づき、「文化を五感でインタラクティブ(対話的)に体験する統合システム構築に向け、研究開発内容の具体化・明確化を行い、デジタルミュージアムのフィージビリティスタディを実施する委託事業」とのこと。

公募期間は、2009年4月28日(火)から5月29日(金)までで、公募対象は、

大学、独立行政法人、企業、その他研究開発能力を有し、文部科学省と委託契約を締結することができる国内の機関(法人格を有するものに限る)に所属する者から成る研究開発チームを対象とします。但し、以下を条件とします。

  • 大学あるいは独立行政法人等の学官の機関と企業等の産の機関が連携して、事業を実施する体制となっていること。
  • 美術館・博物館等コンテンツを保有し、かつ、保存・展示に関する知見を持つ機関と連携して、事業を実施する体制となっていること。

とされている。面白そうだが、個人で参加できるものでもなく残念。とはいえ動向が気になる事業なので今後注視していこう。