2005-06-09(Thu):

最近読み終えた本。

・「オーマイニュースの挑戦」(呉連鎬著、大畑竜次、大畑正姫翻訳、太田出版、1890円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872339304/arg-22

韓国のインターネット新聞「オーマイニュース」の創刊・創業者による一種の回顧録。少し前に流行したIT創業者の立志伝や自伝よりもはるかに示唆的。

ところで、この本は原書には、巻末に附録として、世界新聞協会で呉連鎬さんが講演した際の原稿と「オーマイニュース」の創刊計画書がついていたが、翻訳の際にページ数の関係として削除したという。その代わりか、浅野健一さんによる14ページもの解説がついている。だが、正直いって、このような解説をつけるくらいであれば、原書の附録を訳出し、つけてほしかった。浅野さんの解説については脱線するのでここでは詳しく語らないが、冗長であるということだけは指摘しておこう。どのような経緯でこの本の翻訳出版がされたのかわからないので、何らかの事情があるのかもしれない。だが、それでも担当した編集者には、この訳本における原書の附録の価値を理解してほしかった。単にこの本の売り上げを高めるという一点だけにおいても、解説よりは附録を優先するべきだったと思う。残念だ。