大阪大学、サイトをリニューアル(2009-06-01)

screenshot

大阪大学がサイトをリニューアルした(2009-06-01)。

・大阪大学

http://www.osaka-u.ac.jp/

・大阪大学の過去のサイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.osaka-u.ac.jp/

・「大阪大学公式ホームページを更改しました」(大阪大学、2009-06-01)

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2009/06/20090601_1

今回のリニューアルでは、

  1. 情報のターゲットの明確化
  2. 情報更新速度の向上
  3. 英語コンテンツの充実

に特に注力したという。確かに「高校生・受験生の方へ」「在校生の方へ」「卒業生の方へ」「一般 地域の方へ」「企業 研究者の方へ」「教職員の方へ」というタブによるグローバルナビゲーションが採用されており、「情報のターゲットの明確化」はこのことを指すのだろう。

なお、「今回の更改は、昨年度本部に設置されたウェブデザインユニットが中心となって実施致しました」ということで、ウェブデザインユニットの顔ぶれが気になるところだが、

・大阪大学研究者総覧

http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/kg-portal/aspI/RX0011S.ASP

で調べたところ、以下の各氏が担当のようだ。

  • アルスドルフ・フレデリック・ウィリアム
  • 伊藤雄一
  • 三刀屋優
  • 八木良太

「旧ホームページは大量のコンテンツで構成されており、その完全な移行には今しばらく時間が必要と考えております。当面は移行コンテンツのブラッシュアップを中心に行い、徐々にコンテンツを増やしていく予定です」とのこと。確かに大阪大学の規模であれば、リニューアルも一大事業だ。時間をかけて見守りつつ、鷲田清一総長が確立を訴えている「阪大スタイル」を体現したサイトになるよう期待したい。