渋沢栄一記念財団、渡米実業団のページを追加(2009-08-14)

screenshot

渋沢栄一記念財団が渡米実業団のページを追加した(2009-08-14)。

・渡米実業団

http://www.shibusawa.or.jp/eiichi/1909/

・渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター

http://www.shibusawa.or.jp/center/

・渋沢栄一記念財団

http://www.shibusawa.or.jp/

「渡米実業団 (Honorary Commercial Commissioners of Japan to the United States of America)」とは、100年前の2009年に「近代日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一(1840年?1931年)自らが団長となって行われた民間経済外交。渋沢を筆頭に民間人51人が参加し、当時の大統領であったウィリアム・タフト(1857年?1930年)や発明王トーマス・エジソン(1847年?1931年)と面会したという。

新たに追加されたページでは団員のプロフィールやアメリカでの旅程、渡米に同行した児童文学者・巌谷小波による絵葉書等を公開している。

また、当時の日程にあわせて、100年前の様子を連日伝える

・「渡米実業団」日録?実業史研究情報センター・ブログ別館

http://d.hatena.ne.jp/tobeijitsugyodan/

も開設されている。