アジア歴史資料センター、アジ歴コンサイスを公開(2009-11-30)

screenshot

国立公文書館のアジア歴史資料センターがアジ歴コンサイスを公開した(2009-11-30)。

・アジ歴コンサイス

http://www.jacar.go.jp/concisejacar/index00.html

・「「アジ歴コンサイス」を公開しました。」(アジア歴史資料センター、2009-11-30)

http://www.jacar.go.jp/news.html#20091207_1

・アジア歴史資料センター

http://www.jacar.go.jp/

・国立公文書館

http://www.archives.go.jp/

従来からアジア歴史資料センターが公開してきた資料をトピック単位でピックアップし、関係する資料へ利用者を導くもので、「戦争・事件」「人名」「制度・用語」の3ジャンルが用意されている。それぞれのジャンルでは紹介されているトピックは、。現時点で以下の通り。

  • 戦争・事件
    • 太平洋戦争
    • 2・26事件
    • 日清戦争
    • 日露戦争
  • 人名
    • 西郷隆盛
    • 伊藤博文
    • 大久保利通
    • 山本五十六
    • 東条英機
    • 近衛文麿
    • 秋山真之
    • 陸奥宗光
    • 小村寿太郎
    • 森鴎外
  • 制度・用語
    • 日本国憲法
    • 東京裁判
    • オリンピック
    • 大日本帝国憲法
    • 零戦
    • 治安維持法
    • 日英同盟
    • 岩倉使節団
    • 東方文化事業
    • 国家総動員法

国立公文書館やアジア歴史資料センターのデジタル資料は非常に有用だが、ある程度目的意識を持っていないと使いにくいところがあった。このアジ歴コンサイスは、その問題を解消すべく設けられ、比較的一般になじみのある出来事や人物に関連する資料を挙げることで資料への関心を高めようとしているようだ。

そういった背景があってか、

・アジ歴コンサイスとは

http://www.jacar.go.jp/concisejacar/index00.html

の文章が非常にわかりやすく書かれている。せっかく公開した資料だからこそ、幅広い活用が実現することを願っていることがうかがえる。