立教大学、乱歩と江戸文学を公開

立教大学が乱歩と江戸文学を公開した(2005-07-08)。これは同大立教キャンパスに隣接する旧江戸川乱歩邸に残された推理小説作家・江戸川乱歩の旧蔵書について、同大の渡辺憲司さん(文学部日本文学科教員)が動画で解説するもので、旧江戸川乱歩邸の内部の様子も画像で紹介されている。ちなみに、ここで扱われている江戸川乱歩の旧蔵書は、井原西鶴や八文字屋本といわれる浮世草子など、江戸時代の文学作品である。近世の古典作品を素養として持ち、執筆に取り組んだ江戸川乱歩の一端をうかがえるだろう。

ところで、立教大学は旧江戸川乱歩邸を購入したことをきっかけに、江戸川乱歩に関する資料の電子化に力を入れだしたようだ。江戸川乱歩に関するインターネット上の資源には、中相作さんによる「名張人外境」をはじめ、優れたものが数多くある。立教大学には、旧蔵書という資産を生かして、同大ならではの、同大にしかできない資料の電子化と公開に取り組んでほしい。

・乱歩と江戸文学

http://www.rikkyo.ne.jp/info/ranpo_edo/

・旧江戸川乱歩邸

http://www.rikkyo.ne.jp/~koho/ranpo/

・江戸川乱歩と大衆の20世紀展

http://rampo.rikkyo.ac.jp/

・名張人外境

http://www.e-net.or.jp/user/stako/