東京文化財研究所、日本美術年鑑の物故記事を公開(2010-03-19)

screenshot

東京文化財研究所が日本美術年鑑の物故記事を公開した(2010-03-19)。

・物故記事

http://www.tobunken.go.jp/japanese/bukko/

・日本美術年鑑

http://www.tobunken.go.jp/~bijutsu/publications/nenkan/nenkan.html

・出版&デジタルアーカイブ

http://www.tobunken.go.jp/japanese/shuppan.html

・東京文化財研究所

http://www.tobunken.go.jp/

日本美術年鑑は1936年から刊行されており、毎号、年史、展覧会、文献目録、物故者の4つの記事え成り立っている。今回公開された物故記事は、この物故者のデータを利用したもので、創刊前年の1935年から1973年までの日本美術関係の物故者のデータを一覧できる。

歴史ある日本美術年鑑をベースにしているだけあって、データが増えるに従い、非常に広範なデータベースとなりそうだ。しかし、各ページが年単位だけで区切られており、特定の人物に関する物故記事を探しにくいことは残念だ。徐々にでよいので、改善していってほしい。

なお、日本美術年鑑は年史、展覧会、文献目録、物故者で成り立っていると書いたが、このうち展覧会、文献目録は、

・近現代美術展覧会開催情報検索

http://archives.tobunken.go.jp/internet/exkensaku.aspx

・美術関係文献検索

http://archives.tobunken.go.jp/internet/oakensaku.aspx

から検索できる。

・「東京文化財研究所、美術関係文献検索 (試験運用版)を公開(2008-10-06)」(新着・新発見リソース、2009-03-15)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090315/1237113144

・「東京文化財研究所、近現代美術展覧会開催情報検索(試験運用版)を公開」(新着・新発見リソース、2005-05-01)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20050501/1134800503