東京文化財研究所、日本航空史の揺籃~発展期(喜多川コレクション)を公開(2010-09-27)

kindai.tobunken.go.jp

東京文化財研究所が日本航空史の揺籃~発展期(喜多川コレクション)を公開している(2010-09-27)。

・日本航空史の揺籃~発展期(喜多川コレクション)
http://kindai.tobunken.go.jp/
・東京文化財研究所
http://www.tobunken.go.jp/

戦前の日本の陸軍機、海軍機、民間機、ドイツ、デンマーク、チェコ、ソ連、アメリカ、フランスの航空機を撮影した写真281枚を閲覧できる。写真には機種名や年代、搭乗者等のデータがつけられている。

日本航空史の揺籃~発展期というタイトルに相応しい素晴らしいないようだが、残念ながら喜多川コレクションがどういうものなのかといった説明がない。調べてみたところ、

・所沢・航空発祥100周年公式Webサイト
http://tokorozawa.ko-ku-100.jp/

にある

・航空百景
http://tokorozawa.ko-ku-100.jp/gallery01-1.html

に収録された写真と同一であることがわかった。どうやら、ここでいう喜多川コレクションとは、所沢の喜多川写真館の写真師であった故・喜多川秀男さんの作品のことを指しているようだ。喜多川さんの作品は、所沢航空発祥記念館に寄贈されているほか、『雄飛-空の幕あけ所沢』(所沢航空資料調査収集する会編、須澤一男、2005年)という私家版の写真集にも掲載されているようだ。同書には、「写真師『喜多川秀男さんのこと』」という文章も掲載されているらしい。

・雄飛-空の幕あけ所沢
http://choei-yuuhi.com/

東京文化財研究所には、ぜひこのコレクションそのものの説明を補ってほしい。