宮古島へ行ってきました。

[flickr-photo:id=5424731985,size=m]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社インターンの有元よしのです。

2月5日(土)〜2月7日(月)に、第11回ARGカフェ&ARGフェスト開催のために宮古島に行ってきました。

第11回ARGカフェ&ARGフェストについては、下記URLをご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/node/6949

○宮古島1日目

羽田から那覇まで2時間近く、乗り継いで+50分ほどで宮古島に着きました。
[flickr-photo:id=5424709777,size=m]

宮古島は、びっくりするほどあたたかかったです。

翌日のイベントのための下見などを行った後、軽く島を案内してもらいましたー。
[flickr-photo:id=5425755276,size=m]

夜は前日入りした皆さんと、砂川幸夫さんたちと美味しいごはんと美味しいお酒でまったり。
翌日に備えて就寝しました。

○宮古島2日目

起床は7時。
岡本さんと砂浜へ向かう。
あったかくて、走るのにちょうどいい気温。
むしろ暑いくらい!

しかし、行けども行けども砂浜にたどり着かない。
ホテルから近いって訊いてたのに・・

しょうがないので適当に走って、ホテルに戻る。

ホテルに戻って眠気と戦いながら諸々最終チェック。
ごはんを食べて、お土産を見て、その後図書館へ向かう。

軽く図書館見学をして、砂川幸夫さんによる、琉米文化会館トーク&ツアー。
論文やブログ記事等で琉米文化会館について調べてはいたのですが、
実際に話を聞いてみると、また違った印象を受け、面白かったです。

それが終わった後は、いよいよ本日のメインであるARGカフェ&ARGフェストです。
[flickr-photo:id=5425362238,size=m]

今まで自分が参加したARGカフェ&ARGフェストは、比較的知っている人がいることが多かったですが、
今回は完全にAWAYでした。

そのような環境でARGカフェ&ARGフェストを開催することができたのは本当に貴重なことだと思いました。

私は今回「ARGカフェと私」という演目でライトニングトークをさせていただきました。
私がARGカフェと出会ったのは2010年の2月13日。
それから今日にいたるまで、色々な出会いがありました。

ライトニングトークでは上手く伝えることができなかったのですが、
ARGカフェで出会ったことから、私は色々なつながりを生み出すことができました。

2月につくばで行われたARGカフェ&ARGフェストに参加しなければ、
私は今ここでブログ記事を書いていることもないかなぁと思っています(笑)

自分はあまり人と話をするのが得意ではないのですが、まずは飛び込むこと、
そして、勇気を出してつながっていこうとすることが大事なのかなぁとこの1年の経験を通して思いました。

ARGフェストもこじんまりとしてはいましたが、じっくり参加者の人とお話しできて楽しかったです。
ごはんもとてもおいしかったです。

[flickr-photo:id=5424805823,size=m]

おいしいごはん、おいしいお酒、魅力的な人々。
こうして宮古島の最後の夜は更けていきました。

○宮古島3日目

最終日も朝早く起きてランニング。
今度はちゃんと砂浜までたどり着くことができました(笑)

裸足で砂浜で走ってみたのですが、砂に足をとられて思ったように走ることができず、
いつもより良いトレーニングになりました。

最終日なので観光を、ということで、きれいなビーチに行ってきました!
海ってこんな色なんですね…
砂もすごくさらさらしてて気持ちよかったですー

[flickr-photo:id=5424801927,size=m]

あとここも行きました。
綺麗。

[flickr-photo:id=5425512874,size=m]

最後に宮古島温泉で砂を流しましたー。

そして、飛行機までの時間に宮古牛を堪能!
おいしいビールとおいしいお肉!
最高でした。

楽しかった3日間。

[flickr-photo:id=5425523498,size=m]

実は既に今回のARGカフェ@宮古島の効果はもうでていて、宮古島で出会った江渡さん
(同じく関東から行ったのに実はお会いするのはじめてでした><)
に、3月5日(土)に開催するWSのアドバイスをいただくことができました。

ラーニングコモンズデザイン会議(春)〜動く場を考える〜
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/lcdesign/

これもARGカフェ@宮古島に行った成果かなぁと思っています。

ARGカフェ&ARGフェストは、コラボレーションを促進するネットワークの機会を提供する場所です。
でも、ただ参加するだけで終わっていてはもったいないなぁと思っています。

せっかくだから、普段だったら絶対に話しかけないような人に話しかけたり、
そういった形で、新たなツナガリを作ってみると楽しいかも。

全ての人に出会いの喜びを。
これからも頑張っていきたいです。