ハワイに行ってきたよ!

こんにちは。
アカデミック・リソース・ガイド株式会社インターンの有元です。

先日、CEAL(Council On East Asian Libraries:東アジア図書館協議会)の2011年の年次総会がハワイ州ワイキキにて開催されました。

[flickr-photo:id=5599457735,size=m]

その内のNCC(North American Coordinating Council On Japanese Library Resources:北米日本研究資料調整協議会)が主催するセッションの一つ、Open Meeting on Japanese E-booksで発表するため、ハワイに行ってきました。

ハワイの様子や、当日の発表の様子については、平山さんが既にインターンノートにまとめています。

http://www.arg.ne.jp/node/7052

なんというか、これでもう私書くネタないんですけど…状態なのですが、自身の発表の反省を中心に書こうと思います。

☆★NCCでの発表内容★☆
NCCの発表では、インターンの有元、三津石、平山の3人が、それぞれ電子書籍、ソーシャルメディア、ソーシャル リーディングについて紹介しました。

自分は電子書籍についての発表を行いました。日本では電子書籍の中で、携帯市場の占める割合が大きいこと、また日本での自炊ブームについて説明してきました。

その後三津石くんのソーシャルメディアに関する発表では、mixiやtwitterなどのソーシャルメディア、ニコニコ動画、Ustreamの中継(いわゆるダダ漏れ)といった、なんでもすぐ共有してしまうという日本の特徴、ブクログなどの読書記録の話をしました。

最後に平山さんが、ブックビジネス2.0の電子書籍版の特徴に触れながら、実際に昨年から今年にかけて行ったソーシャルリーディング勉強会についての説明を行いました。

☆★発表の反省★☆
会場のみなさんは、非常に興味深そうに話を聴いてくださいました。
ただ、もう少し日本の電子書籍市場についての説明を詳しくしたほうが親切であったと思いました。また、自炊についてもっと詳しく、具体的な事例を交えて話すことが出来ればよかったなぁと思いました。

電子書籍と関係あるのかわからないのですが、例えば日本は通勤に電車を使う人が多いので、その移動の時間に読む本として、文庫が流行っている印象があります。そのあたりも電子書籍の展望と絡めて話ができたらよかったのにと思いました。

自分の拙い英語では、簡潔に話すほうがよく伝わると思っていたのですが、説明不足であったなと反省しました。
次回以降気をつけたいと思います。

全体的に、電子書籍のどこにフォーカスして話をするのかという点について、自分で決めきれなかったのが今回の一番の反省だと思いました。

☆★全体的な感想★☆
反省も多い今回の発表でしたが、非常に自分にとって勉強になったと思います。
しかし今回なにより驚いたのは、1週間近く、朝から晩までこのカンファレンスが行われていることです。とてもタフだと思ったし、素晴らしいことだと思いました。

今回、お招きいただいたNCCの方を含め、多くの方の協力のおかげで、こうした発表・交流の機会を設けていただけたことに、この場を借りて深く御礼申し上げます。

そして、ハワイに連れていってくれた岡本さん、本当にありがとうございました。
そ一緒に発表まで頑張った三津石くん、平山さん、本当に楽しかったですwありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします。

**

最後に余談ですが、ハワイはきのこでした。
[flickr-photo:id=5599458017,size=m]

シュガーレスレッドブル        [flickr-photo:id=5599458173,size=m]

ごちそうさまでしたっ!
[flickr-photo:id=5600041364,size=m]

勉強になっただけでなく、そしてとても楽しい一週間でした♪