ハワイに行って参りました。

アカデミック・リソース・ガイド株式会社インターンの三津石です。平山さん・有元さんのインターンノートにもあるように、 CEAL (Council On East Asian Libraries: 東アジア図書館協議会) 2011年次総会の NCC (North American Coordinating Council On Japanese Library Resources: 北米日本研究資料調整協議会) が主催するセッション “Open Meeting on Japanese E-books” で発表を行ってきました。

学部生のうちに国際的な会議で発表をするというのは、大変有意義な体験であり、このような貴重な機会を作っていただいたことに感謝しております。

以下は CEAL/NCC での発表を含めた一週間の旅日記です。もし、この記事を読んで ARG でのインターンに興味を持った学生はぜひとも応募してみてください。

【2011-02-01(Tue): アカデミック・リソース・ガイド株式会社は2011年度のインターンを募集します】
http://www.arg.ne.jp/node/6944

では、はじまりはじまり。

1日目(3月28日)

他のインターン生とは別の便で単身ホノルルへ向かいます。久々の海外渡航であったため、飛行機に乗る段になって妙にテンションが上がったのを覚えています。

[flickr-photo:id=5604397263,size=-]

飛行機に乗ってからは、食っちゃ寝を繰り返しているとあっという間にホノルル上空に突入です。入国審査書類を書くときに分からない単語があって困りましたので、 CA の方に聞いて教えてもらいました。このとき、 iPod touch で利用できる英和辞書を購入しておけばよかったなと思いました。(ちなみに Kindle のアプリには標準で New Oxford American Dictionary – Second Edition が搭載されているのでおすすめです。)

さて、海外旅行の初どきどきポイントである入国審査です。事前に覚えておいた例文集を暗唱して備えます。ところがしかし、さすがのハワイです。審査官は開口一番「リョコウノモクテキハ」。思わず「For Sightseeing、あ、いや、観光です。」とたじろぐ日本人観光客を華麗に演出しました。

[flickr-photo:id=5604820100,size=-]

到着ゲートからのシャトルバスは、かの有名な「Wiki Wiki Shuttle BUS」です。 Wiki の元祖をみたことにちょっと感動します。空港で、 ARG 一行(岡本さん・平山さん・有元さん)を待ちつつ市内の観光ガイドをつらつら閲覧し、ハンバーガーを食べ歩くことを決意。ちなみに空港の出口は、よくワイドショーなどで芸能人が出てくるのを映されていているあの見慣れた場所でした。

[flickr-photo:id=5604244107,size=-]
[flickr-photo:id=5604829762,size=-]

3名と合流した後、 ARG 一行は Hillton Hawaiians Village へ向かいます。超高級ホテルです。到着後、ふわふわのベッドの誘惑に負けそうになりつつ、時差になれるためにも街に繰り出します。海・サーフィン・ヨットと、露骨なリゾート地を遠目に見つつ浜をずんずん歩く歩く。そして、昼食はさっそくハンバーガーとビール。とてもおいしいかったです。

[flickr-photo:id=5604248219,size=-]

夜はアラモアナショッピングセンターに行きます。既に眠気がピークであまり覚えていませんが、ピザを食べて、モヒートを飲みました。モヒートを頼んだときに店員のお兄さんが「Nice! (親指をぐっ)」といったのが嬉しかったハワイの1日目です。

2日目(3月29日)

[flickr-photo:id=5604837738,size=-]

この日は、 Plenary に参加です。岡本さんが、 “After the Tragedy – Voice from Japan” と題して日本の地震について、および SaveMLAK の活動についてスピーチをされました。いつものことながら Twitter によるテキスト中継を担当したのですが、英語での発表だったとことが主な理由でうまく中継することができませんでした。発表のスライドは次をご参照ください。

夜は懇親会ということで韓国料理のお店でご飯を食べましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。たくさん楽しい話をすることができまして良かったです。ホテルに戻ってからは明日の発表に備えて、練習をしていました。

3日目(3月30日)

さて、今日はいよいよ発表の日ですが、発表は午後からなので、午前中はマーケットに行こうとずんずん浜を練り歩きます。

[flickr-photo:id=5604258167,size=-]

浜辺で元気に陽気にランニングをしている方々を発見しました!

[flickr-photo:id=5604263317,size=-]

さてさてマーケットが開かれているという噂の公園を目指してに向かっていたのですが、到着したときには既に終わっていたようで。どうやらハワイの朝はもう随分と早かったようです。

[flickr-photo:id=5604266225,size=-]

仕方がないので、ハンバーガーを食べます。ハラペーニョがあまり辛くなかったです。

[flickr-photo:id=5604267973,size=-]

午後は本番、 NCC Meeting に参上です。

[flickr-photo:id=5604272797,size=-]

Ustream の準備も万端です。発表の時の写真は、 岡本さんの flickr をご参照ください。

Ustream のアーカイブです。

発表に使用したスライドです。

[flickr-photo:id=5604861878,size=-]

発表の夜は打ち上げで3人でバーへ行きました。有元さんは「私に似合うお酒をください」と注文をし、店員さんをして “That is very difficult…” と言わしめました。

4日目(3月31日)

日中は、バスツアーで市内観光をしました。

[flickr-photo:id=5604319123,size=-]

お昼に食べたハンバーガー。これもおいしかった。

[flickr-photo:id=5604316001,size=-]

丘の上から街を見ました。

[flickr-photo:id=5604899724,size=-]

この木なんの木です。

[flickr-photo:id=5604317457,size=-]

海岸にどろくまが捨てられていました。

[flickr-photo:id=5604908748,size=-]

虹です。

[flickr-photo:id=5604913904,size=-]

ちばけんです。

[flickr-photo:id=5604327471,size=-]

ファミリーマーケット2.0です。

[flickr-photo:id=5604320681,size=-]

たまたまマーケットを見つけることができました。

[flickr-photo:id=5604922040,size=-]

夕方からは、 “Researching With Shashi: A Workshop on Using Japanese Company and Institutional Histories and Archives (Mar. 31) – CEAL/NCC 2011 @Honolulu” に参加しました。内容は togetterUstream をご参照ください。このときもテキスト中継を担当しましたが、今回は会話の内容を中継するのではなく、 Ustream では鮮明に見えていなかったスライドの内容を Twitter に投稿するようにしていました。英語が聞き取れなくてもできるのでこの方法はなかなかよいのではないかと思いました。

[flickr-photo:id=5604924840,size=-]

その晩に食べた、“Double Fileot-O-Fish“。

5日目(4月1日)

[flickr-photo:id=5604343355,size=-]
[flickr-photo:id=5604927586,size=-]

朝食は優雅にパンケーキ。

[flickr-photo:id=5604344727,size=-]

この日は、“AAS Workshop Sponsored by NCC: Researching Japan from Home, even if you can’t get there soon“に参加してから、午後に再びインターンの3人で発表を行いました。質疑の時間も盛り上がって、とても勉強になる時間でした。発表の時の写真は、 岡本さんの flickr をご参照ください。

Ustream のアーカイブです。

[flickr-photo:id=5604346147,size=-]

晩餐はロブスター!おいしかったです。しかし、テイスティングの作法を知らなかったので悲しい思いをしました。

6日目(4月2日)

[flickr-photo:id=5604351281,size=-]

Goodbye! ALOHA. とてもとても勉強になる1週間でモチベーションがうなぎ登りのダダ上がりでした。