2009-06-20(Sat): 第4回ARGカフェ&ARGフェスト@仙台

◆ 新しい時代の図書館研究会 第3回研究交流会(含む施設見学)(13:00~16:00)
◆第1部(16:30~18:00)/場所:せんだいメディアテーク
◆第2部(18:00~20:00 )/場所:せんだいメディアテーク
参加者:約50名
写真

<ライトニング登壇者/内容>
●矢内美どり(茨城大学図書館)
 「一人メディチ家宣言-良コンテンツには後払いの文化を!」

●和知剛(郡山女子大学図書館)
 「「webでの展開に適したパスファインダー作成の試み」こぼれ話」

●熊谷慎一郎(レファ協ほめまくり/宮城県図書館)
 「レファレンススライブラリアンはどこにいるのか」

●渡邊愛子(東北大学附属図書館)
 「サービス現場のボトムアップな連携を!!学外者利用から考える」

●福林靖博(国立国会図書館)
 「図書館の“ナレッジ”をくみ上げ、提供する」

●長神風二(東北大学脳科学グローバルCOE)
 「図書館員からの発信求む-科学コミュニケーターから思うこと」

●半澤智絵(東北大学附属図書館工学分館)
 「チームで力を発揮する-東北大学附属図書館理工系情報教育支援WGの活動」

●林賢紀(農林水産研究情報総合センター)
 「日本国内図書館OPACリストの15年」

●岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG))
 「突撃・隣の図書館-図書館アポなし訪問のススメ」

●武田こうじ(詩人)
 「街のことば-Book! Book! Sendai」

●佐藤亜紀(山形大学附属図書館医学部分館)
 「ワタシはコミュニケーションに飢えている!MULU=みちのく大学図書館員連合準備中!参加者求む!!」

●笹氣義幸(笹氣出版印刷)
「学術の世界と市民を繋ぐために「印刷屋」にできること-フリーペーパー『まなびのめ』」