長期インターンをするということ

こんにちはariyosiです。

このエントリを読む前に是非三津石くんの記事を御覧ください。

http://www.arg.ne.jp/node/7138

暑くなってきましたね。活動するのが辛いです。

早いもので、私がARGでインターンを初めてから1年以上が過ぎました。
今回はそのことを振り返って記事を書いてみようかなぁと思います。

ARGとの出会い

私が@argこと岡本真さんを初めて拝見したのは、2009年11月の図書館総合展でのことでした。
その日たまたま聴くことにしていた(確か)googlebooksのセッションの司会をしている岡本さんを観て、この人すごいなー、この人の話聴いてみたいなーと思ったのがARGに興味を持ったきっかけでした。

第9回ARGカフェ&ARGフェスト@筑波

ARGに興味を持った私は、翌年2月につくばにて開催されたARGカフェ&ARGフェストにも参加しました。
ARGカフェ&ARGフェストの詳細についてはこちら(http://www.arg.ne.jp/node/7086)
(ちょっと宣伝です(笑))

このイベントに参加して、もっと色々なものが知りたい、いろいろな人と出会いたい、と思ったことが、ARGという会社と、岡本さんに興味を持ったきっかけでした。

ARGのインターンに応募する

たまたま一緒に話をしていたときに、同時期にインターンを始めた三津石くんに「ARGがインターンを募集しているみたいだよ」と言われたことがきっかけで、インターンに募集してみました。

完全に宝くじのようなつもりで応募したため、自分がインターンとして受け入れていただけることを知ったときは、本当に驚きました。
4月に、すごくドキドキしながらつくばのスタバで顔合わせをした日のことが懐かしいです。
そこで、インターンの業務についての説明を受けました。不安と期待で胸がいっぱいでした。

インターンのお仕事

インターンの仕事は、ARGが受託している業務の一部を企画から開催にいたるまで任せていただくという形で業務に関わらせていただいています。
関係者へのメール等含めてほとんど全てを任されます。以下、インターンで関わった企画です。

* 第96回全国図書館大会奈良大会第16分科会「Future Librarian」に向けたネットワーク事例ショーケースについて * 第12回図書館総合展キハラフォーラム「図書館をデザインする~情報デザインと主題プロデュースの手法」 * 第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜 * 第11回ARGカフェ&ARGフェスト@宮古島 * 第12回ARGカフェ&ARGフェスト@盛岡 後半はほとんどARGカフェ&ARGフェストに関する仕事ばかりですか、上記のように様々な体験をさせていただきました。私はARGカフェ&ARGフェストの担当をさせてもらっていることもあり、インターンを初めてから全国各地の様々な場所を訪れ、そして多くの人と出会う機会をいただきました。

インターンをやっててよかったな、と一番思ったのは、企画に関する様々なスキルが身についたことです。
右も左もわからないただの学生が、1つの企画をやり通せるほどの力をつける(といってもまだまだですが..)まで鍛えあげるのは、本当に大変なことだと思います。
それを嫌な顔1つせず、丁寧に色々なことを教えてくださった岡本さんには本当に感謝してもし尽くせないくらいです。

また、インターンの活動を通して、たくさんの人と出会う機会をいただけたのは、インターンに参加してよかったことだと思っています。きっとこのインターンをやらなければ出会えなかった人に出会うことができた、そのことが今の自分を作っているのではないかと思っています。

今年の目標と抱負

昨年度は本当に多くの方にお世話になりました。

この場を借りて深く御礼申し上げます。

さて、インターン生活も1年を超え、私は修士に進み、卒論を書くこととバイトとインターンの仕事しかすることのなかった昨年よりも忙しい日々をおくっています。

もっと色々なモノが見たい、色々なヒトに会いたい、そんな衝動に動かされて日々過ごしています

さてそこで、今年は何をやりたいんだろうというのを考えてみました。

去年はよくわからないままぐわっと勢いでやってきました。

今年はもっと1つ1つを丁寧にやりたい、形に落とし込みたいなって思っています。

昨年色々と経験させていただいたことを、今度はちゃんと外に還元できるか。

自分ができること/したいことを、もっとしっかりやっていきたいなぁ。

今年もがんばるぞー!

よろしくお願いいたします。

そして岡本さんお誕生日おめでとうございます。