2011-06-03(Fri): 再び東北へ、5日目-2011年度人工知能学会全国大会(第25回)(JSAI2011)3日目に参加

2日目から参加したため今日が最終日の


2011-06-01(Wed)~2011-06-03(Fri):
2011年度人工知能学会全国大会(第25回)(JSAI2011)
(於・岩手県/アイーナ いわて県民情報交流センター)
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/conf/2011/

ですが、昨日書いた通り、本日は共著となっている研究の発表がありました。

・有元よしの(筑波大学)、岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、大向一輝(国立情報学研究所)「ライトニングトークとパブでの立食パーティーによるコラボレーション促進の試み(2)」
https://kaigi.org/jsai/webprogram/2011/paper-122.html
・岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、折田明子(慶應義塾大学)、加藤学(浜銀総合研究所)、松野将宏(横浜市立大学)「顧客主導による店舗間紹介文化の醸成」
https://kaigi.org/jsai/webprogram/2011/paper-347.html

の2本です。

弊社のインターンでもある有元さんは、インターンの業務として取り組んでおり、明日も盛岡で開催するARGカフェ&ARGフェストについて、前年の私と大向さんの研究の後を受けた第二弾の考察を発表しました。初めての学会発表ということでしたが、非常に落ち着いた語り口であり、質疑応答も堂々としたものであったと思います。

2つ目の「顧客主導による店舗間紹介文化の醸成」は、「くるくる関内」と称する、ここ数年、横浜・関内地域で取り組んでいる活動を考察したものです。体調が悪い中、発表に臨んでくれた折田さんには感謝するのみです。ありがとうございました。

いずれも、研究という観点で見たときは、まだまだの段階であることは十分に自覚していますが、時折基本に立ち返り、アカデミックな観点で考察すること、そして批判を仰ぐことを忘れないようにしたいと思います。