2011-06-04(Sat): 再び東北へ、6日目-第12回ARGカフェ&ARGフェスト@盛岡を開催

引き続き盛岡にいます。本日は、


2011-06-04(Sat):
第13回ARGカフェ&ARGフェスト@盛岡
(於・岩手県/岩手大学図書館ほか)
http://www.arg.ne.jp/node/7124

を開催しました。

今回は、「東北」というテーマを設定したのですが、結果、いかのようなライトニングトークが行われました。

・市川斉(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会)
 「岩手県の被災地における移動図書館活動の開始」
・鎌倉幸子(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会)
 「図書館は、国境を超える」
・末盛春彦(3.11 絵本プロジェクトいわて)
 「被災地の子どもたちに絵本を届けよう!-3.11 絵本プロジェクトいわての活動」
・岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社、iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム)
 「プロボノ、情報支援、間接支援、自己支援-3.11から考え続けていること」
・長神風二(東北大学)
 「いぐで、とーほぐ」
・神原啓介(Nota, Inc. / お茶の水女子大学)
 「図書館蔵書検索カーリルの裏話」

参加者はおおむね20名ほどあり、前日の人工知能学会全国大会での有元よしのさんの発表を聞いて、参加してくれた人工知能研究者もいらっしゃいました。

・Flickr – 岩手大学図書館
http://www.flickr.com/photos/46184773@N04/sets/72157626890967888/

・Flickr – 第13回ARGカフェ&ARGフェスト@盛岡
http://www.flickr.com/photos/46184773@N04/sets/72157626766523337/

今回は、有元さんからの「司会とは何か」という提起を受けて、討論が非常に濃密なものになったように思います。新たな出会いや、10年以上前からの知り合いで有りながら、ようやく対面できた方もいらっしゃり、私自身にとっても喜びの大きいものでした。

なお、ARGカフェ&ARGフェストは、ここ最近はすべてインターンの有元さんが企画・運営を担っています。何かをすること、特に催しを行うことは実に労力がかかるものですが、それを苦にもせず、励んでくれている有元さんに感謝しています。