マイニング探検会開発合宿@真鶴(第14回マイニング探検会)

インターンの三津石です。2泊3日で、マイニング探検会の開発合宿に参加してきました。

[flickr-photo:id=6025072366,size=-]

マイニング探検会

「マイタン」ことマイニング探検会は、僕がインターン開始当初からずっと携わっている勉強会です。マイタンでは、図書館や出版など現場の方々が最先端の研究動向を学んだり、それを生かした実際のアプリケーションを作成したりすることを行っています。

現・株式会社ネクストリッテル研究所(旧・リッテル株式会社)の清田先生やエンジニアの皆様のご協力・ご支援を受けつつ2010年4月から1年以上にわたり続けてきました。これまでの開催記録など詳しくは次をご参照ください。

マイニング探検会(マイタン) – 図書館の未来を探る勉強会
http://www.mi-tan.jp/

マイタン開発合宿企画の目的

今回の合宿では、ユーザサイドとエンジニアサイドが協力してプロダクトを創り出す「共生プログラミング」の手法を参考にし、次のような目的で企画を行いました。

  • 現場のソフトウェア開発に携わるプロのエンジニアと、ユーザ視点を持つマイタンメンバーとのマッチング
  • ユーザ視点の発想(欲しいもの/作りたいもの)をクリアに言語化して、エンジニアに伝える技術の獲得

このような目的で開発合宿を開催したのには理由があります。それは、マイタンに1年以上にわたり携わってきたなかで見えてきたひとつの問題意識です。この問題意識とは、「作る人は作れるが、作らない人は作れない」ということです。僕自身、情報系の大学院生であるため、研究のためにプログラムは書くことはありますが、プロのエンジニアの方々から見れば坊主に毛が生えた程度の能力です。

今回の合宿では、このような問題意識のもと、共生プログラミングの方式をとることによって、作る・作れる/作らない・作れないの垣根をもう少し取り払うことはできないものか考え、企画・開催をいたしました。

マイタン開発合宿概要

合宿各日のコンセ​プトは次の通りでした。

  • 1日目:オリエンテーション、チーム形成、アイデアブラッシュアップ
  • 2日目:集中開発(プロトタイプ完成が目標)
  • 3日目:最終プレゼンテーション(相互評価)

そして、全てのチームが、2泊3日のなかで、アイディアブラッシュアップからなんらかのプロトタイプまでたどり着くことができました。これはとても素晴らしいことです。

3日間の写真はFlickrの岡本さんのsetsをご覧下さい。

20110730~20110801_真鶴
http://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157627332250846/

3日間のTwitterのようすは次のTogetterをご覧下さい

マイニング探検会( #mitan )開発合宿@真鶴
http://togetter.com/li/169146

また、参加者による記録は次をご覧下さい。

マイニング探検会 開発合宿@真鶴
http://nagumonn.uhyohyo.pupu.jp/?eid=59

マイタン合宿@真鶴に行ってきた
http://blog.livedoor.jp/lib110ka/archives/52316275.html

マイタン開発合宿まで

合宿当日にスムーズにエンジニアの方とのマッチングと、作りたいものを伝えられるように、あらかじめ、マイタンメンバーを4つのチームに分け、合宿当日までに各チームごとに作りたいものをプレゼンテーションにまとめていきました。僕は「ゲームつくる系チーム」としてプレゼンテーションをつくって参加しました。

1日目(2011年7月30日(土))

[flickr-photo:id=6024515835,size=-]

真鶴は港町です。

[flickr-photo:id=6025071184,size=-]

宿泊先のペンションSHIOSAIさんの外観です。3日間お世話になりました!

1日目は、オリエンテーションの後、各チームでプレゼンテーションを行いました。マイタンメンバーの各チームは、ユーザサイドとして作りたいものをエンジニアの方々にプレゼンテーションします。

このあとは、各チームにエンジニアの方々に混じってもらい、アイディアのブラッシュアップや開発などに取り組みました。

合宿なので、皆で机を囲んでご飯を一緒に食べます。そのまま夜は宴会をしながらブラッシュアップと開発を行っていました。

2日目(2011年7月31日(日))

2日目は集中して開発に取り組みました。実に黙々と作業をしていました。

しばらく美味しいご飯ときれいな風景の写真をお楽しみください。

[flickr-photo:id=6024517061,size=-]

魚!

[flickr-photo:id=6025072628,size=-]

三ツ石

3日目(2011年8月1日(月))

3日目は、成果物のプレゼンテーションと相互評価を行いました。所属する「ゲームつくる系チーム」は相互評価で最多の評価を頂くことができました!

[flickr-photo:id=6025073522,size=-]

三ツ石(海上から)

[flickr-photo:id=6024519167,size=-]

舟盛り!

ご飯以外の写真があまりありませんでしたね…。

開発合宿の参加・企画を通しての感想

まず、参加者としてはプロのエンジニアの方々は、やはりすごいと実感したのにつきます。3日間プロの業を間近で見ることができたのも大変勉強になりました。

そして、企画を通しては、合宿で集中して何かをやるということは、かなり広範囲に適用できる手法なのではないかと思いました。マイタンでも、内容を変えて第2回を開催できるとよいと思いますし、他の分野でも合宿を企画してみたいです。

共生プログラミングの手法については、どこか別の機会にもう少し詳しく論じたいと思います。