2005-08-13(Sat):

市原靖久さん(関西大学教員)のサイトが閉鎖されている。「サイト閉鎖のお知らせ」によれば、「これまで提供してきたコンテンツは、現在では、関西大学の教育・研究関連Webシステム(Webシラバスシステム、授業支援システム、学術情報データベースなど)から入手できるようにな」り、サイトは「その役割をひとまず終え」たということのようだ。しかし、市原さんのサイトには、「市原靖久」という人物を中心軸にして、研究成果や教育内容を俯瞰する役割があったと思う。大学がデータベースを開発・公開した場合でも、中心軸たる研究者本人のサイトがなくなっては困る。また、実際のところ、シラバスシステムや学術情報データベースは、いちいちそれぞれのデータベースで市原さんの名前を検索してデータを引き出さなくてはいけない。正直面倒であり、使い勝手もいいものではない。「役割をひとまず終え」たと言わず、ぜひ復活してほしい。ところで、市原さんが挙げている授業支援システムとは、関西大学の現代GP「進化するe-Learningの展開 ?授業と学習の統合的支援および教授法と学習コンテンツの共有化?」で開発・公開されたCEASのことだろうか。このCEASは他大学での採用実績もあり、評判が高いようだが、結果的に研究者の個人サイト閉鎖につながってしまったのだとしたら、たいへん残念だ。

・Schola altera or another lectur(市原靖久さん)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~ichihara/

・過去のSchola altera or another lectur

http://web.archive.org/web/*/http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~ichihara/

・シラバスシステム

http://jmss3.jm.kansai-u.ac.jp/search/TSyllabusBridge

・学術情報データベース

http://www.jm.kansai-u.ac.jp/GakujoDb/KENSAKU_INDEX

・現代GP「進化するe-Learningの展開 ?授業と学習の統合的支援および教授法と学習コンテンツの共有化?」

http://www.kansai-u.ac.jp/gp2004/

・CEAS Community Page

http://ceascom.iecs.kansai-u.ac.jp/

・関西大学

http://www.kansai-u.ac.jp/