国立国会図書館、カレントアウェアネス・ポータルにソーシャルメディア用のボタンを設置(2012-04-11)

20120411-01

国立国会図書館がカレントアウェアネス・ポータルにソーシャルメディア用のボタンを設置した(2012-04-11)。

・「カレントアウェアネス・ポータルにソーシャルメディア用のボタンを設置しました」(国立国会図書館、20120-04-11)
http://current.ndl.go.jp/node/20597
・カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/
・国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

これによって、カレントアウェアネス・ポータルの各ページから、はてなブックマーク、Twitter、Facebook、Google+といった各種ソーシャルメディアにワンクリックで感想等を残せるようになっている。日本の政府系サイトで、はてなブックマーク、Twitter、Facebook、Google+に一斉に対応した事例としては、賞賛に値するだろう。

とはいえ、他方で、あくまで適用範囲が、カレントアウェアネス・ポータルに留まることは残念だ。国立国会図書館自体、はてなブックマーク、Twitter、Facebook、Google+といったソーシャルメディアを活発に利用しているとは言い難い上に、広範な国立国会図書館のサイトにおいて、なぜ、この部分だけがソーシャルメディアに対応したのだろうか。もちろん、この後への布石としての対応とも評価できるだろうが、「いまさら」という感覚も拭えないこの時期の対応である以上、この先の組織全体への波及を願いたい。