瀬戸内市立図書館、せとうちデジタルフォトマップを公開(2014-03-14)

瀬戸内市立図書館が「せとうちデジタルフォトマップ」を公開した(2014-03-14)。

・せとうちデジタルフォトマップ
http://www.setouchi-photomap.jp/
・瀬戸内市立図書館
http://lib.city.setouchi.lg.jp/

せとうちデジタルフォトマップは、岡山県の瀬戸内市内で撮影された写真をデジタル形式で共有する仕組みで、いわゆるデジタルアーカイブの1つである。

これだけを見れば、よくある地域のデジタルアーカイブだが、多くの先行例と一線を画すのが、

・利用規約
http://www.setouchi-photomap.jp/rule.html

で、

個人・法人を問わず「地域観光の促進」に賛同していただく方であれば、利用規約内において無料で写真データをダウンロードして使用することができます。

と謳っていることだ。

このため、

・投稿規約
http://www.setouchi-photomap.jp/rule_post.html

では、

投稿写真は、著作権を放棄したものを原則とし、著作権は瀬戸内市に帰属させていただきます。また、投稿者は著作者人格権を行使しないものとします。

というルールも示されている。いわゆるオープンデータの形式に近いデータ共有の事例と言えるだろう。類例としては、

・南房総フォトバンク
http://photobank.mboso-etoko.jp/
・北摂アーカイブス
http://wiki.service-lab.jp/lib_toyonaka/

等があるが、公共図書館が主体となって実施するデジタルアーカイブで一定の制約はあるものの法人による営利目的利用を許した初めてのケースではないだろうか。

なお、瀬戸内市では以下の写真アーカイブも公開している。

・写真で見る瀬戸内市
http://www.city.setouchi.lg.jp/photo/