【開催終了】第16回図書館総合展ARG関係フォーラム

第16回図書館総合展 におけるアカデミック・リソース・ガイド株式会社主催・協力のフォーラムを紹介します。

ふるって、ご参加ください。

◆主催フォーラム:

第2回ARGフォーラム「これからの図書館のつくりかた-新著での議論を軸に」

これまで図書館に対して数々の提言と実践を行ってきた岡本真の新著『未来の図書館、はじめませんか』(仮題)の刊行を記念して、同書のなかで訴えた「これからの図書館のつくりかた」を論じつつ、フロアの皆さまと一緒に考えます。
新図書館構想をどう進めればいいのか、リニューアル企画をどう育むか、眼前にある課題に一緒に挑みましょう。

◆協力フォーラム:

第3回OpenGLAM JAPANシンポジウム「オープンデータ化するアーカイブの現在」

  • 日時:2014年11月7日(金)13:00~14:30
  • 会場:第3会場(アネックスホール203)
  • 主催: OpenGLAM JAPAN
  • 協力: アカデミック・リソース・ガイド株式会社
  • 会費:無料
  • 講師:
    • 福島幸宏(京都府立総合資料館)
    • 是住久美子(京都府立図書館・ししょまろはん)
    • 高橋徹(株式会社ATR Creative/特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ理事)
  • 司会:
    • 小林巌生(リンクト・オープン・データ・イニシアティブ副理事長/有限会社スコレックス代表取締役社長)
  • 申込フォーム

文化施設のデジタルアーカイブは広まり始めていますが、二次活用が可能なオープンデータとして提供している施設は国内ではまだわずかです。今回はすでにオープンデータ化に取り組んでいる先駆者をお招きし、オープンデータ化の実際をお聞きします。提供を開始してからの反響や課題など、今後オープンデータ化に着手する施設に応用できる情報を共有します。

オープンエデュケーションと図書館-オンライン時代における対面学習の価値

  • 日時:2014年11月7日(金)15:30~17:00
  • 会場:第3会場(アネックスホール203)
  • 主催: 株式会社NTTドコモ
  • 協力: アカデミック・リソース・ガイド株式会社
  • 会費:無料
  • 講師:
    • 山内祐平(東京大学大学院 情報学環 准教授)
    • 河瀬裕子(くまもと森都心プラザ図書館 副館長)
    • NTTドコモ担当者
  • 申込:事前申込はありません。当日先着順での受付となります。

米国を中心に始まったMOOC(Massive Open Online Courses)は、誰でもどこでも自由に学習でき、学習環境を変える可能性を秘めています。国内でもサービスが開始され、国内外で動向が注目されています。オンラインでの学習が中心となるMOOCですが、「反転学習」をはじめとした、対面での学習も重視されています。また、海外のみならず国内でも、図書館で受講環境を提供する動きもあります。図書館での導入は、デジタルデバイドや地方における教育格差の解消も期待されています。本フォーラムでは、図書館でMOOCの受講環境を提供する意義、これからのオンライン学習における対面学習の価値を議論します。