東京文化財研究所、新海竹太郎関連ガラス乾板データベースを公開(2014-09-19)

東京文化財研究所が新海竹太郎関連ガラス乾板データベースを公開した(2014-09-19)。

・新海竹太郎関連ガラス乾板データベース
http://www.tobunken.go.jp/materials/sinkai
・東京文化財研究所
http://www.tobunken.go.jp/index_j.html

新海竹太郎(1868年~1927年)は明治・大正期に活躍した彫刻家。ここでは新海竹太郎の師にあたる医師、文人である細谷風翁(1807年~1882年)とその子、細谷米山の南画作品を撮影したガラス乾板182枚分のデジタルデータが公開されている。