京都府立医科大学附属図書館、貴重書全文アーカイブに『醫斷』『續醫斷』『濟生備考』を追加(2014-09-29)

京都府立医科大学附属図書館が貴重書全文アーカイブに『醫斷』『續醫斷』『濟生備考』を追加した(2014-09-29)。

・京都府立医科大学附属図書館貴重書全文アーカイブ
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/library/denshi/kichosho/kichosho2014.htm
・京都府立医科大学附属図書館デジタルアーカイブT
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/library/denshi/
・京都府立医科大学附属図書館
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/library/

『醫斷』(1759年)、『續醫斷』(1811年)、『濟生備考』(1850年)は刊行年からわかるように、いずれも江戸時代の医学書であり、いずれも日本語で記述されている。このうち、杉田玄白の孫である杉田成郷の『濟生備考』は、

・東京大学医学図書館デジタル史料室
http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/digital/

でも、

・『濟生備考』
http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/digital/HR160/

として公開されているが、『醫斷』(1759年)、『續醫斷』(1811年)は日本国内でも所蔵している図書館が少なく、今回のデジタル化公開は大きな意義を持っているのだろう。

・「京都府立医科大学附属図書館、古医書コレクションにデータを追加」(レビュー、2008-08-26)
http://www.arg.ne.jp/node/4428
・「京都府立医科大学附属図書館、貴重書全文アーカイブを公開」(レビュー、2009-11-18)
http://www.arg.ne.jp/node/6124
・「京都府立医科大学附属図書館、デジタルアーカイブで大学史・記念誌を公開」(レビュー、2009-01-19)
http://www.arg.ne.jp/node/5080