2015-02-01(Sun): 神奈川の県立図書館を考える会第2回ワークショップ「議員と考えるこれからの県立図書館」を開催

昨日まで岡山にいて、明日には山口に行くのですが、このために横浜に一回戻ったのです。

ということで、

・神奈川の県立図書館を考える会第2回ワークショップ「議員と考えるこれからの県立図書館」
https://www.facebook.com/events/1040360755979068/

を開催しました。

3回連続シリーズの第2回となる今回は神奈川県議会議員を中心に各党・各会派の方々と参加者によるワールドカフェ方式のワークショップを実施しました。

話し合われた内容もさることながら、議員にお願いするのではなく、対等な立場でお互いの考えを「対話」「傾聴」「敬意」を意識しながらの非常によいセッションとなりました。

なお、ときどき誤解されているようなのですが、私はこの

・神奈川の県立図書館を考える会
https://www.facebook.com/KanagawaLib
https://www.facebook.com/groups/130704170413865/

は完全にボランティア、心情に正確に言えば、市民的な義務として行っています。

さて、3回連続シリーズの最終回の3回目は、2015年3月2日(月)の夜に横浜で、

・神奈川の県立図書館を考える会第3回ワークショップ(最終回)「官民の協働による全県的枠組みに向けて」
https://www.facebook.com/events/772287782859278/

として実施する予定です。

次回は「官民の協働による全県的枠組みに向けて」と題して、本会がこれまでの提言でも強調している「官」(主に行政)と「民」(県民市民※企業市民を含む)がどのように連携すれば、神奈川の県立図書館の今後に関するよりよい議論と合意を実現できるのか、その枠組みについて検討します。

なお、ワークショップの終盤には、2015年初夏での開催を検討している「神奈川図書館会議」(仮称)に関する発表も行います。

どなたもお気軽にお越しください。