国立国会図書館、デジタルコレクションの書誌情報のオープンデータセットを公開(2015-01-30)

国立国会図書館が同館デジタルコレクションの書誌情報のオープンデータセットを公開した(2015-01-30)。

・国立国会図書館 – オープンデータセット – デジタルコレクション書誌情報
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/opendataset.html
・国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/
・国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

これは国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている「図書・雑誌・古典籍の原資料の基本的な書誌項目(タイトル、巻次、シリーズ、版表示、著者、出版者、出版年、ISBN又はISSN、冊数(ページ数・大きさ))とデジタル画像の書誌項目(URL、公開範囲)」のデータセットで、「営利・非営利の目的を問わず、利用手続なしで自由にご利用になれ」ると謳っている。

ついに図書館にも本格的なオープンデータの時代が訪れつつあるようだ。今回の取り組みは手放しに賞賛したい、そして、この先の取り組みにも期待したい。