浦安市、浦安震災アーカイブを公開(2015-07-01)

urayasu-shinsai-archive.city.urayasu.lg.jp

浦安市が浦安震災アーカイブを公開した(2015-07-01)。

・浦安震災アーカイブ
http://urayasu-shinsai-archive.city.urayasu.lg.jp/
・「「浦安震災アーカイブ」公開のお知らせ」(浦安市、2015-07-01)
http://www.city.urayasu.lg.jp/shisetsu/bunka/toshokan/1010096.html
・浦安市
http://www.city.urayasu.lg.jp/

これは2011年に発生し、浦安市にも液状化等の大きな被害を与えて東日本大震災の経験を保存・継承するもので、約4万点の画像が収められている。また、公開にあたって、

・特集ページ「浦安市の液状化を写真で振り返る」
http://urayasu-shinsai-archive.city.urayasu.lg.jp/special/page_01/
・特集ページ「変化を乗り越えた街・浦安」
http://urayasu-shinsai-archive.city.urayasu.lg.jp/special/page_01/

も公開されており、見せる工夫が凝らされている。さらに全国的にも知られる浦安市立図書館では、アーカイブ公開を記念して下記の催しを実施するという。

・「夏休み子ども防災教室in図書館について」(浦安市立図書館、2015-08-06)
http://library.city.urayasu.chiba.jp/news/news/index.html#201500806

防災・減災のためのアーカイブをただのハコにしない工夫がどのような成果を産んでいくのか注目したい。

ところで、今回のアーカイブ公開にあたっては、開発にあたった事業者が詳細なリリースを出している。

・「インフォコムが浦安市から受託した「浦安震災アーカイブ」、正式公開」(インフォコム株式会社、2015-07-01)
http://www.infocom.co.jp/info/notice/2015/p15070101.html

システム構築を担った事業者がこのような情報を積極的に公開していく姿勢は歓迎したい。