2015-11-22(Sun): 科学技術社会論学会(STS学会)で「図書館での科学(学術)コミュニケーション-日本国内の事例から」と題して報告

早朝に和歌山を出て伊丹経由で仙台に来ました。

・科学技術社会論学会(STS学会)第14回年次研究大会・総会(2015年度)
http://jssts.jp/content/view/266/33/

のオーガナイズドセッション「コミュニティを作り、広げる科学コミュニケーション」で報告するためです。

このセッションは内田麻理香さん(東京大学)のコーディネートで実施したもので、

・内田麻理香(東京大学)「儀礼的コミュニケーション観に基づく科学コミュニケーション」
・江渡浩一郎(産業技術総合研究所)「コミュニティ形成の観点から見た『ニコニコ学会β』」
https://speakerdeck.com/eto/komiyuniteixing-cheng-falseguan-dian-karajia…
・岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)「図書館での科学(学術)コミュニケーション-日本国内の事例から」
http://www.slideshare.net/arg_editor/jssts20151122

という発表と八代嘉美さん(京都大学)によるコメント、会場討論という進行でした。

私自身は「図書館での科学(学術)コミュニケーション」をより促進していきたい立場ですが、会場からのコメントでいただいた「権力による介入」の問題は十分に考えなくてはいけない問題と感じました。引き続き勉強していきます。

さて、会場でお声がけいただいたのですが、

・田中重人さん
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/welcomej.html

に初めてお目にかかりました。田中さんといえば、大阪大学にいらしたころから熱心にウェブ発信に取り組んできた研究者で10年以上前から「インターネットの学術利用」に関心を持ってきた方なら、お名前を知っているでしょう。

たとえば、

・性別分業研究関連文献リスト
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/phd/biblio.html

等は当時は非常に貴重な公開事例でした。

年月を経て、こうやってお目にかかれるご縁に感謝です。

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[特別寄稿]鎌倉幸子、猪谷千香「図書館の情報発信に効く!広報のコツ×取材のツボ」
・[特集]野原海明「図書館×カフェ」
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

1226802_p