2005-10-02(Sun):

独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所が研究員を募集している。職務内容が、「独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所が行っている美術に関する調査・研究、及びそれらに基づく資料の作成と公表、文化財に関するデジタルアーカイブの構築と運用」ということで、要するにデジタルアーカイブに明るい人材を求めているようだ。応募資格の4項目のうち、

(2)日本絵画史(近世を中心に)に関する調査・研究の経験を有する者

(3)デジタルアーカイブの構築と運用を担える者

とあるのだが、「デジタルアーカイブの構築と運用を担える者」を重視して採用してほしいものだ。決して特定分野での専門的な知識を軽視するわけではないが、「日本絵画史(近世を中心に)に関する調査・研究の経験を有する者」より、「デジタルアーカイブの構築と運用を担える者」を確保するほうが、いまははるかに重要だと思う。なお、募集の締め切りは10月14日(金)。

・独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所研究員の募集について

http://www.tobunken.go.jp/japanese/boshu050909.html

・独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所

http://www.tobunken.go.jp/